ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

西遊記(1960年版)

昨日は借りたDVDの1枚「西遊記」(1960年版)を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
石から生まれた猿は、群れのボスになっただけでは満足出来ず、人間より偉くなりたいと彼らに弟子入りし孫悟空と名乗った。
ところが孫悟空は完全に調子に乗って、いたずらばっかりするようになった為、お釈迦様によって岩の中に封印されてしまった。
何とか三蔵法師に救われた悟空は彼と共に旅へ出る事になったが、その先には様々な危険が待っていた…!!


解説&感想
有名な昔話を、手塚治虫さんが劇場アニメ化したもの。
確か小学4年生ぐらいにテレビでやっていました。「オ~レは孫悟空~♪孫悟空~♪」という歌が凄く印象に残っていた為、それをまたこうして観る事が出来たのは凄く嬉しいです。
基本のストーリーは一緒ですが映画という事もあるせいか、敵は金角・銀角の2人組と牛魔王といった有名なキャラのみでした。
一応日本のアニメですが、絵や動きなどディズニーを思わせる所があり、特に沙悟浄と牛魔王はディズニーの悪役にそっくりでした。「くもとちゅうりっぷ」や「桃太郎 海の神兵」にも言えますが、この頃はアニメ=ディズニーだったという事でしょうか?いずれにせよ、まだ日本のアニメのスタイルが確立しておらず、後の作品とは違うと思いました。歌うシーンが多いのも、これが理由でしょう。
また猪八戒といったお馴染みの仲間達が縛られて、火口のような巨大な鍋に落とされそうになるシーンが、後の「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」にそっくりだったのですが、ひょっとしたら元ネタなのかもしれません。
しかしこれを観て、「日本ってこの頃から凄かったんだな」と思いました。ハリウッド映画が昔から凄かったのはもう分かり切っていましたが、日本もそれらに負けず誰が観ても楽しめるクオリティが高い作品を作っていた事を知って、大変嬉しく誇りに思います。
a0265223_1950232.jpg
a0265223_195399.jpg

スタッフ
演出:手塚治虫、藪下泰司
脚本:植草圭之助
構成:手塚治虫
音楽:服部良一
主題歌:山東昭子
製作:大川博、東映動画
配給:東映
作画:りんたろう(動画)〔クレジット「林重行」〕、大塚康生(原画)、楠部大吉郎(動画)
編集:宮本信太郎


キャスト
孫悟空:小宮山清
燐々:新道乃里子
猪八戒:木下秀雄
沙悟浄:篠田節夫
三蔵法師:関根信昭


予告編です↓

そういえば、この時悟空を演じた小宮山清さんという方は、「ウルトラQ」の第1話で次郎少年の声をやっていた人ですね(何故役者本人に喋らせなかったのかは不明)。ウィキによりますと今現在は引退しており、台湾で暮らしているそうです。


1枚目:昭和三十年代こんな映画観てた ! その六 - 風こぞうのブログ - Yahoo!ブログ
2枚目:東映チャンネル5月 アニメラインナップ 東映[衛星放送]
参考:西遊記(1960) - みんなのシネマレビュー映画 アニメ 西遊記 - allcinema小宮山清 - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2013-02-10 10:07 | アニメ | Comments(6)
Commented by エースロボット改 at 2013-02-12 17:51 x
西遊記はいろんな形で映像化してますが、こういうのもあったんですね。
私が小さい頃は西田敏行さん出演のものや、ドラえもんのパラレル西遊記で西遊記を知ったものです。これもなかなかおもしろそうですが、言われてみるとなるほどディズニーの画風によく似ていますね。時期からして、ディズニーの影響を受けたんだろうとは私も思いました。
それに西遊記は冒険モノの古典だけに、日本のアニメにもかなり影響を与えてますよね。宇宙戦艦ヤマトのストーリーは、はるかかなたに救いのアイテムをもらいに行くという点で下敷きになっているそうです。
もっとも今では「孫悟空」といって真っ先に西遊記を連想する人はあまり多くないでしょうねえ(笑
Commented by asabatyou at 2013-02-13 18:55
「西田敏行さん出演のもの」堺正章さんや夏目雅子さんが出演しているバージョンですね。やっぱり西遊記といいますと、そちらの方が有名でイメージが強いのでしょうか?僕は歌しか知らないのですが、特撮を円谷プロが担当しているようで、ファンタジー物らしい作りになっていると思っています。

「日本のアニメにもかなり影響を与えてますよね。」「もっとも今では「孫悟空」といって真っ先に西遊記を連想する人はあまり多くないでしょうねえ(笑」マイナーな作品ですが、「アソボット戦記五九」も完全に西遊記を元にして作られています。「ドラゴンボール」シリーズも初めは西遊記を元にしていましたが、途中から別物になって独自の発展を遂げたといった感じですね。
Commented by エースロボット改 at 2013-02-15 17:43 x
まあ、孫悟空といえば今じゃだいたい地球育ちの優しいサイヤ人のほうが連想されるでしょうね。
実は、私は最近ドラゴンボールにはまってまして、ニコ動でMADを探したり、今度の新作映画も見に行くつもりです。ま、ノリ過ぎてかめはめ波の練習をしたのを見られて笑われたりもしましたが、asabatyouさんにもそんな思い出はないですか?
ところで、ロシアに隕石が落ちたそうですね。もしかして、フリーザ一味の宇宙船だったり(笑
Commented by asabatyou at 2013-02-15 19:06
僕はドラゴンボールといいますと、話が中々進まなくてイライラしたという思いしかありません(笑)。

「ところで、ロシアに隕石が落ちたそうですね。」今日仕事終わった時、母親から教えられてびっくりしました。
実はこの頃創作物で隕石が原因で怪獣が誕生してしまうみたいなネタを考えていた事もあって、まさか現実になったのでは…?と思ってしまいました。
Commented by ae at 2013-02-16 03:45 x
ロシアの隕石の件ですが幸いにも死者は出てないようです。ですが落ちた所の地名がウラルなのでちょっと肝が冷ました。
Commented by asabatyou at 2013-02-16 14:05
そうですか。ひょっとしたら死者が出たのではと心配していたのですが、それを知って安心しました。
まぁ落ちた場所があれですが…。