ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

桃太郎 海の神兵

昨日はニコニコ動画で「桃太郎 海の神兵」を観ましたので、その事について書きます。
この作品はエースロボット改さんの紹介で一度観た事があるのですが、もう1度観たいという思いとそれの感想文を書きたいと思っていましたので、また観る事にしました。


ストーリー
アメリカ軍に占領された南方の島を解放するため、海軍落下傘部隊を率いる桃太郎は犬・猿・雉・熊・兎ら動物たちを率いて出撃。前線基地を築き攻撃の準備に余念のない彼らだが、一方で言葉を喋れない現地の動物に日本語の教育を施しつつ、共に歌い踊るなど楽しい一幕も。だが、偵察機が命からがら敵地の航空写真を持ち帰ったことで、いよいよ戦いの機運が高まる……。


解説&感想
桃太郎をベースにしたプロパガンダアニメで、「桃太郎の海鷲」の姉妹編。
敵のアメリカ人がヘナチョコのヘタレキャラとして描かれており、あっさり倒されてしまう所はプロパガンダかなって気がしますが、それ以外は戦争物の要素は殆どなく、動物達が楽しそうに過ごしている日々がメインに描かれていました。
きっとこんな辛くて長い戦争を早く終わらせて、昔みたいに平和に暮らしたいという願いが込められているような気がしました。
ある意味プロパガンダの殻を被った、反戦アニメと言えるでしょう。実際作った人達も、子供たちに夢や希望を与えるような作品にしようとしたらしいですし。
本作はディズニーが製作した「ファンタジア」の影響を受けたらしく、絵と動きが大変綺麗でまったく色褪せていません。空は非常に奥行があって旗の動きも立体感があり、飛行機も本物に見えるシーンもあります。大航海時代を描いたシーンに登場する人間のキャラは、ロトスコープを使っているかのように見えました。
また本作にはミュージカル映画的な所があり、歌うシーンが多いのですが、一番印象に残ったのは「アイウエオの歌」(5/9で聴けます)です。使用した回数が多いというのもありますが、作りが簡単で覚えやすいからです。実際当時学生だった手塚治虫さんは、これを観て涙が出る程感動し、「ジャングル大帝」を作った時この「アイウエオの歌」をオマージュしたそうです。まさに日本のアニメの全ては、ここから始まったと言っても過言ではありません。
結論になりますが、これはプロパガンダとして作られた事が勿体ないアニメです。
18禁のアダルトアニメと同様、プロパガンダアニメというだけでドン引きしてしまいがちですが、これはそんな理由で誰にも知られる事なく歴史の闇に葬られてしまうのは、あまりにも惜しいです。
現在はビデオが出ただけで、DVDやブルーレイが一切出ていませんが、是非綺麗な状態にして出して後世に残すべきです(ビデオでは「くもとちゅうりっぷ」と同時収録されているようだが、これはおそらく両者が同時公開された事があるのを意識したと思われる)。
a0265223_17261888.jpg
a0265223_1728241.jpg

スタッフ
演出、脚本、撮影:瀬尾光世
構成:熊木喜一郎
動画:桑田良太郎、高木一郎、小幡俊治、木村一郎
美術構成、背景:黒崎義介、田中武重
影絵:政岡憲三
音楽:古関裕而
作詞:サトウハチロー
演奏:大東亜交響楽団、松竹軽音楽団
合唱:ニッチク合唱団
後援:海軍省
指導:大本営海軍報道部
製作:松竹動画研究所


本編はこちら↓
桃太郎 海の神兵 1/9
桃太郎 海の神兵 2/9
桃太郎 海の神兵 3/9
桃太郎 海の神兵 4/9
桃太郎 海の神兵 5/9
桃太郎 海の神兵 6/9
桃太郎 海の神兵 7/9
桃太郎 海の神兵 8/9
桃太郎 海の神兵 9/9


初音ミクが「アイウエオの歌」を歌った動画もありますので、もし良ければどうぞ↓

これを書いている時に気づいたのですが、このアニメの声優をやった人達って、ニッチク合唱団という所に所属しているメンバーが担当したのではないでしょうか?
「くもとちゅうりっぷ」も歌を担当した人達がそのままキャラを演じたらしく、本作の声優も演技は悪くなくてもちょっと素人臭さがあった事を考えますと、ひょっとしたらそうかもしれません。
本編には一切クレジットされておらず、ネットで調べても全然書いてなかったので、実際演じた人達が誰なのかサッパリ分かりません。
どうも昔の日本は、声優やスーツアクターといった顔を出さない役者に冷たかったようで、せっかく出演してもノンクレジットが多くて誰が演じているのか分からない事が多いですから(ウルトラセブンのガッツ星人、ウルトラマンエースのヤプール、初期のガメラシリーズなど)。
ここに書いた事と同じになりますが、アメリカでは例えノンクレジットでも、本やネットで調べれば誰が演じているのか殆ど分かりますから、まだマシと言えます。


1枚目:桃太郎 海の神兵 ビデオ・ ネットレンタルの株式会社Kプラス
2枚目:桃太郎 海の神兵 - Wikipedia(参考にも使った)
参考:映画 アニメ 桃太郎 海の神兵 - allcinema文部省非推奨映画 「桃太郎 海の神兵」桃太郎 海の神兵 - みんなのシネマレビューMomotarô Umi no shinpei (1945) - IMDb
[PR]
by asabatyou | 2012-12-29 17:53 | アニメ | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2014-12-04 19:24
今日は昨日来た、本作のDVDが来ましたので、それを見ていた。
やはり面白い作品や良い作品に、ジャンルやメディアは関係ありません。
それが例えプロパガンダアニメや、アダルトアニメであってもです。