ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

妖獣都市

昨日は前から観たかった「妖獣都市」をYouTubeで観ましたので、その事について書きます。
a0265223_18201369.jpg
a0265223_18485586.jpg

スタッフ
監督、作画監督、キャラクターデザイン:川尻善昭
原作:菊地秀行
美術監督:男鹿和雄


キャスト
滝蓮三郎:屋良有作
麻紀絵:藤田淑子
ジュゼッペ・マイヤート:永井一郎
Mr.影:青野武
ジン:戸谷公次


ストーリー
滝蓮三郎は普段は中堅電機メーカーのサラリーマンだが、その正体は人間界側の腕利き闇ガード。
今回は魔界側の闇ガード・麻紀絵と一緒に、人間界と魔界の休戦条約締結に欠かせない人物ジュゼッペ・マイヤートを守るよう頼まれるが・・・。


レビュー
同名の小説を劇場アニメ化したもの。
ストーリー自体はよくあるパターンで新鮮味はありませんが、普段は一般人のように見えるけど、実は裏で物凄い事をやっているというのは、非常に燃える展開で憧れます。
一応一般向けのアニメではありますが、「バイオ・ハンター」や「ゴルゴ13」(1983年版)以上にエロシーンが多くて過激であり、半分アダルトアニメ化しています。
これは作者の菊地秀行さんという方の作品が、エロスとバイオレンスを取り入れる傾向があるから、これぐらい当たり前といった所でしょう。
私は原作の事は全然知りませんが、このアニメはそれを知らない人でもまったく問題なく観られます。
作者自身「原作イメージのとおりである」と評価しているみたいですし。
私が印象に残ったのは、蜘蛛女です。歩いている時の動きが気味が悪いくらいよく動いており、あれは鳥肌ものです。
永井一郎さん演じる爺さんも、良い味出していました。何だかんだで一番好きなキャラかも(笑)。


上が予告編で、下が本編です↓



しかしこの主人公、25歳の割には老けすぎだろ(笑)。
男盛りな年頃の方が、渋くてラブロマンスをやっても違和感ないし、しっくりくる。
後よく考えてみたら主役2人が、キテレツ君とそのお父さんだ(笑)。


1枚目:妖獣都市画像@ぴあ映画生活
2枚目:ゆらゆら草(参考にも使った)
参考:妖獣都市 SPECIAL EDITION妖獣都市 - Wikipedia
[PR]
by asabatyou | 2014-06-26 18:17 | アニメ | Comments(4)
Commented by カズ at 2014-06-27 14:59 x
久しぶりです。カズユキです。
先輩から、「お前本名でコメント書いたから、すぐわかったぞ」と言われたので、カズにしました。先輩にはバレテいるけれどね。

 この先輩のことをきかれたけれど、すごいイケメンでかっこいい先輩
で、今、あることで表面に出ているので、話せません。
でも、表面にでることがすごく嫌いな人で、自分の顔も嫌いらしいです。
ものすごくイケメンなのに、何でかなぁ?俺にはわかりません。
でも、今の仕事がすごく嫌で、4月のasabatyouさんの新作ゴジラのコメントがすごく気に入って何度も読んでいると言っていました。
俺も、あのコメント大好きです。
これからも、楽しみに読ませて頂きます。
Commented by カズ at 2014-06-27 19:14 x
妖獣都市を観たんですね。
先にこのコメントしなくてすみませんでした。

確かに、老けた感じ。
もっと、妖怪っぽくてもいいかなあ・・・と思ったり。

それより、富士山型ロボットには笑ってしまいました。
良く考えたなあ・・・と感心しました。
なかなか拝見するだけで、コメントを書く時間がなくて。
もっと、asabatyouさんと、いろいろ話したいけれど、残念です。
先輩が言っていた通り、すごい人だなあ・・・と、いつも感激しています。
コメントできないけど、拝見している者がいることを忘れないでくださいね。先輩も言っていました。
それでは、また・
Commented by asabatyou at 2014-06-27 21:04
http://asabatyou.exblog.jp/19703924/の時の人ですね。
お久しぶりです、またお話出来て嬉しいです!!
まさか私の言った言葉で、そんなに喜んでくださるとは思っていませんでしたので、びっくりしていると同時に大変嬉しく思っています!!
ありがとうございます!!

「妖獣都市」については、主人公の年齢をもっと上げるべきです。
そうすれば、あの顔と屋良有作さんの声でも違和感なく、マッチしますから(笑)。
後このアニメには、ラドンやゴモラに似た声、そして昔のゴジラやウルトラマンなどでよく使われた爆音が使われていまして、ちょっと驚きました。
Commented by asabatyou at 2014-06-27 21:18
ロボットについては、家の知り合いで自主制作映画を作っている人がいるのですが(最近まったく会っていませんが・・・)、その主人公として考えたキャラ(後にポニーキャニオンのアニメ化大賞に送りましたが、失敗に終わりました)も参考にしました。
こういうメカを考えたり描いたりするのは決して得意な方ではありませんが、やっていて楽しいのでこれからも続けていきたいです。