ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

京都アニメーション大賞に作品を出してみた

昨日は京都アニメーション大賞に、作品を出してみました。
内容は前から言っていた「バグダッドの盗賊」(1924年、40年、60年、78年と計4回映画化されていますが、僕は78年版以外を基にしました)と、「ジャックと悪魔の国」を合わせた感じのモンスター満載のファンタジーアドベンチャー物で、所謂レイ・ハリーハウゼン系の作品です(人間キャラは、「幽☆遊☆白書」などのアニメの影響を受けています)。
元々2010年ぐらいに作り始めて2011年に出す予定が、「ここはこうしたい、あぁしたい」などと色々やっている内に締切に間に合わなくなり、2012年の時は11年の締切が次の年の3月ぐらいだった事から、次もそうだろうと思っていた事から油断していた為、気付いたらもう終わっていたという事だったので、実に3年もかかってしまいました(笑)。
今思えば、「ここはこうすれば良かったな」と反省点しかありません(笑)。











「AIR」、「涼宮ハルヒの憂鬱」、「らき☆すた」、「CLANNAD」、「けいおん!」、「氷菓」(別人とはいえ、これを初めて観た時はナコルルや巡音ルカといったキャラ達が出ていて驚きました。特にナコルルの方はナコルル先輩として人気があるみたいです)という順番で並べてみました。


参考:京都アニメーション - Wikipedia
詳しい事はこちら→京都アニメーション大賞
[PR]
by asabatyou | 2013-09-25 19:34 | アニメ | Comments(25)
Commented by 光を持つ者 at 2013-09-29 23:05 x
やっと悲願が達成されて良かったですね。長い間、辛抱し続けた甲斐があったというものです。
Commented by asabatyou at 2013-09-30 18:05
今まで溜まっていた物をようやく出す事が出来ましたから、本当にスッキリしました(笑)。
Commented by 光を持つ者 at 2013-10-10 12:26 x
ただ、一つだけ心配なのは最初からasabatyouさんが創作した作品の中で、切り札にあたるものを早々と切ってしまった事です。

本当に大丈夫ですか?次の作品の構想とか出来そうですか?
Commented by asabatyou at 2013-10-10 18:12
次の作品のネタは、もう色々と考えてあります。
ただ上手く作れるかどうかは分かりませんが…。
Commented by 光を持つ者 at 2013-10-15 22:26 x
もし、うまく作る自信がないのでしたら、asabatyouさんご自身が見聞きして感動された作品を、自分なりに脚本として執筆されてはどうでしょうか?

確かに時間はかかりますが、自分の好きな映画やドラマを脚本にして書いてみることは、そのドラマの構図やポイントがわかるだけでなく、脚本家がどういう意図でドラマを書いたのかが、普段よりもよりわかりやすく理解できると思います。

それと、今プロの脚本家の元で仕事をされている方に伏線の張り方の勉強方法について、うってつけのものをお聞きする事が出来ました。

漫画を読むと勉強になるそうです。中でも、日本を代表する少年誌である集英社の『週刊少年ジャンプ』に連載されていた、篠原健太先生のギャグ漫画『SKET DANCE(スケットダンス)』は、ストーリーを進めていく上での伏線の張り方が凄いと定評があるので、是非読んでみてください。

購入するのが無理であれば、TSUTAYAでレンタルコミック(昔で言う貸本家業)があるので、全部で32巻ですが1冊100円前後なんで、そんなにお金もかからないと思いますよ。
Commented by asabatyou at 2013-10-15 23:25
確かにそういうのもありますね。
考えてみたら、昔クレヨンしんちゃんの漫画を描いていた時、最初こそオリジナルストーリーだったのですが、その後は気に入ったドリフのコントを元に、キャラクターをそのまましんちゃんのキャラに変えて描くようになりましたから、何だかその事を思い出しました。
Commented by 光を持つ者 at 2013-10-23 22:35 x
それとシナリオを作る際に、話を考えるのが苦手だと語っていましたが、asabatyouさんはどの辺に苦手意識を感じているんですか?

世界観となる背景や、社会情勢などのリアリティな設定にアイディアが浮かばないのですか?それとも登場人物の性格や人物像といった肉付けですか?

