ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

ハヤテのごとく!の新しいアニメ化について

「ハヤテのごとく!」が、どうやらまた新しくアニメ化されるそうです。
はちま起稿では息が長いなと言っていましたが、僕としては単に他のアニメがあまりにも一発屋過ぎるだけな気が…。
だってアニメの全盛期と言える80年代から90年代までは、1年もしくは1年以上やるのは当たり前でしたし、中には「北斗の拳」や「新世紀エヴァンゲリオン」みたいに長年愛される名作や傑作が沢山生まれましたからね。
今は長年愛される作品やキャラを作ろうという気持ちが皆無で、量産型の使い捨てで構わないって感じですし…。
まぁそれはともかく、「ハヤテのごとく!」は何だかんだで好きだったりしますので、ちょっと楽しみです♪
という事で、雰囲気を出す為に動画をいくつか貼っておきました↓









そうそう「ハヤテのごとく!」で思い出したんですけど、生みの親である畑健二郎さんと声優の浅野真澄さんの合作である、「それが声優!」の続編がもうすぐ発売されるそうです(考えてみたら、この2人「ハヤテのごとく!」でも一緒に仕事してたっけ(笑))。
元々前作が気に入っていましたので、これは嬉しいです♪
ところでこの主人公って、浅野さん自身がモデルなんでしょうか?
見た目が何か似ていますし、誕生日も一緒ですし…。
a0265223_0295868.jpg

