ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

魔女

今日は買ったDVDの1枚「魔女」をやっと観ましたので、その事について書きます。


レビュー
スウェーデンとデンマークの合作である、ホラー映画(スウェーデンが映画資本を導入したが、スタッフとキャストが全員デンマーク人で、撮影もデンマーク国内で行われたという)。
ホラー映画と言っても、その内容はまず古代世界における宇宙観を語った後、中世における悪魔や魔女について語るというドキュメンタリー形式の映画だ。
サイレント時代にドキュメンタリー形式の映画があった事にまず驚くが、悪魔や魔女といった架空の存在にスポットを当てたのは、これが初めてではないだろうか?
ドキュメンタリー映画は数多くあっても、こういう映画は他になく、中々新鮮味がある。
悪魔や魔女は特殊メイクや着ぐるみだったが(悪魔の1人は監督が自ら演じている。また一部ストップモーション・アニメで撮影された悪魔もいる)、これがまた絵の中から出てきたかのような、悪魔らしい姿をした正統派なルックスで作品の世界観に見事に合っており、何とも言えない不気味な雰囲気を出している(モノクロでサイレントである事が、余計に異世界的な感じが漂っている気がする)。
ただ最初は結構良かったけど、後になるにつれてテンポが悪くなり、再現ドラマの部分もそんなに面白くないのが残念。そこも良かったら、完璧だったと思うが…。
ちなみに本作はその内容が原因で、完成しても1年間公開されなかったり、スウェーデンやデンマークで公開されても評価が二分されたりなど、色々と苦しい立場に置かれたらしいが、第2次世界大戦後カルト的な人気を集め、1968年にナレーション付きで短縮版が公開されたそうだ。
あまり例のない作品なので、今までにない映画を観てみたいと思っている人は、是非一度観てみてはどうだろうか?
a0265223_18534487.jpg
a0265223_14424214.jpg

スタッフ
監督、脚本:ベンヤミン・クリステンセン
撮影:ヨーハン・アンカースチャーネ
舞台装置:リチャード・ロウ
編集:エドラ・ハンセン
記録:アリス・オフレデリクス


キャスト
悪魔:ベンヤミン・クリステンセン
魔女カルナ:エラ・ラ・クール
カルナの助手:エミー・シェンフェルズ
オールドミス:ケイト・ファビアン


予告編です↓

音楽は柳下美恵さんという方が担当しており、残念ながら「メトロポリス」や「ニーベルンゲン」と違って公開当時の音楽ではないそうですが、これも映画の世界観や雰囲気にぴったり合っていたので、文句なしの出来でした。



1枚目:聖なる夜の上映会閑話休題.html
2枚目:Portal Cinema Espaço Bizarro - Häxan (1922)
参考:Häxan (1922) - IMDb魔女 (1922・デンマーク・スウェーデン)-映画前評判Castle of the Darkness魔女 クリティカル・エディションにある解説書 Haxan - 1920年代のサイレントホラーが怖すぎる件 DDN JAPAN【TNLF_2012】『魔女』柳下美恵さんピアノ伴奏付き上映会とトークショーレポート映画と。
[PR]
by asabatyou | 2013-04-13 13:19 | 特撮、モンスター | Comments(2)
Commented by asabatyou at 2015-03-13 19:05
1枚目の画像を変更しました。
やはり1枚目は、ポスターかDVDなどのパッケージを使う方が良いなと思ったからです。
ない場合は、仕方ないんですけどね。
Commented by asabatyou at 2015-06-04 18:29
文章の一部を、変えておきました。
ちょっと可笑しいなという部分があったからです。