ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

BLOOD THE LAST VAMPIRE

今日は借りたDVDの1枚「BLOOD THE LAST VAMPIRE」を観ましたので、その事について書きます。ストーリーが面白そうだと思いましたので。


ストーリー
1966年、秋。ベトナム戦争最中の、日本の中のアメリカ-米空軍・横田基地。ファントムF4戦闘機があわただしくスクランブル発進する基地周辺を殺伐とした空気が包む中、街では不審な自殺が相次いでいた。地下鉄・銀座線、浅草行最終電車。殺風景な車両にたたずむひとりの少女。大人をも射すくめる強い眼差しと、堅く結ばれた唇が秘めた意思を物語る-彼女の名は小夜(SAYA)。人間社会に身を潜めた吸血鬼<翼手>を倒すため、<組織>が送り込んだ救世主。セーラー服に身を包んだ小夜は、日本刀を武器に基地内のアメリカンスクールに潜入したが…。


解説&感想
「BLOOD」シリーズの劇場版で、尚且つその第1作目。
48分というそんなに長くはない作品ですが、展開も比較的早くテンポ良く進んでいき、中々楽しめました。特に怪物との戦いは大変スピード感があり、一見の価値ありです。
上にも書いた通り「BLOOD」シリーズの原点であり、少女・怪物・日本刀・血みどろの死闘といった、後のシリーズで見られる要素をすでに見る事が出来ますが、舞台の大半がアメリカで海外狙いを意識しているせいか、キャラデザがちょっとバタ臭く、音声も日本語より英語がメインになっています(それが影響しているかどうかは知らないが、クエンティン・タランティーノは本作のファンで、代表作の1つ「キル・ビル Vol.1」ではアニメパートの制作をProduction I.Gに依頼しているという)。今から10年程前の作品で、こういうパターンは非常に珍しいのではないでしょうか?何だか少し前に観た「ファースト・スクワッド」を思い出しました。
またネタバレになってしまうかもしれませんが、本作のラストで小夜は大昔からまったく老ける事もなく生き続けている(!?)みたいな感じになっていたのですが、小夜自身も人間ではなく吸血鬼か何かの類という事なのでしょうか?正直そこが一番気になりました。
a0265223_2017394.jpg
a0265223_20223084.jpg

スタッフ
企画協力:押井守
キャラクターデザイン:寺田克也
脚本:神山健治
演出:高木真司
作画監督:黄瀬和哉
美術監督:竹田悠介
美術設定:加藤浩
画面設計:江面久
カラーデザイン:井上佳津枝
3D監督:木船徳光
撮影:佐久間未希
編集:奥田浩史
音響監督:百瀬慶一
音楽:池頼広
監督:北久保弘之


キャスト
小夜:工藤夕貴
保健医:中村佐恵美
デイビッド:ジョー・ロメルサ
ルイス:スチュアート・ロビンソン
シャロン:レベッカ・フォースダット
ママ:小家山晃
教師:トム・ファーン
SP:フィッツ・ヒューストン、スティーヴン・ブルーム
警官:千田光男
校長:ポール・カー
風俗嬢:大坂史子、高山佳音里
取調官:チャック・キャンベル
店員:星野亘、平田広明
客:北川勝博
ラジオアナウンサー:デイヴ・マロウ
地下鉄アナウンサー:小野健一


予告編です↓

1枚目:『ラストブラッド』のチラシ 映画(アニメ)チラシ○×△・・・(まだ仮名w)-ウェブリブログ
2枚目:浪速で え~がな !!  BLOOD THE LAST VAMPIRE
参考:BLOOD THE LAST VAMPIRE - ニコニコチャンネルBLOOD THE LAST VAMPIRE - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2012-05-18 19:08 | アニメ | Comments(0)