ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

ヤプール総攻撃! ネフテス首都アディール炎上!

昨日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
人間の住まう地ハルケギニアからはるか東方、広大な砂漠地帯サハラに存在するエルフの国、ネフテスの首都アディール。
ここではエルフ達が人間と同じように、平和に暮らしていた。
だがそんな時間は、長くは続かなかった。そう、ヤプールの手下である2人の宇宙人が現れ、美術館の中にあった古い木彫りの像に命を吹き込み、ゴーガを生み出したのだ!!
突然現れた巨大な怪物にエルフ達は驚くが、奴の動きを観察し火に弱い事を知った彼らは、何とかこの戦いに勝利した。
ゴーガは倒されたが2人の宇宙人は大して動じる事はなく、今度は改造サボテンダーとスフィンクスを送り込んだ!!
ゴーガを遥かに凌ぐ超獣を相手に、エルフ達は一方的にやられてしまう。
ちょうどその頃才人達は、これを止める為に一目散にアディールを目指していた…。


解説&感想
前回の続きです。超獣軍団がエルフの国を襲撃する事が描かれ、てっきり「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」にあった怪獣軍団の登場シーンみたいになるとばかり思っていたのですが、予想と違っていましたので少し驚きました。怪獣を1匹ずつじっくり描きたいから、それとも映画版との差別化でしょうか?ひょっとしたら、これからもっと大事になっていくかもしれません。
またヤプールの手下である宇宙人ですが、これって絶対ギロン人とバルキー星人ですよね(初めは片方がバルタン星人だと思っていたのですが、目の色が緑色だと書いてあった為、ギロン人だと思いました。あれ?でもギロン人って地底人じゃなかったっけ?)。超獣達が倒された後、もしくは彼らのピンチに戦いに参加するかもしれません。
このように怪獣にスペクタクルシーンが目立っていたエピソードでしたが、学者とは何なのか?など色々考えさせられるものがあり、ドラマ部分も見逃せません。
a0265223_1927149.jpg





ゴーガ
a0265223_19361559.jpg

かつて地球を2度も襲った、カタツムリのような怪獣。
今回はヤプールの手下として登場したが、弱点を突かれてあっさり倒された為、かませ犬といった扱いだった。


スフィンクス(演:河合徹)
a0265223_19483916.jpg

エジプトのスフィンクスにそっくりな超獣で、名前も同じ(ただしギリシャ神話のスフィンクスのイメージも取り入れているせいか、中身はモンスターそのものである)。
かつてウルトラマンエースと戦った個体とは別個体ではあるが、今回はそれを基にして創造されたコピー(クローンと言えるかも)である。
普通同種の別個体が登場した場合、以前の個体との関連が不明な事が多いが、このスフィンクスはそれが明らかになっている珍しい例である。
また猫にも同じ名前のものが存在するが、おそらく何も関係はないと思われる。


改造サボテンダー
a0265223_2061490.jpg

以前ウルトラマンジャスティスに倒されたサボテンダーを、強化改造して再生したもの。
スフィンクスと協力して、アディールを襲撃する。
名前はおそらくサボテンだから「サボテンだ」と思われるが、もし本当にそうならあまりにもストレートなネーミングだ。




それとこのエピソードにあった曲がありましたので、紹介したいと思います。

「ソウルキャリバー3」で使われた、ジークフリートvsナイトメアのBGMです。
絶望の始まりが感じられるダークな雰囲気があり、個人的には怪獣軍団がアディールを襲撃する部分で使うのが合っていると思います。文章でいいますと、「さらに、巨大カタツムリは全長五メートルほどの姿からさらに膨れ上がっていく」から「だが、唯一その破滅のシナリオに黒インキをぶちまけてやれるかもしれない船が、南から急速にアディールに近づきつつあった。」までです。




「ソウルキャリバー2」で、一部のキャラでアーケードモードをやった時、ボス一歩手前の対戦相手と戦う時のBGMです。後の3でも使われましたが、全体的に曲の作りがまだ諦めるのは早いといった前向きさが感じられ、個人的には新・東方号がアディールに向かっている部分で使うのが良いと思います。文章でいいますと「渇きの大地から、一路アディールに向けて北進する東方号。」から、最後までです。
「ゴジラvsスペースゴジラ」のゴジラのテーマも、曲の作りから状況にぴったり合うと思います。



