ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

みなみけ おかえり

昨日で借りたDVD「みなみけ おかえり」を観終わりましたので、その事について書きます。


ストーリー
お正月、みなみけに集まる友人一同。内田は「今年のおみくじは良かった。特に恋愛運」と満足げな様子。
そんな内田にカナは「今からきた相手が運命の人だ」というが、訪れたのは藤岡で内田は困ってしまう。
一方、おみくじの結果がまあまあなチアキ。「何が恋愛だ、金だよ、金」と金運は良かったらしいが…。


解説&感想
「みなみけ」シリーズ第3弾。前作の「おかわり」が原作とかけ離れていた事から酷評され、満足出来る結果を得られなかった事から、初代の雰囲気に戻った感じです。
なので変に暗くてシリアスなシーンもなければ、モブキャラが真っ黒という明らかに手抜きとしか思えないだらしねぇ所もなく、前作では出番がなかったトウマの兄弟も登場しています。
おかえりっていうタイトルも、きっとそういう意味があったのかもしれません。「みなみけが…、帰ってきた!!」ってね(笑)。
絵についても1や2とは違い、全体的に細身で縦長になった感じですが、そんなに気になるレベルではありません。
しかしこういう遊び要素がなかったかどうかは分かりませんが、ちょっと物足りなかったような…。精々あるとしたら「カレーの歌」ぐらいですし…。
保坂も相変わらずの変人っぷりを見せてくれるのですが(笑)、初代の時に比べると元気や勢いがなかった気が…。
最終回はてっきりシリアスな感じになるかと思ったのですが、「おかわり」みたいな感じになる事もなく、純粋に家族愛や姉妹愛が描かれており、それにちゃんと「みなみけ」の世界観に合った、明るいほのぼのした雰囲気を残していたのが何より良かったです。
特に普段喧嘩というか揉め事ばかりしているカナとチアキですが、チアキがカナがいなくなってしまう夢を見た途端、ずっとくっ付いて離れなくなったり、カナもハルカがいなくなってしまう夢を見てしまったから、ハルカを見かけた途端迷わず抱き付く姿が大変可愛かったです♪僕としては、今までの最終回の中では一番印象に残りました。
結論になりますが、2作目よりは遥かにマシだけど、やっぱり1作目が一番良いといった感じです。時代やジャンルの違いはありますが、何度か作られている作品が1作目を超えられないのは、シリーズ物の宿命なのでしょうか。
a0265223_1946250.jpg
a0265223_19541610.png

スタッフ
原作:桜場コハル(講談社刊「週刊ヤングマガジン」連載中)
監督:及川啓
シリーズ構成:小鹿りえ
キャラクターデザイン:田中誠輝
音響監督:蝦名恭範
音楽:三澤康広
音楽制作:スターチャイルドレコード
アニメーション制作:アスリード


キャスト
南春香:佐藤利奈
南夏奈:井上麻里奈
南千秋:茅原実里
南冬馬:水樹奈々
マコト(マコちゃん):森永理科
藤岡:柿原徹也
保坂:小野大輔
タケル:浅沼晋太郎
南家長男:川田紳司
南ナツキ:吉野裕行
南アキラ:葉山達也
マキ:高木礼子
アツコ:小野涼子
速水:千葉紗子
ケイコ:後藤沙緒里
リコ:高梁碧
内田:喜多村英梨
吉野:豊崎愛生
シュウイチ:大原桃子


OP FULLです。最初はOPと一緒ですが、それ以降は劇中にある映像を上手く使っています↓

個人的に水樹奈々さんは、少年キャラをやってほしいなと思います。
トウマを演じた時も全然違和感なかったですし、「フルーツバスケット」の草摩由希みたいなキャラを演じたら、中々良いかもしれません。


1枚目:みなみけ おかえり│レビュー・感想・評価
2枚目:O型でおうし座で長男ですが・・・ みなみけ~おかえり
参考:starchildみなみけ おかえりあにてれ:みなみけ おかえりみなみけ おかえりとは - ニコニコ大百科みなみけおかえりとは【ピクシブ百科事典】
[PR]
by asabatyou | 2012-11-26 18:23 | アニメ | Comments(0)