ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影

今日は買ったDVD「ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
ウルトラマンゼアスの活躍により、地球の平和は守られた。
だがベンゼン星人の妻・レディが、ゼアスに復讐する為にウルトラマン型の戦闘用ロボット・ウルトラマンシャドーを開発し、地球を襲撃した。
圧倒的な強さにゼアスは左目をやられて敗北するが、これが原因で戦いが怖くなり、Mydoをやめてしまう。
勝人は途方に暮れるが、そこへ空手道場が見えてきた。「これだ!!」と思った勝人は、そこに弟子入りして心身鍛える事を決意する。
そうしている内にウルトラマンシャドーは再び姿を現し、目から出した光線で人々をマインドコントロールし、何処かへ去って行った。
ゼアスは人々を救う為に敵のアジトへ向かうが、当然シャドーがゼアスの前に立ちはだかった。
最初と同じように苦戦するものの、特訓に特訓を重ねたゼアスはもう負けない。クロス・スペシュッシュラ光線を受けてみろ!!


解説&感想
「ウルトラマンゼアス」の続編。
前作はコミカルタッチな作品でしたが、今回は少しシリアスになり、ギャグ要素はやや影を潜めていました。
主人公が一度は恐怖心が原因で戦えなくなる所は、後のヘタレライダーを思わせますが、特訓をして強くなるのはウルトラマンレオを思わせます(隊長が森次晃嗣さんという時点で、もうそれっぽいし(笑))。
また悪役のウルトラマンシャドーは、ゼアスの色違いに見えなくもないですが、これは自分自身との戦いである事を表しているのでしょう。キャッチコピーの「最強の敵は、ウルトラマンだ。」が何よりの証拠です。
まぁ子供が飽きないようにする為か、ちょっとストーリー展開が速すぎる感じがしましたが、特撮はよく出来ていましたし(実写との合成も積極的にやっている為、ウルトラマンや怪獣が本当にそこにいるように見えるシーンが多い)映画としても前作より熱くて盛り上がりがありました。
普通初代が面白いと続編はつまらないというパターンが多いですが、ゼアスは初代並み、もしくはそれより面白い珍しいパターンです。何だかゼアスは2本1組で、全部揃ってないと何も成り立たない感じがしました。
しかしヘタレキャラで弱いだけど、努力して成長するヒーローというのも、新鮮味や親近感があって良いですね。見ていて、ついつい応援したくなりますし(笑)。そこが良い所であって、ゼアスが人気者になれた理由だと思います。
本当は3も作られる予定だったそうですが、実現しなかったのが非常に残念です。
a0265223_1714974.jpg
a0265223_1718429.jpg

スタッフ
監督、特技監督:小中和哉
脚本:斎藤和典
音楽:ジェイムス下地
製作:円谷一夫、五藤宏
キャラクターデザイン:杉浦千里、西村穣
メカニックデザイン:青井邦夫


キャスト
朝日勝人:関口正晴
星見透:高岡由香
武村岩太:大久保博元
数学:宮川一朗太
薩摩萬:森次晃嗣
影美:神田うの
正道会館宗師:石井和義
正道会館師範:角田信朗
師範代:アンディ・フグ
ウルトラマンゼアス:長谷川恵司
ウルトラマンシャドー:金塚裕
レディベンゼン星人:鈴木みさと
ダークラー、ベンゼル星人:岡野弘之
ミラクロン、デジタルカネゴン:鈴木理香子
ミドリの声:いとうかなこ
デジタルカネゴンの声:坂本千夏
ベンゼル星人の声:鹿賀丈史
大河内神平:石橋貴明
小中井仏吉:木梨憲武


ミュージックビデオのようなものです。
音楽は一緒ですが、映像は本作のものを使用しています↓

個人的にCGはこの頃みたいに、いかにもCG然としている頃の方が良かった気がします。今はリアルすぎて味がない…。
今回も過去作品に出ていた方々がチョイ役で登場していましたが、黒部進さんの扱いが酷かったのが、ちょっと不満…。だけどニュースキャスター役の団時朗さんが、「ウルトラマンが帰ってきました!!」というシーンがあったのは嬉しかったです。


1枚目:[レビュー] ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影 (1997年の特撮) 思考回廊
2枚目:勝手にウルトラ検定 このパンチは効きすぎた・・・
参考:ウルトラマンゼアス - WikipediaSF MOVIE DataBank:ウルトラマンゼアス2 超人大戦・光と影
[PR]
by asabatyou | 2012-11-04 16:11 | 特撮、モンスター | Comments(0)