ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

大魔神

今日は12月2日に買ったDVD「大魔神」を観ましたので、その事について書きます。
「大魔神」シリーズは前にも観た事がありますが、気に入った事もあって買いました。


ストーリー
戦国時代、丹波の国の領主花房家は、家老の大館左馬之助一派の下剋上によって幼い忠文と小笹の兄妹の二人を残して滅ぼされ、領民達は砦の建設のため苦役を強いられることになってしまった。花房の兄妹は忠臣・小源太によって魔神の山の魔神阿羅羯磨(あらかつま)を鎮める小源太の叔母である巫女の信夫の下に身を寄せ、お家再興の機をうかがう。月日は流れ、忠文と小笹はそれぞれたくましい若者と美しい娘に成長していた。一方、彼らの潜むこの魔神の山には巨大な武神像があり、これは領民達の厚い信仰の的であった。これをよしとしない左馬之助は、「このまま領民達を苦しめ続けたら魔神による神罰がある」という忠告に上がった信夫の言を嘲笑い、「神罰があるなら見せてみよ」と信夫を斬り殺し、こともあろうに山中にある武神像の破壊を配下に命じた。小笹が捕まり、その眼前で武神像の額に深々と鏨(たがね)が打ちこまれた時、あり得ないことが起こった。鏨の下から、赤々とした鮮血が滴り始めたのである。それと同時に起こった地震、地割れ(武神像のたたり)のなか、次々に地割れに飲み込まれていく左馬之助の手の者達。
怒り鎮まらぬ武神は、忠文の命乞いに身を捧げようとした小笹の目の前で動き出し、その相貌を恐ろしい魔神に変え、光となって左馬之助の砦の建設現場へと向かう。ちょうどそのとき、砦では花房家最期の望み、忠文と忠臣・小源太の磔処刑が執行されようとしていた。絶望し、ただ神に祈る領民たち、勝ち誇る城主・左馬之助の前に、妖しく曇った天空から一点の光が地上に落ち、突如それは巨大な魔神の姿となった。
魔神は砦を突き破り、城下へと侵入する。必死にこれをとどめようとする城兵達も次々に踏みつぶされ、破壊された建物の下に消えていく。花房家の残党によって忠文と小源太は救出され、左馬之助も逃亡むなしく魔神に捕まった。魔神は額に打たれた鏨を引き抜くや、これを左馬之助の胸に深々と突き通した。しかし魔神の怒りはなおも鎮まらず、無辜(むこ)の領民までもが巻き添えに、魔神の破壊はついに城下全体に及ぶかに見えた。
そのとき、魔神の足元に小笹が駆け寄ってひざまずいた。小笹は自らの命と引き換えに、魔神に怒りを鎮めてくれるよう懇願し、涙を落した。これをみた魔神はその顔を穏やかな武神に変え、やがて土塊(つちくれ)となって崩れ去り、風の中に消えていくのだった。


解説&感想
ゴーレム伝説を元にして作った特撮時代劇映画で、ガメラに続く大映の看板キャラ・大魔神のデビュー作(実は1936年版「巨人ゴーレム」の日本公開を、大映が担当したらしい)。
悪人に苦しめられている善人達を救う為に、大魔神が立ち向かうというシンプルなストーリーではある事は後の作品と一緒ですが、大魔神が勧善懲悪なキャラではなく、しかも何も罪のない一般市民の1人殺してしまう為、あまり彼に好感が持てませんでした。
まぁ元々大魔神は荒ぶる神で、自然環境のような人間の太刀打ちできない力の象徴であり、人間の都合など知ったこっちゃないので仕方ないかもしれませんが…。
今現在リメイク版の「大魔神カノン」の公式サイトでは、2作目以降の性格だけが紹介されているそうですが、どうやら本作は黒歴史になっているみたいです。
しかし特撮はよく出来ており、ミニチュアセットも細かい所までちゃんと作ってありますから本物に見えますし、大魔神も他の巨大ヒーローや怪獣と違って、デカすぎていない所が逆に実際にいそうなリアルさがあって、ゆっくりとした動きも重量感がありました。
大魔神を演じた橋本力さんは、これで初めてスーツアクターをやったそうですが、とてもそれを感じさせない上手さで、大魔神のイメージや雰囲気にぴったり合っていました。
映画自体の出来は大魔神のキャラに少し不満があるものの、それ以外はまったく問題がないので、この手の作品が好きな人なら絶対楽しめると思います。
a0265223_2229251.jpg
a0265223_22382152.png

スタッフ
製作:永田雅一
企画:奥田久司
監督:安田公義
撮影:森田富士郎(本編・特撮とも)
助監督:西沢鋭治
擬闘:楠本栄一
美術:内藤昭
録音:林土太郎
音響効果:倉嶋暢
照明:美間博
スチール:藤岡輝夫、小山田輝男
製作主任:田辺満
編集、記録:山田弘
脚本:吉田哲郎
音楽:伊福部昭
特技監督:黒田義之
合成:田中貞造
合成作画:渡辺善夫
魔神造形:高山良策
現像:東京現像所


キャスト
花房小笹:高田美和
花房忠文:青山良彦、二宮秀樹(少年時代)
猿丸小源太:藤巻潤
大舘左馬之助:五味龍太郎
花房忠清:島田竜三
犬上軍十郎:遠藤辰雄
巫女の信夫:月宮於登女
中馬逸平:伊達三郎
竹坊:出口静宏
吾作:尾上栄五郎
原田孫十郎:黒木英男
小郡主水:伴勇太郎
梶浦有助:杉山昌三九
元木半蔵、大魔神:橋本力


劇中の一部です↓

1枚目:Poster for Daimajin (aka Majin the Hideous Idol, aka The Giant Majin) (1966, Japan) - Wrong Side of the Art
2枚目:大魔神もダイモンも蘇る「特撮王国スペシャル~大映特撮からの挑戦状」の現場を取材してきた - GIGAZINE
参考:ニコニコMUGENwiki - 大魔神大魔神 - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2012-12-08 19:39 | 特撮、モンスター | Comments(0)