ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

アナと雪の女王

今日は家に元からあったDVDの、「アナと雪の女王」を見ましたので、その事について書きます。
前から一応興味関心はあり、もし見たら他の映画やアニメと同じようにレビューしたいと思っていました。
しかし作ったのがあのディズニーで、下手に画像や動画を貼って投稿したりしたら、何か面倒な事に巻き込まれるのではと思って、中々やろうとしませんでした。
実際「トリビアの泉」でミッキーマウスにそっくりな物が出てきても、「あのネズミ」というだけで名前が一切出る事はなく、学生時代の漫画研究会のメンバーも「例のアメリカネズミ」というだけで、絶対にミッキーの名前を言おうとしませんでした。
それだけ自分にとってディズニーは、タブーのような気がしました。
ですから、これを書く前に他の方々が書いたブログを何度も見て、参考にしました。


a0265223_13372557.jpg
a0265223_13404314.jpg

スタッフ
監督:クリス・バック、ジェニファー・リー
原案:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
音楽:クリストフ・ベック


キャスト
アナ:クリスティン・ベル
エルサ:イディナ・メンゼル
クリストフ:ジョナサン・グロフ


ストーリー
王家の姉妹エルサとアナ。
しかしエルサは生まれつきあらゆる物を全て凍らせてしまう力を持っており、それが制御できなかったため、王国を冬にしてしまう。
凍りついた世界と姉を救うために、妹のアナは山男のクリストフや雪だるまのオラフと共に、エルサの後を追うが・・・。


レビュー
もはや説明のいらない大ヒット作。
ミュージカルになっているのですが、これはアメリカのアニメのお約束なのでしょうか?フライシャーが作った「ガリバー旅行記」や、「ベティ・ブープ」もそうでしたし。
ストーリーは至ってシンプルで分かりやすく、テンポ良く進んでいくのですが、あの王子様のキャラは意外でした。
あれはおそらく、今までのディズニー作品に対する皮肉でしょう。
アナ自身も、会って間もない男にいきなり結婚したいというのも、どうかと思いましたが・・・。
ヒロインが2人いたり、悪役が悪人然としていないなど、あまり例のディズニー作品で新鮮味がありました。


予告編です↓

ちなみに日本語吹き替え版でアナを演じた神田沙也加さん(松田聖子さんの娘)は、声優ではないものの2010年頃から声優の専門学校に通っていたせいか、まったく違和感なく見る事が出来ました。他のキャストも同じです。
また神田さんは、「貧乏神が!」というテレビアニメで艶光路撫子役で出演しているそうです。
正直、今後の活躍が楽しみです。


画像:Frozen (2013) Desktop Wallpaper HD Wallpapers Pictures.html
参考:アナと雪の女王 - Wikipedia.html映画 アニメ アナと雪の女王 - allcinema.htmlAna to Yuki no Joou (2013) - IMDb.htmlアナと雪の女王とは【ピクシブ百科事典】.htmlアナと雪の女王とは - ニコニコ大百科.html【貴重映像】神田沙也加のアナと雪の女王アフレコ秘蔵映像を公開 - YouTube.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-20 12:56 | アニメ | Comments(0)