ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

爆裂天使

今日で今まで借りていた「爆裂天使」を観終りましたので、その事について書きます。


ストーリー
“撃たれてみるか?地獄で笑う野郎(オトナ)ども!”
時は20XX年の東京、新宿……。治安悪化に伴い、拳銃携帯が許可されたこの国、この街で、互いに敵対し合う裏のシンジケートの悪党たちでも、名前を聞いただけでおびえる謎の仕事人たちがいた。ジョウ、メグ、セイ、エイミー、4人の少女。彼女たちがどこから来たのか、何者なのか、そしてその目的は何なのか・・・知る者は誰もいない。
ある日、料理学校に通う少年、恭平は、コックのバイト募集の貼り紙を見て、この4人のもとへやって来た。平凡に暮らしていた彼は、折から発生した軍用兵器盗難事件に巻き込まれ、銃弾飛び交う暴力の世界へと引きずり込まれる。混沌とした東京を舞台に始まる、壮絶なガンアクション。果たして、この(ロボット兵器)盗難事件の裏には、どんな陰謀が隠されているのか?その悪しき陰謀が、彼女たちの前に明らかになった時、新宿を、そして東京を舞台に、壮絶な戦いが繰り広げられる!
地獄の天使たちの戦いは、ついにその火蓋を切った!


レビュー
GONZO製作のオリジナルアニメ。
元々前から興味があって観てみたかったのですが、やっとタイミングが掴めましたので観る事が出来ました。
内容はガンアクションでモンスターも出て来たり、雰囲気もスタイリッシュに決めているなど、まさに僕好みの作品でした。
ジョウもこの手の作品の主人公らしい好戦的な性格でありながらも、困った人や子供を助けたり、自分を救ってくれた恩人であるメグには感謝していて大切にしているなど、好きなタイプのキャラでした(最初は「低俗霊DAYDREAM」の崔樹深小姫みたいに口の悪さが目立ったが、話が進むにつれてそういう所は段々影を潜め、あまり喋らないキャラになった)。「デビルメイクライ」のダンテみたいに軽い性格で、いつでもふざけた調子と態度を崩さなかったり、3のバージルみたいにクールなキャラクターでも面白かったかもしれませんが。
ただ後半になるとジョウとメグ以外のメインキャラが殆ど登場しなくなり、みんなで一緒に活躍する事がなかったのが残念だったかな…。立場無恭平にいたっては、もういてもいなくても変わらなくて存在している意味がなかったし…。
全部CGで描かれたロボットもデザインはともかく、動きにそんなに魅力がなかったかな…。出来ればちょうど同じ頃に作られていた「鉄人28号」みたいに、CGじゃなくて手描きでやってほしかったなぁ…。
モンスターも印象に残る物や魅力のある奴がいないのも、何だかねぇ…。やっぱりアニメのモンスターで満足出来る奴は、「強殖装甲ガイバー」のゾアノイドぐらいかな。
う~ん悪くはないけど、不満もいくつかあるといった感じです。
そういえば2007年にOVAが作られたそうですが(テレビ版より、前の出来事を描いた物らしい)、いつかは観てみたいです。
a0265223_19541171.jpg
a0265223_19581195.jpg

スタッフ
原作:GONZO
監督:大畑晃一
副監督:浦田保則
シリーズ構成:志茂文彦
キャラクター原案:白亜右月
アニメーションキャラクターデザイン:堀内修、神本兼武
メカニカルデザイン:海老川兼武
音楽:西田マサラ
音楽制作:ビクターエンタテインメント
アニメーション制作:GONZO
製作:爆天計画


キャスト
ジョウ:渡辺明乃
メグ:豊口めぐみ
エイミー:高橋美佳子
セイ:田中理恵
立場無恭平:上田祐司(現:うえだゆうじ)



OPです↓

これ書いている時に思ったのですが、「デビルメイクライ3」のダンテの通常戦闘用BGMって、結構本作に合うんじゃないかな?と思ったりしました。歌詞や曲の作りからしてね。
バージルの曲でも良いかもしれない。特に「お前を地獄に歓迎する」という所は、似合いすぎですよ(笑)!!



1枚目:CRAバーストエンジェルVV(豊丸産業):パチンコビスタ(パチビス)
2枚目:Anime HoLic【アニメ壁紙・画像ギャラリー】
参考:爆裂天使DVD-BOX爆裂天使 - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2013-05-17 19:15 | アニメ | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2015-06-17 22:43
上田祐司さんですが、今は「うえだゆうじ」という名前で活動していますので、その事を書いておきました。