ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

映画の始まり、始まりの映画

昨日は1月に映画ワークショップをやった所と同じ場所で、またしても映画のイベントが行われました。
今回やった事は、映画がこの世に誕生してから現代に至るまでの出来事を、語っていくという物でした。
当然サイレント映画の事もやったのですが、一番印象に残ったのは「イントレランス」や「散り行く花」で有名なD・W・グリフィス監督の「東への道」でした。
この映画は「たけしの万物創世紀」で少しだけ出てきた事があり、それで知ったのですが、リリアン・ギッシュ演じるヒロインが凍りついた川で気絶してしまい、主人公がそれを救出に向かうシーンが凄すぎです。
当然CGなんてありませんから、全部本当にやっているのですから尚更です。
バスター・キートンの映画やフリッツ・ラングの「メトロポリス」などにも言えますが、本当にこの当時の映画は大変見応えのあるシーンや、今では絶対に考えられないような危険なシーンが一杯ありますね。まさに生の迫力です。そこが一番の魅力と言えるでしょう。











古い順ですが、「ラ・シオタ駅の列車の到着」、「東への道」、「戦艦ポチョムキン」、「ヒューゴの不思議な発明」、「ホーリー・モーターズ」、「オズ はじまりの戦い」(かつて1939年に作られた、「オズの魔法使」の前日譚を描いた物らしい)と並べました。
[PR]
by asabatyou | 2013-05-19 11:57 | 映画 | Comments(0)