画像:それが声優!第2弾|浅野真澄オフィシャルブログ Powered by Ameba
[PR]
by asabatyou | 2012-08-01 19:55 | アニメ | Comments(10)
Commented by エースロボット改 at 2012-08-03 17:15 x
ハヤテのごとくは最初はDVD買ったほどマイブームでしたが、途中から単なるハーレムものになって見なくなりました。
また、主人公が親に借金のかたで売られたと、少年マンガにしてはやたら重い設定持ってるのはいいとしても、ハヤテがだんだんなんでもできすぎる万能キャラ化して、反面女心にだけは極端に鈍感で、感情移入できなくなったのも一因かもしれません。
なぜか放送も初期は早朝の子供向けだったのが、二期は深夜枠になったのも訳わからないところです。まだ好きな作品のひとつではあるのですが、正直手を広げすぎてグダグダになったというのが今の感想です。
Commented by asabatyou at 2012-08-03 18:32
何となく分かるような気がします。
話が進むにつれてどんどんヒロインが増えていきますし、ハヤテが人間離れしちゃっているところがね…。
今は理由があって見られなくなっているアニオタWikiでも、ヒロインが使い捨てになっている、アンチも一杯などと書かれており、あまり評判が良いとは言えませんから…。
Commented by ae at 2012-08-09 05:03 x
初めましてaeという者です。アニオタwiki閉鎖は残念です。話が変わりますがこの記事の事で言いたい事が一つだけあります。アニメの事ですが量産型と言うより
粗製乱造(そせいらんぞう)と言ったほうが、正しいのではないのでしょうか 駄文失礼いたしましてどうもスミマセン
Commented by asabatyou at 2012-08-09 19:35
初めましてaeさん。管理人のasabatyouです。
アニメの粗製乱造ですか…。確かにそう言った方が良いかもしれませんね。
今現在のアニメって明らかにオタク狙いが見え見えというか、「なんじゃこりゃ!?」と言いたくなるものが多いですし…。
「駄文失礼いたしましてどうもスミマセン」いえいえ、全然気にしていませんから大丈夫ですよ。
Commented by ae at 2012-08-11 02:02 x
asabatyouさん返信ありがとうございます。まあ、今の
アニメ業界も切羽詰っていますからね。スタッフ達の体力や制作予算も足りないのが今のアニメ業界の実態ですからね。それはそれとしてその中で頑張ってる作品があるのも事実です。(まどかやスト魔女など)
あと前の自分の発言した様に粗悪品を一纏めに量産型と表現するのは誤用するのはどうかと思います。
実際に調べれば解りますが、原作の「ゼロ魔」で登場したドイツ製88mm砲やタイガーⅠ重戦車に日本が開発した零戦やアメリカのM72LAW「ウル魔」の大和級戦艦(大和、武蔵、信濃)は、格性能に生産時期や生産個数と運用国は違いますが、立派な量産型である事には違いありません。
だからこそこの記事の冒頭の量産云々の所を訂正して
100円ライターや百均雑貨店並の感覚とかに直した方が
良いんじゃないかなと僕は思います。 長文と遅筆でスミマセン
Commented by asabatyou at 2012-08-11 10:23
そうですね。戦争中ではありとあるゆる兵器が量産化になりましたよね。
朝鮮戦争の時も日本がアメリカをサポートする形で、どんどん兵器を作っていった結果、日本が豊かになったそうですし。
文章を変えるかどうかは、少し考えておきます。
Commented by ae at 2012-08-11 18:16 x
asabatyouさん返信有難うございます。量産機を馬鹿にしちゃいけませんよ。ウルトラマンの歴代防衛チームの装備だって基本防衛チームの支給品で(個人の発明品もありますが)ウルトラマンのサポートを行っているのですから。話は変わりますが、朝鮮戦争の特需景気は特殊な例で、基本戦争で金儲けなんて出来ないのが普通何ですが、当時の日本が如何に発展途上国状態だったか解る例で、ぶっちゃけWW1で連合軍がドイツに戦争で受けた被害の代償として当時としても法外な賠償金(後のナチス台等の遠因)を要求していますからね。(ドイツは2010年に賠償金を返済し終わったそうです)無論それでも足りない部分は植民地の文化財を、根こそぎ徴収して経済回してた様なもんです。あの米軍でも戦後の日本にM4中戦車などを払い下げしたり、ナム戦時では不評だったM14ライフルを台湾(M14用の制作機材と一緒に)や中南米にタダ同然で売り払ったりしていますので一応参考にしてもらえれば幸いです。文章見ずらかったらすいません。
Commented by asabatyou at 2012-08-13 22:03
コメント遅れてしまって申し訳ございません。他のコメントに返事を書く事や、書きたいネタを書く事に夢中になっていましたので、気が付きませんでした。
量産機と簡単に言っても、色々あるのですね。
まぁ僕は飛行機なら父親の影響で好きになった事もあって、ある程度は分かるのですが、それ以外の軍事的な物は全然分かりませんので、ちょっとついていけないです(笑)。
Commented by ae at 2012-08-21 19:46 x
asabaさん返信有難うございます。こちらこそお盆や家内の手伝いやらとかで返信遅れてすいませんでした
まぁ自分も趣旨が違うブログで延々と場違いな話をしているのも良くないと思うのですが、asabaさんと話してるとこれだけは言いたい事が多すぎてこんな結果に繋がってしまったのは大変申し訳ないと思っております。
話は変わりますが、前にも言ったように一口に量産機と言っても特撮やアニメの様に決してヤラレメカみたいな物では無い事は確かです。(まぁWW2当時の英国のヘンテコ戦闘機群などの例外もありますが)殆どの量産機はその時代の国の状況や軍の要求に応えた性能の物が生産されるのが当たり前の事なのです。詳しく書きませんがよく弱いと評されるあの旧日本軍の代表戦車のチハもその例の一つです。まぁだからと言ってアニメや特撮の粗製濫造や乱発状態は止めて欲しいのですがね・・・。駄文失礼しました。
Commented by asabatyou at 2012-08-22 21:33
いえいえ、別に良いですよ。僕も書きたい事や、やりたい事などで色々ありましたから。
「一口に量産機と言っても特撮やアニメの様に決してヤラレメカみたいな物では無い事は確かです。」それはそうでしょう。いくら何でも兵器でその程度じゃ役に立ちませんから。
カーチスP-40も決して強い戦闘機ではなく、日本やドイツの戦闘機の敵ではありませんでしたが、丈夫で壊れにくかった事から当時の同盟国にも輸出されたそうですから。