ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

アラビアンナイト・シンドバッドの冒険(1962年版)

昨日は前から興味があった「アラビアンナイト・シンドバッドの冒険」(後に同じタイトルのテレビアニメが作られたらしいので、区別するために1962年版と表記する)を借りて観ましたので、その事について書きます。
a0265223_18473982.jpg
a0265223_18505967.jpg

スタッフ
製作:大川博
脚本:手塚治虫、北杜夫
音楽:冨田勲、米山正夫


キャスト
シンドバッド:木下秀雄
アリー:黒柳徹子
ハムディ船長:滝口順平


ストーリー
海に憧れているラサールの若者シンドバッドと少年アリーは、港に流れ着いた老船乗りに聞いた五色に輝く宝石の島に対する強い好奇心のため、輸送船ボルダー号に密かに乗り込む。
途中で乗組員達に見つかってしまうが、その勇気と行動力を船長に気に入られて、見習い船乗りとして働く事になったが・・・。


レビュー
アラビアンナイトでお馴染みのシンドバッドをアニメ映画化したもので、手塚治虫さんが脚本で参加しています。
しかしいざ観てみたら、正直そんなに面白いとは思いませんでした。
ストーリー展開が同じような感じで変化が見られず、イマイチ盛り上がりに欠けていました。
映像のクオリティは、文句なしの出来栄えなのですが・・・。
またラストに登場する巨鳥が、日活のガッパを思わせました。
同じアラビアンナイトを題材にしたものなら、「バグダッドの盗賊」(主に1924年版と40年版)と、レイ・ハリーハウゼンのシンドバッドシリーズの方が好きです。
それと悪役が「バグダッドの盗賊」(1940年版)や、ディズニー版アラジンのジャファーにそっくりだったのですが、この手の作品のお約束なのかもしれません。


予告編です↓

このアニメで一番驚いたのは、アリーの声が黒柳徹子さんである事です。
そういえば黒柳さんは「サンダーバード」の日本語吹き替え版や、「ブーフーウー」に出演していた事でも有名ですね。


1枚目:img785f2d91zik0zj (1).jpeg
2枚目:千夜一夜物語 シンドバッド マギに登場するキャラクターと元ネタ まとめ - NAVER まとめ.htm
参考:アラビアンナイト・シンドバッドの冒険 (映画) - Wikipedia.htm映画 アニメ アラビアンナイト シンドバッドの冒険 - allcinema.htm
[PR]
by asabatyou | 2014-09-28 09:50 | アニメ | Comments(4)
Commented by カズ at 2014-09-29 12:45 x
「シンドバッドの冒険」を取り上げるなんて、さすがasabatyouさんですね。良くでてきましたね。すごい!!
黒柳徹子さんのアリーは、「シンバッドー」と呼ぶんですよね。
「あの空の下には・・・・」というシンドバッドが歌ういい歌があって、ミュージカル的な部分もあり、大好きなアニメ映画でした。
他に、「猿飛佐助」(さるとびさすけ)の真田幸村と猿飛のアニメ映画に出てくる夜叉姫が怖かったのを覚えています。
子どものころ、テレビでもジブリが出来る前は放映していました。
Commented by asabatyou at 2014-09-29 20:16
「「シンドバッドの冒険」を取り上げるなんて、さすがasabatyouさんですね。良くでてきましたね。すごい!!
黒柳徹子さんのアリーは、「シンバッドー」と呼ぶんですよね。」

ありがとうございます。
「シンバッド」という言い方は、おそらくレイ・ハリーハウゼンのシンドバッドシリーズの影響ではないかと思います。
あれも日本語表記だとシンドバッドですけど、実際はシンバッド(Sinbad)ですから。

「ミュージカル的な部分もあり、」

そこはおそらくディズニーや、フライシャーの「ガリバー旅行記」、ベティ・ブープといった、古き良き時代のアメリカのアニメの影響だと思います。
あの頃の日本アニメといいましたら、「すて猫トラちゃん」や「桃太郎 海の神兵」などがありますが、みんな歌うシーンがありますから。

「他に、「猿飛佐助」(さるとびさすけ)の真田幸村と猿飛のアニメ映画に出てくる夜叉姫が怖かったのを覚えています。」

気になって調べてみたのですが、もしかしてこれですか?→https://www.youtube.com/watch?v=_8a_vgcMyFA
Commented by カズ at 2014-10-01 12:02 x
そうそう!!!これです。
さすがasabatyouさんです。有り難うございます。

夜叉姫を久しぶりに観て、子どもの頃のあの恐怖を思い出しました。
「少年」が付いたんですね。
いやあー本当に懐かしく思い出しました。
今の子供たちにも見せたいアニメ映画ですよね。「シンドバッドの冒険」にしろ「少年猿飛佐助」にしろ。
映画館で、もう一度観てみたいくらいです。
本当に感謝いたします。
Commented by asabatyou at 2014-10-01 22:26
やはり、これでしたか。力になる事が出来て大変嬉しいです。

「今の子供たちにも見せたいアニメ映画ですよね。「シンドバッドの冒険」にしろ「少年猿飛佐助」にしろ。」

これにしろフライシャー兄弟が作ったアニメにしろ、昔のアニメは完成度が高い作品が沢山ありますから、子供だけでなく若い世代にも沢山観てほしいですね。
しかし今はYouTubeやニコニコ動画などの動画サイトで、これらの作品は鑑賞する事が出来ますし、好意的なコメントも沢山ある事から、多分私が知らないだけで結構観ている人がかなりいると思っています。