ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

顔のない悪魔

昨日は今月の4日に来たDVD「顔のない悪魔」を観ましたので、そのことについて書きます。


ストーリー
カナダの空軍基地で、謎の連続殺人事件が起こった。
被害者は脳と脊髄が、すっかり抜き取られていた。
調査を進めるカミングス少佐は、恋人のバーバラが助手をやっている老科学者が事件と関係しているのでは?と睨むが…。


レビュー
脳みその怪物が登場する、イギリス製SFホラー映画。
ストーリーは人間が怪物を創ってしまうんだけど、制御出来なくなって騒ぎが大きくなるという、フランケンシュタインの時代からのお約束というべき、よくあるパターンです。
ですが怪物は最初は透明だけど、後半になってやっと姿が分かるという、まるで「禁断の惑星」に登場したイドの怪物みたいなのが特徴です。
怪物はストップモーション・アニメで撮影されており、その動きはウィリス・オブライエンやレイ・ハリーハウゼンといった有名人や大御所の方々がやったのに比べますと、あまり良いとは言えませんが、そのカクカクとした不自然な動きが見事にマッチしており、何だか気味が悪いです。
しかもコイツら、1匹ではなく沢山存在しており、いくら倒しても次から次へとどんどん襲ってくるので、キリがありません。
死ぬ時も血がドバっと出たり、中身がグチョグチョになって出てきたりなどと妙にグロイです。これがもしカラーだったら、余計グロかったでしょう。
またネタバレを防ぐ為に詳しいことは言えませんが、最後生命の源をやられて全滅する時、ドロドロに溶けて消えてしまうのですが、何だか仮面ライダーで怪人や戦闘員の最期を思わせました。もしかして影響を与えたのでしょうか?
「ちょっと、それどうなの!?」と言いたくなる部分はありましたが、まぁそんなに悪くはなかったです。
それと主役の人、見覚えのある顔だと思ったら、「恐怖の火星探検」でも主役をやった人でした。
a0265223_1545120.jpg
a0265223_15151421.png

スタッフ
監督:アーサー・クラブトゥリー
製作:ジョン・クロイドン
原作:アメリア・レイノルズ・ロング
脚本:ハーバート・J・レダー
撮影:ライオネル・ベインズ
音楽:バクストン・オアー


キャスト
カミングス少佐:マーシャル・トンプソン
バーバラ:キム・パーカー
ウォルゲート教授:キナストン・リーヴス


予告編です↓

この脳みその怪物は、後に「ルーニー・テューンズ:バック・イン・アクション」にもゲスト出演しており、ブレンダン・フレイザー演じる主人公に襲い掛かり、首を絞めて殺そうとしますが、あっさり振り解かれて何処かへ放り投げられるという見事な噛ませ犬っぷりを披露してしまいました(笑)。
確か未公開シーン(だったかな?)では、振り解かれた後同じくゲスト出演している、「人類SOS!」のトリフィドに食べられてしまったような気がします。
どっちにせよ、扱いが良いとは言えませんが(笑)。


1枚目:http--www.movieberry.com-fiend_without_a_face-
2枚目:Bad Movies » The-Blur
参考:映画 顔のない悪魔 - allcinemaFiend Without a Face (1958) - IMDb顔のない悪魔~缶詰の映画カナシミ映画館 「顔のない悪魔」~被害はミルクに止まらない!~モンスターパニック―超空想生物大百科あなたの知らない怪獣マル秘大百科
[PR]
by asabatyou | 2013-12-14 14:18 | 特撮、モンスター | Comments(0)