ちなみに弟さんは、シナリオ作りやそういった事が非常に得意だと以前仰っていましたが、弟さんがどこでどのようにしてそのスキルを身に付けたとかを聞くなりして参考にしてみてはどうでしょうか?
Commented by asabatyou at 2013-10-23 23:51
どうでしょうか…。上手く言えないのですが世界観や人物の性格や人物像といった肉付けかもしれません。
後弟も特別話作りが、得意ではないと言ってました。
Commented by 光を持つ者 at 2013-10-31 22:49 x
そうですか。確かに調べてみれば、プロの脚本家の方々もスラスラ執筆しているわけではなく、ウンウンと苦しみながらも執筆されている事がほとんどだそうですね。登場人物と同じ目線で、キャラクターを動かしていかなきゃならないんですから…。

それと調べてみたのですが、そんなお悩み中のasabatyouさんにうってつけのホームページを発見しました。

「物語が書きたいッ!」ブログ ストーリー&キャラクター創作講座♪
http://anatanomonogatari.cocolog-nifty.com/blog/

ここのブログの管理人は、シナリオコンクールで賞を取り、物語や演出の仕事をされ、現在は専門学校で物語作りや演出の教鞭を執っていらっしゃるそうなのです。

一度読んでみましたが、これを読めばasabatyouさんが抱えていらっしゃるお悩みにも、解決への糸口が掴めるのではないでしょうか?

それと脚本家に必要な能力として、人の心に訴えかけられるために人間に興味を持ち人間観察を行う力なども要求されるようです。asabatyouさんは、街中や外を歩いていて他の人間を観察したりしていますか?
Commented by asabatyou at 2013-10-31 23:16
他にも思い出したのですが、弟は以前漫画の授業をやったことがあるらしいですが、その時ある生徒が単にコマに絵を入れただけの状態だったみたいです。
これについて弟は、自分が何を作りたいのかがイメージ出来ていない、映画を観ていないのでは?と言ってました。
映画をもっと観て研究した方が良いのでは?とね。
Commented by asabatyou at 2013-10-31 23:30
他にもアニメを作るなら、アニメよりもそれ以外の好きなものの要素を取り入れた方が良いみたいなことも言ってました。
アニメ好きの状態で作ってしまうと、アニメ好きによるアニメ好きの為のアニメになってしまって面白味がないと。
それは納得出来ます。エヴァや進撃の巨人など、アニメ以外にも特撮が好きだったのでその要素を取り入れて出来上がった作品ですからね。
実際僕も「復讐のゴリラ男」や「the chimp」を観た時、「これ結構使えるかも」と思いました。
Commented by asabatyou at 2013-10-31 23:40
「asabatyouさんは、街中や外を歩いていて他の人間を観察したりしていますか?」ちらちらですが、見てはいます。ただ自分の世界に入りがちなところがありますので、まだまだ足りないです。
Commented by 光を持つ者 at 2013-11-08 23:34 x
それは、日本を代表するアニメーション監督の一人で、『機動戦士ガンダム』の生みの親でいらっしゃる富野由悠季監督も仰っていました。

アニメというのはあくまで、小説、戯曲、演劇、実写のテレビや映画といった媒体の一つであって、文芸、演劇、物語を見ないでアニメは絶対に作れないとまで言っています。

特にアニメ好きな人間がアニメを作ると、どうしてもアナログ的なものしかできないとさえ言っていますからね。

あと人間観察についてですが、そんなに難しく考えることはないのです。

コンビニなんかに行っても、笑顔を絶やさずテキパキとした動作でやる気を出して働く店員さんや、生活上金を得るために仕方なく働きダラダラと働くような奴など、いろんな人間がゴロゴロいます。

つづく
Commented by 光を持つ者 at 2013-11-08 23:35 x
車道を走っている車にしても、同じです。車の運転は、密室といった自分のテリトリーなのでドライバーの性格がモロに反映されてしまう事に、最近気付きました。

安全運転を心がけている車。急いでいるのかスピードをかなり出している車。ベンツやBMW、フェラーリといった外国車メーカーの高級車に乗って、何を勘違いしているのか譲り合いの心もなく偉そうにふんぞり返って運転しているバカなドライバーの車。スピードを出すのが怖くて見ているこっちがイライラするほどノロノロ走って、後続車から煽りを受けている車。運転技術が下手な車。田舎でよく見られる危機感が欠如したような荒っぽい運転をする車。車内のオーディオのボリュームをアホみたいに鳴らしている車。エアロパーツなど車のカスタムに金をかけている車など…。

