ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

アーミクロン

昨日は借りたDVDの1枚「アーミクロン」を観ましたので、その事について書きます。
レンタル屋で偶然見かけて興味を持ち、迷いましたが観てみる事にしました。


ストーリー
ビデオゲームのヒロインを英雄と称えるような冴えない青年が、悪ガキ達と一緒に軍の敷地内へキャンプに来ていた。しかし一緒にキャンプと言っても青年の役割はパシリに過ぎず、悪ガキ達から薪集めを命じられ、森の中を歩き回ることとなった。森の中で青年は、赤いペンダントが落ちているのを見つけ、こっそり胸ポケットにしまいこんだ。そして薪集めを再会しようとするのだが、謎の発光物体が森の中に落下したのを目撃した彼は、その正体を探るべく仕事も忘れて一人森の奥へと足を踏み入れた。暗い森を歩き回った青年はやがて、怪しいスーツを身に纏った二人の女性に遭遇した。彼女らは全宇宙の支配を企む帝王ルーカスの手によって故郷の星を滅ぼされた宇宙人で、彼の次の狙いである地球へ警告しに来たのである。ところがルーカスの軍は強大で、このままでは地球に勝ち目は無い。伝説の超人アーミクロンに変身できるペンダントも、二つ無ければ効果を発揮しないと言うのにその内一つを森の中に落としてしまったのだそうだ。だがその時、青年の胸ポケットに入っていたペンダントと彼女らの持っていたペンダントとが反応し、青年の体は伝説の超人アーミクロンに変身した。青年が拾っていたペンダントは、まさしくアーミクロンに変身する力を秘めていたものだったのだ。アーミクロンの力を得た青年は無敵のヒーローとなり、次々とやってくるルーカスの刺客をバッタバッタと薙ぎ倒して行く。


解説&感想
韓国が製作した「パワーキング」というヒーロー物の映像を流用し、アメリカが製作したテレビ映画。
なので登場人物がアメリカ人になっているだけで、それ以外はパワーキングと同じらしい。
ストーリーはいじめられっこの冴えない若者が、「君は選ばれたんだ!!」と言わんばかりに不思議な力を手に入れて、スーパーヒーローに変身するというよくあるパターンで、特に言うべき所はない。
一応ヒーローやその悪役は着ぐるみや特殊メイクで撮影されていますが、デザイン造形揃って酷い。
主人公のアーミクロンは中の人の首が見えちゃっているシーンがあるし、戦闘員はまるでダース・ベイダーの出来損ないみたいで、まるでキャラクターショーや自主製作レベルだ。
だが本作の問題は、それだけではなかった。
まず戦闘シーンだけど、ちゃんと見せる気がないせいかカメラアングルが悪くて、何をやっているのか分からないシーンがある。ヒーロー物と言ったら、バトルシーンは絶対に欠かせない最も重要な物なのに、それを見せないでどうする!!
主人公達が中ボス的存在の敵キャラに追いかけられるシーンだって、さっきまで夜だったのに急に真っ昼間になるなど滅茶苦茶だ。
後半になると、主人公とは何も繋がりがない軍隊とエイリアン軍団の戦いが描かれるんだけど、このシーンが無駄に長くてアーミクロンも殆ど出てこないんだから、これではどっちが主役なのか分からん(笑)。
「ロボコップ」のED-209や「スター・ウォーズ」のAT-STみたいな敵ロボも、明らかにプラモデル然とした酷い出来で、動きもおもちゃみたいに力なくテクテクと動き回る情けなさ…。
まともに動かせない事を誤魔化す為か、体の一部のみで全身がちゃんと映るシーンが一切なかったけど、あまり意味ないと思うぞ(笑)。
ラスボスも一度アーミクロンを倒しているはずなのに、殆ど逃げてるだけで何も出来ないまま倒されちゃったし、ヒロインも囚われの身となっていた祖父と一緒に敵の基地を脱出しようとした時に、基地が爆発しそうになって「わしの事は良いから、お前達だけでも逃げろ!!」と言った途端に、あっさり置き去りにしたからね(笑)。これで「助けられなかった」と言っても、お前ら最初から助ける気なかったんじゃねぇの(笑)!?
所謂完全な低予算のB級おバカ映画であり、「過度な期待はしないでください。」 って事だな。
a0265223_19443523.jpg
a0265223_19473990.png

スタッフ
監督:コレマン・デカー
製作:ヤン・ホー・リー、ウィリアム・マックアビアン
脚本:リチャード・ギルバート
撮影:クラーク・マディス


キャスト
バリイ/アーミクロン:マイケル・ブナタ
カトリーナ:ジョディ・アンダーソン
リー・チン:ヘレン・ミヤ


劇中の一部です↓

しかし2000年(98年という表記もあり)に作られたとは思えないチャチさだ(笑)。
これを観て、改めて日本の特撮の凄さを思い知ったよ。「プルガサリ」や「北京原人の逆襲」などだって、特撮は全部日本が担当したぐらいだからね。



1枚目:DVD アーミクロン2001-04-25発売 - DVD情報 allcinema(参考にも使った)
2枚目:Армикрон в незаконной власти - База фильмов
参考:アーミクロン - WikipediaこんなB級映画はどうでしょう!? アーミクロンアーミクロン
[PR]
by asabatyou | 2013-03-18 18:21 | 特撮、モンスター | Comments(3)
Commented by asabatyou at 2013-03-24 10:03
もう1枚借りたDVD(昨日返したけど)は、http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/20130323で書きました。
理由もそちらで書きましたから、詳しい事はここでは書きません。
もしまたこっちで何かありましたら、初代ブログに書くかもしれません。
Commented by asabatyou at 2015-06-04 21:02
文章の一部を変えました。
少し満足出来ない部分があったからです。
Commented by asabatyou at 2015-08-05 22:36
文章の一部に不満がありましたので、そこを削除しました。