ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

大魔神怒る

今日は同じく12月2日に買ったDVD「大魔神怒る」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
戦国時代、名越の一族と、本家筋にあたる千草の一族が平和の日々を送っていた八雲の湖の真中には、守護神の武神像が祀られた神の島があった。千草城の城主を務める青年千草十郎は、許婚である名越一族の娘早百合と共に領内の平和を祈って神ノ島の武神像のもとを訪れると、武神像の顔が赤くなるという不吉の前兆を見た。
やがて、悪名高き隣国の領主御子柴弾正が攻め込んでくると、武神像は砕かれて湖に沈められ、捕らえられた十郎と早百合は火あぶりの刑に処される事となった。
そして風前の灯火となる中で必死に祈る早百合の願いを聞き届けた武神像は、大地を揺るがし湖を割って出現し、 怒り狂った形相で弾正らを滅ぼし、水滴となって消えたのだった。


解説&感想
大ヒットした「大魔神」の続編。と言っても前作とは何も繋がりや関わりはなく、完全に独立した物となっています。その事もあって大魔神の設定も変わっており、本作では神の島にいる水の神様として登場しています。
前作では敵だけでなく味方からも恐れられる大魔神でしたが、今回は悪人を倒すと静かに消えていく勧善懲悪なキャラクターになっており、すっかりヒーローになっています。当然一般市民を殺す事は一切なく、十字架に縛り付けられた人を救出した時優しくそっと下ろすなど、穏やかな性格になっており、前より好感が持てる存在になっています。
今回はガメラシリーズにも何度か出演していた本郷功次郎さんが出演していますので、前作以上に特撮映画らしくなったと言えるでしょう。
しかし大魔神が暴れるシーンは演出の関係もあって前作にそっくりで、そこはワンパターンだと思ってしまいがちですが、まぁ時代劇だから仕方ないといった所でしょうか(笑)。
僕がこの映画、というより「大魔神」シリーズで一番好きなシーンは、湖からゆっくりと姿を現し顔を変えた後、モーセの十戒のごとく湖を2つに割って、そこを移動する大魔神です。
このシーンはほんの少ししかありませんが、非常に迫力があり壮大さやスケールのデカさが感じられる、まさにこの映画の一番の見せ場です。
「大魔神」シリーズは1966年に3本も作られた事もあって、色々と大変だったと思いますが、このシーンはそんな作り手達の苦労を癒せる素晴らしいシーンです。
もしこれらをCGでやっても、こんなに夢中になる事はないでしょう。何故ならCGなんだからそれぐらい出来て当たり前でしょう?となってしまうから。
もうこのシーンを観るだけでも、十分価値があります。やはり神様に不可能はないようです。
最後になりますが、大魔神の着ぐるみは前作はウルトラ怪獣をいくつか作った高山良策さんという方がやったそうですが、今回はガメラシリーズでお馴染みのギャオスを作ったエキスプロダクションだそうです。
a0265223_20193878.jpg
a0265223_20223573.jpg

スタッフ
製作:永田雅一
監督:三隅研次
助監督:西沢鋭治
撮影:森田富士郎(本編、特撮とも)
撮影助手:田中省三
美術:内藤昭
美術助手:加藤茂
録音:大角正夫
音響効果:倉嶋暢
照明:美間博
照明助手:古谷賢次
編集:菅沼完二
擬闘:宮内昌平
スチール:藤岡輝夫、大谷栄一
製作主任:今村喬
脚本:吉田哲郎
音楽:伊福部昭
特技監督:黒田義之
合成:田中貞造
合成作画:渡辺善夫
魔神造形:エキスプロダクション
現像:東京現像所


キャスト
千草十郎時貞:本郷功次郎
早百合:藤村志保
度々平:丸井太郎
名越兵衛:内田朝雄
鬼子島玄蕃:北城寿太郎
荒井一角:藤山浩二
名越勝茂:上野山功一
御子柴弾正:神田隆
田部隼人:平泉征
土肥嘉門:水原浩一
鐘撞き和助:寺島雄作
吾藤三郎太:高杉玄
太助:黒木英男
とよ:三木本賀代
くめ:橘公子
竜太:加賀爪清和
しげ:小柳圭子
池長俊平、大魔神:橋本力


メインタイトルです↓

音楽があの伊福部昭さんという事もあって、ゴジラにそっくりです。


1枚目:Daimajin (1966) « SKREEONK!
2枚目:「大魔神」「ガメラ」昭和&平成シリーズがブルーレイでリリース決定|ブルーレイ&シネマ一直線
参考:大魔神とは - ニコニコ大百科大魔神 - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2012-12-09 12:30 | 特撮、モンスター | Comments(0)