ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

モンスターメイカー

昨日は買ったDVDの1枚「モンスターメイカー」をやっと観ましたので、その事について書きます。
これを知ったのはお気に入りに入れているページの1つを見ていた時に、レイ・コリガン演じる着ぐるみのゴリラが出ている事を知ったからです(笑)。


ストーリー
医学博士のイゴール・マルコフ博士は、ピアニストであるアンソニー・ローレンスの娘パトリシアに、一方的な愛情を抱くようになる。
アンソニーに会ったマルコフは、「あなたの娘は、私の亡き妻にそっくりだ。だから彼女と結婚したい」と言うが、アンソニーは当然こんなストーカー野郎を受け入れるはずがなく、「これ以上しつこく付けまとうと、警察を呼ぶぞ!!」と警告する。
だがマルコフは帰ろうとしたアンソニーを、いきなり後ろから殴って気絶させ、その隙に先端巨大症(現代の末端肥大症とは別)の血清をアンソニーに投与してしまう。
最初は何ともなかったアンソニーだったが、少しずつ変化し、最後は醜い怪物に変身してしまう。


レビュー
所謂マッドサイエンティスト物の映画。
悪役がとにかく憎々しい(と同時に不気味さもある)作品で、惚れた女を手に入れる為に邪魔であるその父親を怪物に変えたり、自分に嫌気が差して縁を切ろうとしている助手を、凶暴なゴリラを使って容赦なく抹殺しようとするのだ。
他にも自分の立場を利用して、「お父さんの病気を治せるのは私しかいない。けどこの患者の面倒を1人で見るのは大変だ。だから結婚しよう」とパトリシアに迫り、彼女がそれを拒否すると「命令に従わないと、お前の親父を殺すぞ!!」と脅すなど、更なる非道の限りを尽くすのだが、悪役としては中々だ。やっぱり悪党は、悪党らしくないとね!
怪物の特殊メイクも出来が良く、映画自体も無駄なくテンポ良く進んでいく為、中々面白く結構楽しめた。個人的に、この映画は観て良かったと思っている。
また出演者の1人が、フランケシュタインの怪物で有名なグレン・ストレンジらしいけど、どこで出ていたんだろう?もしかしてマルコフの部下である白い服を着た、妙に背の高い男がそうか?だったら納得出来るんだが…。
そうそう。今知った事だけど、グレン・ストレンジは「船乗りシンバッドの冒険」でダグラス・フェアバンクス・Jrと共演していたようだ。
a0265223_201661.jpg
a0265223_2044526.jpg

スタッフ
監督:サム・ニューフィールド
製作:シグムンド・ニューフェルド
原案:ローレンス・ウィリアムズ
脚本:ピエール・ジェンドロン、マーティン・ムーニー
撮影:ロバート・クライン
音楽:アルバート・グラッサー


キャスト
イゴール・マルコフ博士:J・キャロル・ナイシュ
アンソニー・ローレンス:ラルフ・モーガン
マキシン:タラ・ビレル
パトリシア・ローレンス:ワンダ・マッカイ
ボブ・ブレイキ:テリー・フロスト
スティーブ:グレン・ストレンジ
スタック:アレクサンダー・ポーランド
アダムス博士:サム・フリント
ゴリラ:レイ・コリガン(ノンクレジット)


劇中の一部です↓

1枚目:13 THE MONSTER MAKER - PRC - 1944 - Music by Albert Glasser
2枚目:Michael May's Adventureblog The Monster Maker (1944)
参考:SF MOVIE DataBank:モンスター・メイカーThe Monster Maker (1944) - IMDb映画 モンスター・メイカー - The Monster Maker MOVIE-FANSFモンスター映画館 モンスターメイカーモンスターメイカー [DVD]
[PR]
by asabatyou | 2013-03-28 19:11 | 特撮、モンスター | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2015-08-05 22:06
文章の一部に不満がありましたので、そこを削除しました。