ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

ミイラ再生

今日は19日に買ったDVDの1枚「ミイラ再生」を観ましたので、そのことについて書きます。
前にもレンタルで借りて観たことがある映画なのですが、久々に観たくなりましたので、その為に買いました。


ストーリー
時は1921年、イギリスの探検隊はイムホテップという太古のミイラを発見する。
しかし開けてはならない呪いの箱を開けてしまった為、ミイラは動きだし、どこかへ姿を消してしまった。
それから11年経った1932年、再び探検隊が女性のミイラを発見するが、アーダス・ベイという謎の人物が現れてから、ヘレンの様子がおかしくなった…。


レビュー
ユニバーサルが製作したホラー映画で、ミイラ男が登場する映画第1号。
ミイラ男といいますと、今では神話やおとぎ話に登場するモンスターみたいな扱いになっていますが、実際は1920年代に起こった、ツタンカーメン王墓の発掘にまつわる関係者の怪死事件をヒントにして作られたので、ゴジラやウルトラマンなどと同じ、完全に創作物の世界で誕生したキャラクターなのです。
お馴染みの包帯ぐるぐる巻きの姿で登場するシーンはありますが、この頃はキャラが確立していなかった為、ほんの少ししかなく、殆ど人間の姿で登場しています。
なのでモンスター映画らしさはあまりありませんが、ミイラ男がただの怪物ではなく、人間としての知性があるので、威厳や神秘性があり、これはこれでありです。
それにミイラになっても恋人のことを想い続けているという、単なる悪役で終わらなかったのも良かったです。
でなければヒットすることもなければ、歴史に残る名キャラクターになることもなかったでしょう。
久々に観ましたが、中々面白い映画でした。常に妖しい雰囲気を漂わせているミイラ役の、ボリス・カーロフの演技も素晴らしい。
ちなみに「ミイラの幽霊」と「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」は、これのリメイクだったりします。
a0265223_15274678.jpg
a0265223_15312669.jpg

スタッフ
監督:カール・フロイント
製作:カール・レムリ・Jr
メイク:ジャック・P・ピアース(ノンクレジット)


キャスト
イムホテップ:ボリス・カーロフ
ヘレン:ジタ・ヨハン
フランク:デヴィッド・マナーズ
ジョセフ卿:アーサー・バイロン
ミュラー博士:エドワード・ヴァン・スローン


予告編です↓

OPがチャイコフスキーが作曲した「白鳥の湖」なのは、ベラ・ルゴシ主演の「魔人ドラキュラ」と一緒です。
何故この曲なのかは不明ですが(笑)。


1枚目:Diary of a Madman - The Mummy (1932)
2枚目:http://derekwinnert.com/the-mummy-1932-classic-film-review/
参考:映画 ミイラ再生 - The Mummy MOVIE-FANThe Mummy (1932) - IMDbミイラ再生 - Wikipedia映画 ミイラ再生 - allcinemaThe Mummy図説 モンスター―映画の空想生物たち
[PR]
by asabatyou | 2013-12-22 14:49 | 特撮、モンスター | Comments(4)
Commented by エースロボット改 at 2013-12-23 11:54 x
こういった映画がなければミイラ怪獣ドドンゴもなかったんですね。特撮の歴史もいろんなところで積み重なってるとわかります。

あと昨日の話ですが、そういえばasabatyouさんの紹介は新しいものでも少々メジャーから離れたものが多いですね。ここで聞くまではまったく知らなかったものも多いです。
リメイク作も好まれるようですが、ウルトラセブンXはご覧になったことありますか。大人向けで、一話ごとが印象深いので、いくつかは気に入られるものもあるかと思います。
Commented by asabatyou at 2013-12-23 19:21
「こういった映画がなければミイラ怪獣ドドンゴもなかったんですね。」ドドンゴで思い出したのですが、僕としてはドドンゴよりもミイラ人間の方が印象に残りましたね。
小さい頃ミイラ人間が怖くて、科特隊と自衛隊が協力して奴と戦う時、「早く殺してくれ」と思いましたよ。
その時の動画がありますので、もし良ければどうぞ→http://www.youtube.com/watch?v=jiw9vSUXrq8

ミイラ人間の声って、何だかブラックキングに似ていますね。
Commented by asabatyou at 2013-12-23 21:12
「新しいものでも少々メジャーから離れたものが多いですね。ここで聞くまではまったく知らなかったものも多いです。」

僕自身有名な物より、一般の知名度が低いマイナーでマニアックな作品を観ていきたいという気持ちがあるからです。
マニアじゃなくても知っているような作品観ても、何だか面白くないなと思っていますので(笑)。
それに誰も知らない作品を探したり見つけたりするのは、凄く楽しいからです。
また観終った後、このようにレビューすれば、今まで知らなかった人にも知ってもらえるチャンスになるし、良い宣伝にもなりますから。
後今後作品を鑑賞する時に役立ちそうなサイトを見つけましたので、もし良ければどうぞ→http://trynext.com/review/cat/anime.php?page=all
Commented by asabatyou at 2013-12-23 21:20
「ウルトラセブンXはご覧になったことありますか」

一部だけですが、観たことがあります。
敵のデザインが今までの作品との差別化を出す為か、怪獣/宇宙人というより、モンスターやクリーチャーといった方が似合うと思いました。
実際エイリアンと表記されているぐらいですから。