ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

行け!ゴッドマン(1972年版)

月曜日の話ですが、「帰ってきた“おはよう”ヒーロー 行け!行け!ゴッドマン&グリーンマンBOX」に収録されているゴッドマンを観ましたので、その事について書きます。


ストーリー
地球に様々な怪獣や怪人が現れて、猛威を振っていた。
だがそんな時、ファイヤーゴッド星から1人のヒーローがやって来た。その名はゴッドマン!!
頑張れ僕らのゴッドマン!!子供達を守って、悪い怪獣や怪人をやっつけろ!!


レビュー
黒澤映画やゴジラシリーズで有名な東宝が、「おはよう!こどもショー」内のコーナーとして作った特撮テレビドラマ。
2001年にファミリー劇場で再放送された時、そのあまりのくだらなさ、および無抵抗の怪獣を鈍器やマウントパンチで失神寸前に追い込む残虐シーンの多さが話題となり、ネットを中心にカルト的な人気を博し、ニコニコ動画でも面白がられて、様々なMADムービーが作られました(「らき☆すた」でも、ネタにされたらしい)。
これが理由で神男というあだ名が付けられ、鬼畜ヒーローの先駆け的存在にもなったのですが、今現在では殆どの動画が削除されてしまった為、かつて程の人気はもうないみたいです。
まぁ確かに観てみますと、バットマン(勿論有名なあのアメコミヒーローではなく、「緯度0大作戦」のコウモリ人間が再登場したもの。商標登録とか大丈夫だったんだろうか?)の翼が何度も取れそうになったり、ゴッドマンの背中が割れて中の人の体が見えそうになったり、ツノジラスの覗き穴が破れて中の人の顔が少し見えちゃっているなどお粗末な所が多く、戦闘シーンも「知られざる島/ジュラシック・アイランド」をゆっくりにした感じで、非常にグダグダしており、これはネタにされても仕方ないと言わざるを得ない出来です。
しかし巨大戦だけでなく等身大での戦いも多い為、1つの作品でウルトラマンと仮面ライダーの要素があるのは、他の作品ではあまり見られないので新鮮味があり、ゴッドマンもさらわれた女の子を助けたり(救助した後抱っこするのは良いけど、明らかにおっぱいを触っているのは如何なものか)、捕まった人の縄を解いたり、降参してもう戦う意志がない怪獣には手を出さなかったりしているので、何だかんだ言いつつも意外とヒーローらしかったりします。登場する怪獣も良い意味でB級臭さがあって、中々魅力があります(好きな怪獣はツノジラスとヤスゴン。今の所は)。その中にはガイラやカメーバ(何故か顎がなく、見ていて痛々しい)といった映画に登場した怪獣もいるのですが、まったく違和感なく溶け込んでいます。東宝怪獣はヒーロー物に登場する悪役をやらせても似合いますし、ある意味万能な存在と言えます。と言ってもウルトラ怪獣でもどの役をやっても似合う奴はいますし、ギララにも同じ事が言えますが。
結論になりますが、悪い所が目立つけど評価出来る所もあるといった感じです。ですが今現在出ているDVDは、ほんのごく一部のエピソードしか収録されていませんので、全部観てしまうと「何だこれ…」と思うかもしれません(笑)。
a0265223_1915769.jpg
a0265223_19164278.jpg

スタッフ
音楽:山下毅雄
制作:東宝企画


キャスト
怪獣おじさん:朝戸鉄也


劇中の一部です↓

これ書いている時に思ったのですが、もしかしてゴッドマンって日本のエド・ウッドみたいなポジションなのではないでしょうか(笑)?


1枚目:何しに来たの? - 辛抱しんちゃんのブログ七~正しい事をしていれば必ず成功する - Yahoo!ブログ
2枚目:METALORDER カードコレクション 行け!ゴッドマン
参考:行け!ゴッドマン - Wikipediaedymaxの動画追憶記(37) テーマ~神男の時代 ~ - edymaxの動画製作日記インサイター ゴッドマン怪獣図鑑ゴッドマンとは ニコニコ大百科ゴッドマンとは - はてなキーワード
[PR]
by asabatyou | 2013-04-24 17:54 | 特撮、モンスター | Comments(5)
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-05-02 22:48 x
「ゴッドマン」といえばコレを紹介しないわけには行きません(笑)、突撃!!アーマージャック」
hssp://nicoviewer.net/sm146648
興味が湧いたらこちらへ、、
hssp://dic.nicovideo.jp/a/%E7%AA%81%E6%92%83!!%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AF
まあ堂々としたパチモン臭がたまりません、、人形を使った「悶絶!!、、、、」の方はもっとくだらないエロ物ですのでご注意を、、、
Commented by asabatyou at 2013-05-03 17:24
アーマージャックですが、前に少しだけ観た事があります。最初観た時ゴッドマンの色違いかと思いましたが(笑)、http://www30.atwiki.jp/niconicomugen/?cmd=word&word=%E3%82%B4%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9E%E3%83%B3&type=normal&page=%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%AFによりますと、本当にゴッドマンがモチーフだそうです(マグマ大使もその1つらしい)。

実際に観てみましたが、怪獣の倒し方が赤い通り魔ことレッドマンにそっくりです。http://dic.pixiv.net/a/%E9%AC%BC%E7%95%9C%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BCによりますと、「後年になって、鬼畜ヒーローをパロディ化したと思われるキャラクターも多い。」と書いてあったのですが、もしかしたらアーマージャックもその1人なのかも(笑)。

「悶絶!!」の方は初めて知りましたが、もうこれは…(笑)。
鬼畜ヒーローシリーズと書いてありましたが、正直ヒーローでも何でもない気が(笑)。
股間にドリルが付いている所が、「フレッシュ・ゴードン」のピストン・ロボットみたいです(笑)→http://8446.blog79.fc2.com/blog-entry-1920.html
Commented by ざんぶろんぞ at 2013-05-04 08:48 x
>「突撃!!アーマージャック」
制作が元中京テレビのプロデューサーで喜井竜児さんと言う方で、深夜枠で「今甦る!昭和ヒーロー列伝」やその枠内で放送した「セーラーファイト」など特撮関連の専門でパチモンサミット等の企画者です。
hssp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E7%94%A6%E3%82%8B!%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E5%88%97%E4%BC%9D
Commented by asabatyou at 2013-05-04 11:07
そうだったのですか。こういう番組があったのですね。またやってくれたら嬉しいです。
それと「セーラーファイト」という作品についてですが、てっきり「ウルトラファイト」のキャラをセーラームーンに変えただけの、グダグダなバトル物だと思っていまいました(笑)。実際ページを見てみると、まったく違うそうですが(笑)。
Commented by asabatyou at 2015-08-21 19:11
スタッフの中に、本当に参加していたかどうか分からない方がいましたので、削除しました。