ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

三銃士(1948年版)

昨日は借りたDVDの1枚、「三銃士」(1948年版)を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
17世紀ルイ13世治下のフランス。三銃士になる事を夢見ている若者ダルタニアンは、遥遥田舎から都会にやって来た。
ダルタニアンは憧れの三銃士に出会うが、そこへ突如敵が襲い掛かって来た。
ダルタニアンは華麗な動きであっという間に敵を撃破した事から、三銃士のメンバーに気に入られ、彼らと行動を共にする事になったが…。


解説&感想
アレクサンドル・デュマ原作の、「三銃士」を映画化したもの。
サイレント時代から何度も映画化されており、初の映画化ではダグラス・フェアバンクスが出演してましたが、今回はジーン・ケリーやラナ・ターナーといった豪華なメンバーが出演した、1948年版です。
最初はどちらかと言いますとコミカルな方でしたが、後半からシリアスな方向になっていき、ある意味前半と後半で別物化していると言えます。
ちょっと長過ぎる気がしますが、戦闘シーンは結構迫力がありますし、中々楽しめる作品となっています。
個人的に一番驚いたのは、ジーン・ケリーです。僕は「雨に唄えば」や「トムとジェリー」とジェリーと共演した事があるぐらいしか知らないのですが、この人アクションも軽々と出来る人だったんですね。まさかこんなに動ける人だとは思いませんでした。ケリーがまるでアクション俳優のように、画面狭しと大暴れする姿は必見です。正直ケリーのアクションを観ているだけでも、十分楽しいです。
またヴィンセント・プライスみたいな人が出ているなと思っていたら、何とご本人でした(笑)。
ヴィンセント・プライスといいましたら、モンスター映画・ホラー映画・SF映画に出ているイメージしかなかったので、ちょっと驚きました。ちなみにマイケル・ジャクソンの「スリラー」にあるナレーションと最後の笑い声も、実はこの人が担当していました。
a0265223_22401942.jpg
a0265223_22484387.jpg

スタッフ
監督:ジョージ・シドニー
原作:アレクサンドル・デュマ
脚本:ロバート・アードリー
音楽:ハーバート・ストサート、チャールズ・プレヴィン(指揮)、ピョートル・チャイコフスキー
撮影:ロバート・プランク
製作:パンドロ・S・バーマン、MGM
配給:MGM
特撮:ウォーレン・ニューカム(特殊効果)
美術:セドリック・ギボンズ、エドウィン・B・ウィリス、ヘンリー・グレイス
振付:ジーン・ケリー
衣装:ウォルター・プランケット
編集:ロバート・カーン
録音:ダグラス・シアラー
スタント:フランク・ハグニー、バート・ケネディ
テクニカラー・ディレクター:ナタリー・カルマス
テクニカル・アドバイザー:ラファエル・ブレットン


キャスト
ダルタニアン:ジーン・ケリー
ウィンター卿夫人(シャルロット):ラナ・ターナー
コンスタンス:ジューン・アリソン
アトス:ヴァン・ヘフリン
アンヌ王妃:アンジェラ・ランズベリー
ルイ13世:フランク・モーガン
リシュリュー:ヴィンセント・プライス
プランシェ:キーナン・ウィン
バッキンガム公:ジョン・サットン
ポルトス:ギグ・ヤング
トレヴィル:レジナルド・オーウェン
ケティ:パトリシア・メディナ
従者:ウィルソン・ベンジ
剣士:バート・ケネディ
宿屋の主人:デヴィッド・サースビー
ダルタニアンの父:ロバート・ワーウィック
王妃の侍女:マリー・ウィンザー


予告編です↓

1枚目:Watch The Three Musketeers (1948) Online For Free, Watch Free Movies Online
2枚目:WTM The Three Musketeers (1948)
参考:三銃士(1948) - goo 映画三銃士(1948) - みんなのシネマレビュー映画 三銃士 - allcinema
[PR]
by asabatyou | 2012-06-01 19:54 | 映画 | Comments(0)