ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

標的は地球/ロボット大襲来

今日は買ったDVDの1枚「標的は地球」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
ベットで眠っていた女性ノーラ・キングは、朝起きるとまったく誰も人がいない事に気づく。
途中で他の人達と出会って、彼らと協力しながら一体何があったのかを調べようとするが、そこに恐ろしい敵が襲い掛かってきた…。


解説&感想
元は原題を直訳した「標的は地球」という邦題の、完全な日本未公開映画。
製作は後に「巨大猿怪獣コンガ」や「地底の原始人・キングゴリラ」を手掛けるハーマン・コーエンで、主演は「大アマゾンの半魚人」や「黒い蠍」で有名なリチャード・デニングです。そういう意味ではSF映画らしい王道な作りと言えるでしょう。
僅かに生き残った主人公が謎の敵に襲われながらも、一体何が起こったのかを調べるサスペンス要素の強い映画で、中々緊張感があって楽しめます。
ロボットもレトロなデザインで味がありますが(人気もあるようで、商品化されたらしい)、出番が少な過ぎかな(笑)?初代「プレデター」みたいなノリでやった方が面白かったかもしれません。
映画自体も後になるに連れてちょっとグダグダ気味になり、ロボットも本格的に活躍すると思っていたら、あっさり倒されてしまうし、ちょっと面白みに欠けていました。
低予算映画な為安っぽい雰囲気があり、等身大のロボットなのにビルに映った影が明らかに巨大という不自然で、いい加減なシーンがあったりしますが前半は良かった。そんなところです。
a0265223_16463717.jpg
a0265223_16514018.jpg

スタッフ
監督:シャーマン・A・ローズ
製作:ハーマン・コーエン
原作:ポール・W・フェアマン「Deadly City(死の都市)」
脚本:ジェームズ・H・ニコルソン、ヨット・オーダン、ウィリアム・レイノア
撮影:ガイ・ロウ
音楽:ポール・ダンラップ
美術:ジェームズ・W・サリヴァン
特殊効果:デイヴ・コエラー


キャスト
フランク・ブルックス:リチャード・デニング
ビッキー・ハリス:バージニア・グレー
ノーラ・キング:キャサリン・クロウリー
ジミー・ウィルソン:リチャード・リーヴス
エイリアン・ロボット:スティーヴ・カルヴァート(ノンクレジット)


予告編です↓

やっぱりロボットは、ポスターみたいに巨大な方が良かったかも。
後このロボットの中の人が、ゴリラ役者でもあるスティーヴ・カルヴァートでした。こういうキャラも演じていたのか(笑)。


画像:Poster for Target Earth (1954, USA) - Wrong Side of the Art
参考:Blog - ロボット大襲来映画 ロボット大襲来 - allcinemaSF MOVIE DataBank:標的は地球映画 ロボット大襲来 - Target Earth MOVIE-FANTarget Earth (1954) - IMDb
[PR]
by asabatyou | 2013-02-16 15:57 | 特撮、モンスター | Comments(5)
Commented by ae at 2013-02-20 23:38 x
随分と時間が掛かりましたが、この度自分のブログを開設することになりましたasabatyouさんに迷惑を掛ける事も在るかも知れませんが今後とも仲良くやっていけたらいいなと思います。
Commented by asabatyou at 2013-02-21 18:33
いや迷惑だなんて、昔自分がやっていた事に比べればずっと良いですよ。
僕もブログをやり始めたばかりの頃は、何が何だか分からない状態だったので、問題発言が多かったのですが、http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF%E2%80%95%E8%B6%85%E7%A9%BA%E6%83%B3%E7%94%9F%E7%89%A9%E5%A4%A7%E7%99%BE%E7%A7%91-Million-mook%E2%80%95%E6%96%B0%E6%98%A0%E7%94%BB%E5%AE%9D%E5%BA%AB/dp/4813003648/ref=sr_1_2?s=books&ie=UTF8&qid=1361438039&sr=1-2やhttp://www.ceres.dti.ne.jp/~dune/videoindex/1900.htmみたいに映画解説をやっている本やページの影響、自分がかつて趣味でやっていた映画ノート(自分が観た映画の感想と解説を書くノート)を思い出した事、The Angry Video Game Nerd=Cinemassacreの映画やゲームの解説(http://www.nicovideo.jp/watch/sm20097650)が気に入った為、自分もそういう方向でやりたいと思って、現代に至っております。
何だか自分の事ばかり書いてしまって申し訳ございませんが、こちらこそ今後とも仲良くやっていきたいです。
Commented by ae at 2013-02-22 00:26 x
有難う御座います。自分のブログでも書いたのですがいかんせんやりたい事が多すぎて何を書いたらいいのか迷って仕舞います。
こんなにも情けない自分ですが今後とも宜しくお願いします
Commented by asabatyou at 2013-02-22 18:01
こちらこそ、よろしくお願いします。
まぁ書きたい事を全部やろうとせず、少しずつ分けて書くのが一番ではないかと思います。
Commented by asabatyou at 2015-08-09 23:27
文章の一部に不満がありましたので、そこを変えました。