ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!

昨日は借りたDVDの1枚、「THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!」を観ましたので、その事について書きます。
前から興味あったのですが、やっと観る事が出来ました。
a0265223_1058789.jpg
a0265223_116769.jpg

スタッフ
原作:バンダイナムコゲームス
監督、キャラクターデザイン、総作画監督:錦織敦史
音楽:高田龍一(MONACA)


キャスト
天海春香:中村繪里子
如月千早:今井麻美
プロデューサー:赤羽根健治
社長:大塚芳忠


ストーリー
765プロのアイドルはすっかり売れっ子になり、みんな忙しい日々を送っていた。
そんな時、新人のアイドル達と一緒にアリーナライブをやる事が決まったが、プロデューサーが重要な話があると言い出して・・・。


レビュー
アニメ版「アイドルマスター」を、映画化したもの。
今回はお馴染みのメンバーは勿論、新人のアイドル達も登場しており、彼女達がお互い協力し合いながら同じ目標に向かって頑張る姿を描いています。
その為か主役的存在の天海春香がアイドル達のリーダーとなり、みんなを引っ張っていったり、他のアイドルも新人達の良き先輩ポジションになっているのですが、おそらくアイドルの世代交代を意味しているのかもしれません。
ただこの新人アイドル達なのですが、お馴染みのアイマスヒロインと比べると、いかんせん地味で迫力不足気味である事は否めません。
これといった大きな特徴がなくて全体的にインパクトが弱く、多分観終わった途端忘れてしまいそうなものばかり。
映画自体の出来は面白いですが、春香達の偉大さを再確認させる為の映画のように見えました。


劇中の一部です↓

しかし「アイドルマスター」って、「クレヨンしんちゃん」並みに劇中劇にこだわっていますね。
正直これ1本で、アニメが作れそうな気がします。
もし本当にやるとしたら、見たいのは「無尽合体キサラギ」と、この「眠り姫」です。
それにしてもアイマスの劇中劇は、必ずと言って良いほど如月千早が主役なのですが、これはスタッフの趣味なのでしょうか?
あるいは春香の親友みたいなポジションで、ある意味もう1人の主人公みたいなキャラだから、自然と優遇されているのかもしれません。
後ロトスコープ使っているのでは?と言いたくなるほど、気味が悪いくらいヌルヌル動くシーンがあったのが印象に残りました。
モーションキャプチャーが使用されている事を知った時は、「やっぱりね」と思いましたが。


1枚目:劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』感想まとめ 萌えオタニュース速報.html
2枚目:THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ! 公開日は2014年2月25日! PVも公開! - 電撃ディウス.html
参考:劇場版『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』公式サイト.html
[PR]
by asabatyou | 2014-11-09 10:21 | アニメ | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2014-11-29 19:19
ロトスコープ使っているように見える、例のシーンがありましたので、もし良ければどうぞ→http://www.nicovideo.jp/watch/sm24647397