ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

ウルトラマンゼアス

今日は買ったDVDの「ウルトラマンゼアス」(初代と2作目が、一緒に収録されている物)を観ましたので、その事について書きます。
存在自体は前から知っていましたが、これをきっかけに興味を持ちましたので(笑)。


ストーリー
一見何処にもありそうなガソリンスタンド「Mydo」。
だがその正体は、地球を守る為に戦っている防衛チームだった。
そこで働いている見習い店員朝日勝人も、実はピカリの国からやって来たウルトラマンゼアスだったが、異常なまでの潔癖症で間抜けな所がある頼りない男だった。
ある日の事、隊員の星見透がベンゼン星人にさらわれてしまい、勝人もゼアスとなって救出に向かうが…。


解説&感想
地球に優しいガソリンというコンセプトの出光の商品”ゼアス”とのタイアップ企画として誕生したという、それまでのウルトラマンシリーズにはまったくなかったもので、出光のイメージキャラクターとんねるずが主演した、ある意味異色作。
その事もあってギャグ要素が強いですが、役者が悪乗りといいますか、かなりふざけた状態で演技しており、何を言っているのか分からない所が多く、ちょっとお粗末な印象を受けました。黒部進さんや小林昭二さんといった過去作品に出演していた方々がチョイ役で出ているなど、思わずニヤリとしてしまった部分はありますが、もう少し何とかならなかったのでしょうか…。いくら何を言ってるのか分からなくても、「仮面ライダー剣」のオンドゥル語みたいに面白ければ話は別ですが(笑)。
ただストーリーはヘタレ気味の主人公が、少しずつ成長していく姿を描いたもので、最後はさらわれてしまったヒロインを助ける為に敵のアジトに向かうという王道で正統派な作りになっており、純粋な娯楽作品になっていたのは良かったです。これだけでも救いですね。
a0265223_19173086.jpg
a0265223_1920250.jpg

スタッフ
監督、特技監督:中島信也(東北新社)
脚本:長坂秀佳
音楽:ジェイムス下地
製作:円谷一夫、稲垣博司、磯村義行
音楽プロデューサー:玉川静
ウルトラマンゼアスデザイン:杉浦千里
モンスターデザイン:西村穣
スカイフィッシュデザイン:青井邦夫
タイトルロゴデザイン:吉田等


キャスト
朝日勝人/ウルトラマンゼアス:関口正晴
大河内神平隊長:石橋貴明
小中井仏吉副隊長:木梨憲武
星見透隊員:高岡由香
武村岩太隊員:大久保博元
ミドリ(声):福島まりこ
悪神亜久馬/ベンゼン星人:鹿賀丈史
ウルトラマンゼアス(スーツアクター):長谷川恵司
ベンゼン星人(スーツアクター):岡野弘之
コッテンポッペ(スーツアクター):三宅敏夫


ミュージックビデオ(?)です↓

ゼアスのテーマは非常に明るくて、聴いていて元気が出て前向きになれるのが良いですね。
最後にゼアスの声がありますが、ゼアスってあんな人間みたいな声でしたっけ?リアルタイムで聞いた時は「ギョワ!!」という人間離れした声だった気がするのですが、気のせいでしょうか?


1枚目:映画チラシサイト:ウルトラマンゼアス
2作目:ウルトラマンゼアス 1990年代画像掲示板 明和水産
参考:ウルトラマンゼアス - Wikipediaウルトラマンゼアス 1&2 に入っている解説書
[PR]
by asabatyou | 2012-11-03 18:05 | 特撮、モンスター | Comments(2)
Commented by カーメン at 2012-11-04 14:21 x
お久です。ゼアスの記事ということで反応してしまいました。
私はゼアスはウルトラシリーズの中でもお気に入りなほうで、Mydoのテーマやゼアスの歌は明るく軽快で特に好きです。
さて、内容ですがとんねるずを起用してるだけあってコメディ重視ですが、だからといって特撮に手を抜かない円谷のこだわりが感じられると思いますね。とんねるずにしても、あの特撮界の伝説の「仮面ノリダー」の実績がありますからさすがの存在感でした。
強いて言えば、ベンゼン星人のキャラが強烈で主役のゼアスがやや食われ気味でしたか。
asabatyouさんは評価イマイチのようですが、ゼアスのよさは次のゼアス2と合わせて見るとよくわかりますよ。一説には、ゼアスのかっこよさがわかるようになればいい大人、なんて言われますしね
Commented by asabatyou at 2012-11-04 15:54
お久しぶりです。ゼアスは基本は良いのですが、残念な所があるといった感じです。
2は今日観ましたので、詳しい事はそちらで書きます。

「ベンゼン星人のキャラが強烈で主役のゼアスがやや食われ気味でしたか。」それは何となく分かりました。まぁ人間体を演じている人が有名な方でしたから、余計そうだったのでしょう。