ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

ロスト・ワールド(1925年版)

昨日は「ロスト・ワールド」(1925年版)をYouTubeで観ましたので、そのことについて書きます。
またサイレント映画を、観てみたいと思っていたからです。


ストーリー
アマゾンの奥地に恐竜達が生き残っていることを知ったチャレンジャー教授は、仲間達と共にそこへ向かった。
彼らは1頭のブロントサウルスを捕まえてロンドンに連れて帰るが、ブロントサウルスは脱走し街は大混乱してしまう。


レビュー
シャーロック・ホームズで有名なコナン・ドイル原作の、「失われた世界」を実写映画化したもの。
特撮は後に「キング・コング」を手がけるウィリス・オブライエンで、造形もそれで有名なマーセル・デルガドが担当しました。
さてこれはオブライエン初の長編映画ということもあって、かなり力を入れていたせいか2時間以上もあったのですが、残念ながら多くのシーンが紛失してしまい、今では68分ぐらいしか観ることが出来ません。
ですが近年見つかったシーンがいくつかあるようで、それを追加したバージョンが出ましたので、そのシーン目当てでもう1度観ることにしました。
基本は自分が今まで観たものと一緒ですが(同じ映画なんだから、当たり前だが)、プテラノドンが獲物を落としてしまって困ってしまうシーンや、主人公が木に登って恐竜達を見ている時、謎の猿人が後ろから近付いて襲おうとするシーン(理由は不明だが、この猿人はいつも主人公達の邪魔ばかりしてくる)など、観たことがないシーンが予想以上に沢山あり(中には使われなかったシーンも結構ありますが)、フリッツ・ラングの「メトロポリス」同様、まるで未見の映画を観ているかのような気分でした。
何だか前より深みと壮大さがアップして、これは凄く良いと思います。本作は幻想的な雰囲気がある、原始のジャングルが舞台なので尚更です。
なので、これから「ロスト・ワールド」を観たいと思っている方は、このバージョンを観ることをオススメします。
また一部のシーンがよく見かけるものと動きが所々違っていたのですが、これはブルース・リーの「死亡遊戯」と同じで、色んなバージョンがあるということでしょうか?
a0265223_1823812.jpg
a0265223_1841222.jpg

スタッフ
監督:ハリー・O・ホイト
原作:コナン・ドイル
特撮:ウィリス・オブライエン
恐竜製作:マーセル・デルガド


キャスト
ポーラ・ホワイト:ベッシー・ラブ
ジョン・ロクストン卿:ルイス・ストーン
チャレンジャー教授:ウォーレス・ビアリー
エドワード・E・マローン:ロイド・ヒュージ
サマーリー教授:アーサー・ホイト
猿人:ブル・モンタナ


上が本編で、下が予告編(このDVDにも収録されていますが、音楽なしです)です↓



何だかこの音楽ですと、弁士としてお馴染みの澤登翠さんの声が聞こえてきそうです。
またブロントサウルスとティラノサウルスらしき肉食恐竜のバトルシーンのBGMが、何故か「バグダッドの盗賊」(1924年版)にあるドラゴンとのバトルシーンで流れたものでした。
それと本作のポスターですが、僕が小さかった頃持っていた「ジュラシック・パーク」の本にあった、恐竜映画の歴史を紹介したページに載っていました。他にも「キング・コング」(1933年版)や「原子怪獣現わる」のスチール写真もありまして、幼いながらに「何だ?これは」と思って、強烈に印象に残りました。


1枚目:虫ん坊 2011年10月号:手塚マンガあの日あの時 第18回:手塚流作品タイトルの付け方(前編):TezukaOsamu.net(JP)
2枚目:The Lost World tiff.net
参考:The Lost World (1925) - IMDb映画 ロスト・ワールド - allcinemaSF MOVIE DataBank:ロスト・ワールドロスト・ワールド (1925年の映画) - Wikipediaモンスターメイカーズ―ハリウッド怪獣特撮史モンスターパニック―超空想生物大百科
[PR]
by asabatyou | 2013-11-23 17:04 | 特撮、モンスター | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2013-12-12 19:43
前から言いたかったことですが、僕が見たこのバージョンは2001年に公開されたものみたいです。
確かに劇中に2001と書いてあって、「何だろう?」と思っていたのですが、そういう意味だったのか。