ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

アディール最終決戦! 最強怪獣を倒せ!! (後編)

昨日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
人間やエルフの全ての武器や魔法も尽き、エースやコスモスもまともに戦える力が残っておらず、もはや絶望しかないと思われていたその時だった。
リドリアス、ゴルメデ、ヒドラ、そして仲間に加わったゴモラが、EXゴモラに勇敢に立ち向かったのだった。
その姿に勇気付けられエースやコスモスもゴモラ達と共に、EXゴモラと戦った。
だが奴はとても強くて、中々倒せそうにない。
しかし才人がある事を思い付いた。
EXゴモラは元々様々な怪獣や超獣の怨霊とガディバとギロン人が合体した姿だから、融合している怨霊に働きかける事が出来れば、何とかなるかもしれないというものだった。
早速コスモスは元の青い体に戻り、フィールウォーマーを与えた。
すると怪獣達の魂が反抗し始めた為、EXゴモラは苦しみ出し弱体化しつつあった。
エース達は最後の力を振り絞ってEXゴモラを追い詰めたが、ヤプールはEXゴモラを自爆させて辺り一面を吹っ飛ばそうと企んだ。
だがそんな時、バルキー星人の声が聞こえてきた。コスモスのおかげで意識を取り戻した為、ヤプールに利用され続ける事に我慢ならなくなり、ウルトラマン達に協力する事になったのだった。
エースは仲間達の力を借り、EXゴモラを倒す為の必殺技を、今出そうとしていた!!


解説&感想
今回は少年漫画的というか、ヒーロー物の王道という感じがしました。
みんなで協力して強敵に立ち向かう所や、敵であった者が味方になる所がね。
僕としてはバルキー星人が、結果的に味方になった事が一番驚きました。と言っても「勘違いするな。別に貴様らに味方するつもりはない!!」的なツンデレキャラですが(笑)。何だか「幽☆遊☆白書」の飛影というか(笑)。
ラストではエースが仲間の力を借りて、EXゴモラを倒そうとする!?という展開になるのですが、これなんて殆ど「ドラゴンボール」状態です。まるで「オラに元気を分けてくれ!!」っていうセリフが出てくるのかと思いました(笑)。
また「野生の動物は人間が想像するよりずっと賢いものだ。彼らは過酷な自然の中で生き抜き、数年で戦いのプロに成長する。むしろ自然の中で人間ほど無知で弱い生き物はないと言っていい。お前も大人になれば思い出す日も来るだろう。我ら人間、万物の頂点などとうぬぼれても、しょせんできないことのほうがはるかに多いのだ」というセリフが出てきましたが、これは同意です。
動物は人間が思っている以上凄い力を持っていますし、カンディルは人間の尿道や膣といった場所から内部に侵入し肉を食らいますし、ヒョウモンダコは小さいですが毒を持っているなど、もう切りがないですからね…。
本当に動物は調べれば調べる程、凄い奴が沢山いますよ。「アニマルフェイスオフ」でも、ボートを簡単に破壊した奴が確かいて、三毛別羆事件のような恐ろしい事件が実際に起こった程ですから…。
話は戻りますが、リドリアス・ゴルメデ・ヒドラ・ゴモラは本当に息が合っていますね。リドリアスとゴルメデが原作では敵対関係である事は今になって知ったのですが、それが嘘のようです(劇場版では協力しているらしい)。
僕としてはカトレアが飼育している怪獣達ともいつか会って、こんな感じで共闘してほしいです。ひょっとしたら、最終回で実現するかもしれません。
a0265223_2185637.jpg
a0265223_21115617.jpg




それとこのエピソードに合ったBGMがありましたので、それを紹介したいと思います。

JAM PROJECTの皆さんが歌う「未来への咆哮」です。
今回は完全にヒーロー物のノリなので、絶対に合うと思いました。
もし使うとしたら「ふたりの闘志に呼応して、エースとコスモスも心の底から新たな力を生み出した。」から、「この想いがある限り、わたしは負けない。見えているさ、今でも空のかなたにウルトラの星が」の部分が良いでしょう。
映像ももしこのエピソードを映像化したら、大体こんな感じになりそうですし、イメージにぴったり合うと思います。




「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲」で使われた、「21世紀を手に入れろ」です。
ラストで使われた事があって大変盛り上がりがあり、僕としては「感情に訴えかける光の力がEXゴモラの中に染み込んでいき、体内で渦巻いていた超獣や怪獣たちの意識に呼びかけていく。」から最後まで使うのが良いと思います(僕のこだわりとしては、曲の49秒ぐらいから〔ようし、いこうぜゴモラ!〕 のセリフが出てくるのが一番良い!!)。
最初にこの曲を聴きながら、後半の所を読んだ時はあまりにも違和感がなくて自然でしたので、思わず鳥肌が立ちました(今でもそうですが)。
もし後半を読む場合、是非この曲を聴きながら読んでほしいです。


1枚目:アニメ『ゼロの使い魔F』第8話の感想|HBD16
2枚目:大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 Part2:ウルトラピンチ画像 ~苦しめ光の戦士よ~:So-netブログ
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第二部-95
[PR]
by asabatyou | 2012-08-30 18:25 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(3)
Commented by 光を持つ者 at 2013-04-20 23:57 x
8月ももう終わりですね。今頃、夏休みの宿題が終わっていない学生達はヒィヒィ言ってる頃でしょう(笑)

僕も子供の頃は8月31日は、1年で一番嫌いな日でした。中学の3年間はこの日は翌朝の始業式に提出する宿題を間に合わせるべく、徹夜で血眼になっていました。本当なら、これは一番駄目なパターンなんですけどね…。

つづく
Commented by 光を持つ者 at 2013-04-21 00:09 x
さて、今回はこんな夏の終わりを連想させるナンバーをasabatyouさんにご紹介したいと思います。

『オリビアを聴きながら』で有名な杏里の『windy summer』です。遠ざかる夏の切なさと優しさを募らせたメロディーが、当時の前向きだった時代を感じさせる曲です。是非聴いてみてください。

Windy Summer
http://www.youtube.com/watch?v=5eVfrwjU8Ak
Commented by asabatyou at 2013-04-21 10:14
僕は8月31日といいましたら、もう夏休み終わっちゃうのかという意味で嫌いでした。宿題についてですけど、もう早い時に終わらせたと思いますから、やってなくて慌ててたという記憶はありません。
確かこの時期だったと思うのですが、特撮映画の影響で牛乳パックなどを集めて戦車を作ったり、割箸と針金で骨組みを作り、新聞紙で肉付きをして「シンドバッド7回目の航海」のドラゴンみたいな竜を作った事があります(http://3.bp.blogspot.com/_9_iMNcLAXpg/TKTAcsmz4hI/AAAAAAAAAqY/tUsRYnFbnwk/s1600/dragon+02.jpg)

曲についてですけど、何だか1980年代って感じですね。