ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

大怪獣出現

昨日は買ったDVDの1枚「大怪獣出現」を観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
太平洋への降下訓練を行う兵士と、その引き揚げに向かったボートの乗組員が怪死した。犠牲者が民間人にも及ぶ中、調査にあたる海軍は海中に潜む奇怪な怪物を発見。怪物の正体は、原爆実験によって割れた海底の地殻から出現した、太古の巨大軟体動物であり、その数は1匹だけではなかった。カリフォルニア湾岸に怪物の脅威が迫る中、水路を塞き止め怪物の巣の壊滅を図る海軍。だがその頃、海軍研究室に捕獲されていた怪物は深い眠りから覚めようとしていた!


解説&感想
ワーナー・ブラザーズが製作した「放射能X」のヒットにより、生物が巨大化して人間に襲い掛かる映画が沢山作られました。
バッタ、カマキリ、タランチュラ、人間など、もう言い出したらキリがありません。
これもその中の1つで、海底に住んでいる巨大なカタツムリ(どう見てもイモムシだが)と人類の死闘を描いた作品です。
邦題は「大怪獣出現」ですが、その大きさは約5メートルぐらいで、大怪獣とは言えません。大袈裟なタイトルだ。でも原題も「THE MONSTER THAT CHALLENGED THE WORLD(世界に挑戦した怪獣)」だから、もっと大袈裟だ(笑)。でも劇中では「コイツらが世界中に現れたら、大変な事になる」みたいなセリフがありましたから、あながち間違いではないかも。これが「ウルトラQ」のナメゴンやゴーガぐらいの大きさだったら、もっとしっくりしますが。
さて内容ですが、最初は人々が何者かに殺される事件が起きて怪獣は姿を見せませんが、後半は主人公達が敵を研究して奴らを倒す為の作戦をするという、「ジョーズ」や「放射能X」を合わせた感じとなっています。
このカタツムリ怪獣の出来が大変良く、リアルなだけでなく何とも言えない不気味さがあります。これは「白鯨」の白いマッコウクジラを作ったオーガスト(ガス)・ローマンという人が作ったらしく、その人のおかげでしょう(商品化もされたみたいですがこれらの出来も良いです)。
日本では短縮され、さらにメギラという名前が勝手に付けられて、「サンダーバード6号」と2本立てで公開されたそうです。
a0265223_11224277.jpg
a0265223_11304446.jpg

スタッフ
監督:アーノルド・レイヴェン
製作:ジュールス・V・レヴィ、アーサー・ガードナー
原作:デヴィッド・ダンカン
脚本:パット・フィールダー
撮影:レスト・ホワイト
音楽:ハインツ・ロームヘルド


キャスト
ジョン・トワィリンガー少佐:ティム・ホルト
ガイル・マッケンジー:オードリー・ダルトン
ドクター・ジェス・ロジャース:ハンス・コンリード
ジョディ・シムス:バーバラ・ダロウ


予告編です↓

1枚目:大怪獣出現-世界最強怪獣メギラ登場!は、12-23発売 - 閑刻メディア - Yahoo!ブログ(参考にも使った)
2枚目:The Monster That Challenged the World (1957) FEARnet
参考:映画 大怪獣出現 - allcinema大怪獣出現 世界最強怪獣メギラ登場! モンスターパニック―超空想生物大百科モンスターメイカーズ―ハリウッド怪獣特撮史あなたの知らない怪獣マル秘大百科SF MOVIE DataBank:大怪獣出現The Monster That Challenged the World (1957) - IMDbBlog - 大怪獣出現
[PR]
by asabatyou | 2013-02-23 10:49 | 特撮、モンスター | Comments(2)
Commented by エースロボット改 at 2013-02-23 18:32 x
こりゃまた恐ろしくグロテスクな造形の怪獣ですね。子供が見たらトラウマ間違いなしの、大人向けのモンスター映画というところかと感じました。
メギラという名前はどこからきたのでしょう?目がギラギラしてるからでしょうか?

「コイツらが世界中に現れたら、大変な事になる」
どことなく、ジラを連想させる設定ですね。数を頼みに来る怪獣というのはなんとなく情けない気がしますが、考えてみたらゴジラみたいな大怪獣一匹より、デストロイア幼体やメガヌロンの大軍団のほうが人類には脅威かもしれません。
Commented by asabatyou at 2013-02-23 19:25
この怖い外見がまた良いんですよ。初めて知った時から印象に残った怪獣です。

「メギラという名前はどこからきたのでしょう?目がギラギラしてるからでしょうか?」そこまではどこにも書いてありませんので、まったく分かりません。まぁ完全な後付けですし(笑)。

「数を頼みに来る怪獣というのはなんとなく情けない気がしますが、」結構あっさり倒されちゃいましたからね(笑)。動きも鈍いですし(笑)。でももしコイツらが実際にいたら、絶対に怖いですよね。見た目がもう怖いですし、しかも水中だけでなく地上でも自由に行動出来ますから、これはもう脅威ですよ。