身近なものを観察すれば、いろんなものが見えてきますよ。

ちなみに僕が紹介したページで、何か参考になった部分があったり、解決の糸口はつかめましたか?
Commented by asabatyou at 2013-11-09 23:57
ページについてですが、あれは良いですね。凄く良かったですよ!!
書いてあることが非常に分かりやすく、あれなら初心者や未経験者でも大丈夫ではないかと思います。
あのおかげで、やる気が出ました。
と同時に「コマンドー」のセリフが面白くてネタにされているのも、そのページに書いてある要素を入れているからかな?と思ったりします(笑)→http://www.nicovideo.jp/watch/sm11880807?ref=search_key_video
Commented by 光を持つ者 at 2013-11-11 00:01 x
僕も中学生の頃に、あの映画の吹き替え版を見ましたけど、かなりインパクトのある台詞がてんこ盛りでしたよね。

しかし、励みになってよかったです。やはり、ヒット作や受賞できるだけの作品が創作できる人は、その創作する過程でのメカニズムを知ってるという事ですね。

それと、以前から一つお聞きしたかったのですが、asabatyouさんは創作する物語に欠かせないキャラクターを作る時、どんなキャラクターが動かしやすくて共感が持てますか?

素直で明るくて楽しいなど真っ直ぐなキャラクターですか?それとも、ひねくれてたりどこか変だったり、自己中だったり、記憶喪失だったり、協調性に難があるなど、癖のあるキャラクターですか?
Commented by asabatyou at 2013-11-11 20:07
そうですね。まだそんなにやったわけではないので分かりませんが、どちらかといいますと、穏やかで礼儀正しいキャラの方が動かしやすい気がします。
Commented by 光を持つ者 at 2013-11-19 00:04 x
やっぱり、最初はそんなもんですよね。けど、穏やかで礼儀正しいだけでは、屈折した部分のある僕としては(自分で言うのも何ですが…)何だか登場人物が人間としては嘘くさく感じます。

なぜなら、確かに礼儀正しい、穏やかというのは第一印象は良いかもしれませんが、キャラクターとしては無味無臭でインパクトに欠けているからです。はっきり言ってそれだけでは、キャラクターとしての魅力は皆無です。

最初は取っつきにくいようなアクの強さのある、視聴者からの第一印象がほぼ最悪なようなキャラクターは、話が進むにつれて意外な一面があるなど、噛めば噛むほど味があるようなキャラほど受け手の印象に深く残るものではないのでしょうか?

asabatyouさんは、癖のある露悪的なキャラクターを動かすのは、難しいと感じてるのでしょうか?
Commented by asabatyou at 2013-11-20 22:02
まだ分からないですね。

「話が進むにつれて意外な一面があるなど、噛めば噛むほど味があるようなキャラ」
ツンデレキャラも、ある意味こんな感じですよね。
最初は嫌な印象を受けるかもしれませんが、後になるにつれて可愛いところを見せるようになるタイプって感じで、そこが人気の理由だと思いますから。
Commented by 光を持つ者 at 2013-12-01 22:12 x
結局、人間は様々な一面を持っているワケなんですよ。

それと、asabatyouさんは作品を作る上でどのような主義を掲げていますか?

理想や個人の感情・思想・自由、神秘的な体験や無限なものへのあこがれを表現したロマン主義ですか?

それとも、現実をありのままに映し出そうとした写実主義ですか?

asabatyouさんは、どちらに共感を覚えますか?
Commented by asabatyou at 2013-12-02 21:18
僕はどちらかといいますと、前者に近いですかね。
僕が考えたものって基本は、自分の趣味などを活かしたものばかりですから。
現実をありのままに映し出すということは、やらない方です。
Commented by 光を持つ者 at 2013-12-04 23:27 x
そうですか、僕はどちらかといえば現実味を帯びた話の方に惹かれますね。

ただ、最近ではリアリティばかりでは話は面白くならないという事に気づきました。けど、譲歩しても説得力や整合性は少なくとも欲しいところです。

それと、もう一つお聞きしたいのですが、asabatyouさんは作品を創作される際に、舞台となる場所はどういったところを設定されることが多いのですか?

東京のようなハイセンスな都会ですか?それとも、人里離れた閉鎖的な日本社会の縮図とも言える農業で生計を立てる寒村のような村ですか?
Commented by asabatyou at 2013-12-04 23:45
分からないですね…。田舎を舞台にする時もあれば、都会を舞台にする時もあるといった感じだと思います。
Commented by asabatyou at 2014-02-17 23:58
1月29日に分かった事なのですが、この京都アニメーション大賞の結果、あまり良い物ではなかったそうです。
そういえばポニーキャニオンのアニメ大賞も、結局選ばれなかったですし…。
Commented by asabatyou at 2016-07-17 23:13
字の間違いがありましたので、それを直しました。