ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

少年時代、少女時代

昨日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


ストーリー
EXゴモラを倒しヤプールを撃退してから、少し時間が経った。
才人とルイズはみんなから少し離れて、話し合いをしていた。
それは才人がルイズだけでなく、ミシェルにも恋心を抱いている事だった。
一体どうしたら良いのか分からず才人はルイズに相談するが、ルイズは大して怒る事もなく、そんな才人を受け入れたのだった。
才人はその場から立ち去るが、するとミシェルが出てきた。どうやら最初から近くにいて聞いていたらしい。
2人は酒を飲みながら、才人の事についてしばらく語り合うが、やがて「ウルトラの星」という誓いを立て、お互い頑張っていく事を決意するのだった。


解説&感想
ヤプール達を倒し、やっと一息つきました。
その事もあってバトルもなければ、スペクタクルな所もありません。
今回は久々に恋愛要素が入っており、後半のルイズとミシェルのやりとりは、女子会やガールズトークといった感じのノリでした。
ラストで2人は「ウルトラの星」という誓いを立て、一緒に頑張っていく事を決意するのですが、何だか良いコンビになりそうです。
それと前回に引き続きゴモラが登場し、てっきり彼との交流を描くのかと思ったら、ゴモラは相変わらず寝ているだけで、そんな事はありませんでした(笑)。
このまま単なるゲストキャラで終わるのか、それともレギュラーキャラになるのかは、今の所不明です。
a0265223_6323285.jpg
a0265223_6392595.jpg

シエスタの画像を使ったのは、最近出番がないどころか名前も一切出て来る事もなく、まるで最初からいなかったかのように忘れられている為、少しは彼女の事も思い出してほしいと思って使う事にしました。



それとこのエピソードに合った曲がありましたので、紹介したいと思います。

「キングコング」(1976年版)で使われた曲です。
本家と違ってラブストーリーである事を強調した為、それっぽい曲があったりします。
純愛さが感じられる作りになっている為、僕としては才人がミシェルに好意を寄せている事を、ルイズに話す部分で使うのが良いと思います。
文章でいいますと「一世一代、才人は思い切って告白とは真逆のかたちで告白した。」から、「恋人であると同時に最高のパートナー、走りながら才人は胸を熱くしていた。」 までです。



1枚目:ゼロの使い魔 シエスタ シエスタファン倶楽部【ゼロの使い魔】 - NAVER まとめ
2枚目:「総天然色ウルトラQ」BOX2発売!そして、「劇場限定版」ゴメスが! ウルトラマン列伝オフィシャルブログ『ウルトラマン“ブログ”列伝』
本編:あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第二部-97
[PR]
by asabatyou | 2012-09-10 06:41 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(4)
Commented by エースロボット改 at 2012-09-12 17:43 x
青春してますね。これまでずっと戦ってばかりだったので、こうしたシーンもあると彼らも当たり前な幸せを求める普通の人間なんだって、そんなふうに思えます。
サイト、愛されてますね。原作ではこれにタバサやアンリエッタも加わるのですが、この作中ではもう参入してくる余地はなさそうですし、このふたりでサイト争奪戦を進めていくことになるのでしょうか。
まあなんにせよ、ルイズとミシェルで昼ドラみたいなドロドロした関係にならなかったのは幸いでした。ウルトラシリーズでも恋愛要素はありましたが、やっぱりヒーローもので泥沼は似合いません。
いや、昼ドラみたいな恋愛が根幹にあったウルトラマンといえば、ティガ劇場版のカミーラでしょうけど、彼女も悪とはいえ純愛を貫いた悲劇のヒロインでしたので憎みきれない悪役でした。
サイトを見て北斗はどう思ってるのでしょう。エース本編では北斗も鈍感なほうでしたが、超8兄弟の世界でどうやって夕子を射止めたのか、なかなか気になるところです。
シエスタは、ハルケに帰ったらさすがに出番があると思いたいですね。
Commented by asabatyou at 2012-09-12 20:34
まぁ元々ハーレム物(?)みたいな感じですから、恋愛要素があるのは当たり前といった所でしょう。
でもドロドロしていないから、マシな方ですよね。

「超8兄弟の世界でどうやって夕子を射止めたのか、なかなか気になるところです。」8兄弟は他の作品と違いよく似た別の世界ですから、そこの住人達もよく似た別人ですから、確かにどうやって射止めたのかが気になりますね。

「シエスタは、ハルケに帰ったらさすがに出番があると思いたいですね。」そうですね。流石に今のままでは扱いが悪すぎですからね。
Commented by 髑髏の火炎竜 at 2012-09-13 20:04 x
ようやく平穏になりましたねぇ…。
ゴーガの復活に始まり、ギロン人、スフィンクス、サボテンダー、アントラー、サメクジラ、バルキー星人、オイルドリンカー、アントラー、アリブンタ、ダロン…そして、マザリュース、カオス怪獣、ゴモラ、極め付けにラスボスのEXゴモラ。よくこれだけの地獄を作り出せたモンです。
さて、2部も残す所あとわずか、どういう締めになるのか? 楽しみであります。
エース…北斗も夕子さんとの思い出を、少しでも語ってくれたら…。
でも、ハルケに月星人の夕子さんを筆頭に、友好的な宇宙人を召喚し、エルフとの説得に当たって貰う…テファも混ざるとしても、今思うと、流石に他力本願ですね^^;

シエスタ>是非とも活躍させてあげて欲しいですね、まさかのミシェルが此処まで上り詰めるなど、誰も予想だにしていなかったでしょうしww あわよくば、三つ巴でw 原作では、タバサとアンリエッタも争奪戦に参画していますが、ウル魔ではその気配は無し。
シエスタにその余地はあるのか? 
Commented by asabatyou at 2012-09-13 22:18
確かに久々に平和になりました。
でも今後どうするんでしょうね?もうEXゴモラを倒しちゃいましたし、やる事がなくなってしまった感じです。
案外バトルではなく、恋愛要素で第2部を終わらせる事もあるのではないでしょうか?

「原作では、タバサとアンリエッタも争奪戦に参画していますが、ウル魔ではその気配は無し。」これについてですけど、原作との差別化を出したい、またはハーレム物になってしまいたくないから、あえてやらないのかもしれません。