ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

図書館戦争

今月の27日の話になりますが、借りた「図書館戦争」を観終わりましたので、その事について書きます。


ストーリー
本の自由が奪われてしまった近未来の日本。
女子高生の笠原郁は1冊の本を奪われそうになった所、本を守る為に作られた組織「図書隊」のメンバーである1人の若い男性に救われた。
そして現代。笠原は長年の夢だった図書隊のメンバーになっていたが…。


解説&感想
同名の小説を、テレビアニメ化したもの。
タイトルに戦争と書いてある事もあって、シリアスで重々しい雰囲気があるような気がしますが、確かに銃撃戦のシーンはあるものの、コミカルタッチな所や恋愛要素もある明るい作品となっています。
また作者の方が女性な為、主人公の女の子がちょっとドジな所がある、周りの男性キャラはみんなイケメンで頼りがいがあるなど、全体的に少女漫画や夜の9時ぐらいにやっているテレビドラマに近かったです。
しかしアマゾンのレビューに書いてある事を参考にしますと、色々と不自然な所が多いのも事実です。
一応時代設定は近未来との事ですが、規制の対象が何故本なのか?今現在ですらもうネットが主流になっていて、本は衰退しつつあるのに何故そっちの方に目を向けないのか?
規制派と反対派の者達が争うのは良いとしても、どうして武力で取り締まるのか?話し合いだとか、もっと安全なやり方が色々あるだろうに、何故危険なやり方を選んだのか?
これらについてですが、納得出来る理由や説明が何もありません。
なので、アイデアは悪くはないのですが、説明不足というか物足りないというか…。そんな感じです。
それと本作が実写化されるそうなのですが、またお金の無駄遣いをしたいのですか…。そもそもこれ実写化しても、ショボくなるだけだろ…。
a0265223_20264056.jpg
a0265223_20282895.jpg

スタッフ
原作:有川浩
キャラクター原案:徒花スクモ
監督:浜名孝行
シリーズ構成:古怒田健志
キャラクターデザイン:中村悟
美術監督:池田繁美
美術設定:荒川直樹
色彩設定:片山由美子
撮影監督:田中宏侍
3D監督:遠藤誠
音響監督:平光琢也
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:プロダクション I.G


キャスト
笠原郁:井上麻里奈
堂上篤:前野智昭
小牧幹久:石田彰
手塚光:鈴木達央
柴崎麻子:沢城みゆき
玄田竜助:鈴森勘司
稲嶺和市:佐藤晴男
折口マキ:田中理恵


予告編です↓

ナレーションは前野智昭さんと、井上麻里奈さんがやっていますね。
前野さんは「アマガミ」の悪名高き(?)変態紳士である橘純一で知った事もあり、変態キャラのイメージがあったのですが(笑)、ここで彼が演じている堂上教官は男前でカッコ良く、前野さんに対する見方が変わりました。


1枚目:図書館戦争 第一巻 [DVD] (参考にも使った)
2枚目:Production I.G - ホットニュース - 2012年 - TV版『図書館戦争』Blu-ray BOX イラスト公開!&発売日変更のお知らせ
[PR]
by asabatyou | 2012-08-29 19:32 | アニメ | Comments(0)