ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

オリヴァ・ツイスト

今月の2日ですが、借りたDVDの「オリヴァ・ツイスト」を観ましたので、そのことについて書きます。
元々イングリッド・バーグマン主演の、「ジャンヌ・ダーク」とセットになっているDVDだったのですが、僕は「オリバー・ツイスト」のことはまったく知らなかったので、最初はあまり観る気になれませんでした。
ですが調べてみたら結構面白いかもと思ったので、そのまま観ることにしました。これも何かの縁ですね。


ストーリー
孤児の少年オリバーは葬儀屋へ徒弟奉公に出されたが、他の奉公人に母親を侮辱されて殴りかかった時、周囲から問題児扱いされてしまう。
こんな生活に耐えられなくなったオリバーは、気付かれないようにそこを脱出し旅を続けるが、着いたのはロンドンであった。
そこでオリバーは、1人の少年と出会うが…。


レビュー
同名の小説を映画化したもので、「スター・ウォーズ」シリーズや「戦場にかける橋」で有名な、アレック・ギネスが出演しています。
ストーリーは弱い立場の少年が、どんなに辛くて苦しくてもめげずに頑張る姿を描いたもので、「小公女セーラ」の少年バージョンといった感じです。
もう少し短くても良かったのでは?と思うところはありましたが、オリバーを救ってくれた老紳士と彼の意外な関係、犯罪組織の人間ではあるものの奴らのやり方に反発し、オリバーを助けようとする女性、普段偉そうなことばかり言ってるくせに実はヘタレだった奴などと、印象に残るシーンや人物が多く、中々面白いです。
2005年版はエンディングが悲惨だそうですが、本作は本当にハッピーエンドなので、こちらの方が娯楽性があって楽しめると思います。
a0265223_19485630.jpg
a0265223_19574166.jpg

スタッフ
監督:デヴィッド・リーン
脚本:デヴィッド・リーン、スタンリー・ヘインズ
原作:チャールズ・ディケンズ
製作:ロナルド・ニーム
音楽:アーノルド・バックス
撮影:ガイ・グリーン
編集:ジャック・ハリス


キャスト
オリバー・ツイスト:ジョン・ハワード・デイヴィス
フェイギン:アレック・ギネス
ビル・サイクス:ロバート・ニュートン
アートフル・ドジャー:アンソニー・ニューリー
シャーロッテ:ダイアナ・ドース
モンクス:ラルフ・トルーマン


予告編です↓

1枚目:オリバー・ツイスト (1947年) - CINEmaCITTA' - Yahoo!ブログ
2枚目:Oliver Twist, 1948 (Vogue.com UK)
参考:オリヴァ・ツイスト (映画) - Wikipediaオリヴァ・ツイスト(1948) - みんなのシネマレビュー映画 オリヴァ・ツイスト - allcinemaオリヴァ・ツイスト(1947) 洋画専門チャンネル ザ・シネマ「オリバー・ツイスト(1947年)」見ました。 - 自分勝手な趣味の部屋(2号室)Oliver Twist (1948) - IMDb
[PR]
by asabatyou | 2013-12-04 19:06 | 映画 | Comments(0)