またこれで知った事ですが、 ルイズ役の釘宮理恵さんが初のオリジナルアルバムを出すようです。
声優がCDを出すのは珍しい事ではありませんが、釘宮さんは声優以外の仕事は基本していなかったので(歌はあくまで、キャラソンという形で歌っていた程度)、正直新鮮味があります。
何だか釘宮病感染者がまた増えそうな気がしますが、そこは「仕方ないね」という事で(笑)。
a0265223_2271458.jpg




1枚目:ゼロの使い魔 -双月の騎士- 第5話 間諜の刻印:ふろむ かーねぎー
2枚目:貝獣ゴーガ 怪獣爆裂地帯!!
3枚目:HEROブログ~風と光の戦士たち スフィンクス
4枚目:改造サボテンダー - 怪獣wiki特撮大百科事典 - livedoor Wiki(ウィキ)
5枚目:【速報】声優・釘宮理恵さん、初のオリジナルアルバム発売決定!! はちま起稿
参考:第25話 ピラミットは超獣の巣だ! - 恒点観測所(The Private Observatory of Galaxies)「ウルトラマンA」 第25話 ”ピラミットは超獣の巣だ!”スフィンクス - 怪獣wiki特撮大百科事典 - livedoor Wiki(ウィキ)
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第二部-85
[PR]
by asabatyou | 2012-05-01 22:38 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(7)
Commented by 髑髏の火炎竜 at 2012-05-02 12:31 x
ついに始まった、ヤプールのサハラに対する総攻撃!
これはもう悪夢です。以前はミズノエノリュウを倒され、挙句は精霊を手中に収められてしまったエルフからすれば、最悪以外の何物でもありませんね、しかもガランのような怪獣選択のミスは全くなく、サボテンダー、スフィンクスと砂漠の環境に適した戦力を繰り出してます。
スフィンクスがヤプールの戦力として登場するのも、新鮮ですね。改造サボテンダーも持ち前の能力をフル活用しているので好印象でした。
怪獣のスペクタクルシーン、これからも楽しみですww

これって絶対ギロン人とバルキー星人ですよね>他にいませんねw

あれ?でもギロン人って地底人じゃなかったっけ?>奴はあくまで『地底エージェント』であり、基本は異次元人だったはずです。

ひょっとしたら、これからもっと大事になっていくかもしれません>ヤプールの宣言では、10体以上の超獣・怪獣軍団と明言してますからね、確実にもっと酷い事になるでしょうね

長文失礼致しました。
Commented by 髑髏の火炎竜 at 2012-05-02 12:36 x
後、こちらに最新の86話がもう載せられてますので、宜しければどうぞ^^、アディールは更に酷い事になっており、怪獣スペクタクルも一層激しくなっておりますww>http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/anichara/1335712027/
Commented by asabatyou at 2012-05-02 20:19
登場する怪獣の一覧を見てましたが、随分豪華なメンバーですね。
「奴はあくまで『地底エージェント』であり、基本は異次元人だったはずです。」そうだったのですか。でも本編ではギロン人とヤプールの関係が明らかになっていなかったような…。
「スフィンクスがヤプールの戦力として登場するのも、新鮮ですね。」そういえば、スフィンクスは以前の個体はオリオン星人の手下でしたから、公式じゃないとはいえ、ヤプールの手下として登場するのは今回が初めてですね。

Commented by 光を持つ者 at 2012-05-06 08:09 x
それと、ウルトラ5番目の使い魔の最新話である第二部 第86話がアップされてますので、どうぞ。

次々に怪獣軍団がアディールを包囲して、総攻撃をかけます。最初にヤプールがトリステインの首都トリスタニアにベロクロンを送り込んで、壊滅状態にした悲劇は繰り返されてしまうのか。

さらに、ティファニアに憎しみを抱いていたファーティマが所属した、エルフの中でも蛮人嫌いの過激派であり、狂信者集団である鉄血団結党のボスも初登場しますよ。
Commented by asabatyou at 2012-05-06 11:49
なるほど、また時間がある時に読もうと思います。
Commented by asabatyou at 2012-06-17 19:11
「ゴジラvsスペースゴジラ」の時の、ゴジラのテーマを追加しました。
曲の作りから、このエピソードに使えると思っていましたので、前から追加したかったので。
Commented by asabatyou at 2016-07-14 11:16
字の間違いがありましたので、それを直しました。