ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

スーパーマリオ 魔界帝国の女神

昨日は15日に買ったDVDの1枚、「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」を見ましたので、その事について書きます。
a0265223_19261687.jpg
a0265223_1932454.jpg

スタッフ
監督:ロッキー・モートン、アナベル・ヤンケン
音楽:アラン・シルヴェストリ
撮影:ディーン・セムラー


キャスト
マリオ:ボブ・ホスキンス
ルイージ:ジョン・レグイザモ
クッパ:デニス・ホッパー
デイジー:サマンサ・マシス


ストーリー
遥か太古の昔、地球に巨大な隕石が落下し、恐竜界と人間界が2つに引き裂かれてしまった。
絶滅したと思われた恐竜は密かに進化し、独自の帝国を地下に作りあげ、そこを支配する魔王クッパは、人間界に逃亡したプリンセス・デイジーと、彼女が持っている奇跡の石を狙っていた。
その石には人間界と恐竜界を融合する力があり、クッパはそれを使って人間界を征服しようと企んでいた。
一方デイジーは、ブルックリンで配管工を営むマリオとルイージの兄弟と出会い仲良くなるが、クッパの手下によって恐竜界へと連れて行かれてしまった。
マリオとルイージは、デイジーを救うために恐竜界へ向かった。


レビュー
もはや知らない人はいないゲーム界のスーパースター、マリオを実写で映画化したもの。
しかし生みの親である任天堂は製作に関与しておらず、原作とは世界観や雰囲気がまるで違います。
一応マリオとルイージは面影がありますが、それ以外のキャラは原作とは似ても似つかない姿で、名前も英語版なので(例:キノピオ=トード、クリボー=グンバ)殆ど別物化しており、何も知らなかったら絶対映画オリジナルキャラだと誤解してしまいます。
その事から「これはマリオじゃない」などの理由で、国内外構わず大コケしてしまいました。
マリオ役のボブ・ホスキンスもこの映画について、「今までで最悪の仕事。マリオを演じなかった事にしたい」とコメントしており、クッパ役のデニス・ホッパーも、当時まだ幼かった自分の息子に「なんであんなひどい役引き受けたの?」と言われてしまったんだとか・・・。
確かにそう言いたくなる気持ちは分からなくもないですが、囚われの身となったヒロインを救うために、主人公が異世界へ行って大冒険するという、実にファンタジーアドベンチャーらしい正統派な作りとなっていますので、映画としては結構面白かったりします。
またネットや観察力のある人の話などを参考にしますと、意外とマリオの要素を沢山入れている事が分かります。
ジャンプブーツはマリオの動きに絶対欠かせないジャンプを活かすためのアイテムですし、ブーツを動かすのに必要なカートリッジが、顔のあるミサイルのキラーに似ていたり、それが作動した時の最後の音が「スーパーマリオブラザーズ」でマリオがやられた時と同じ音などと、言い出したらキリがありません。
今思えば物語のテーマが恐竜になっているのは、ヨッシーのデビュー作である「スーパーマリオワールド」で、クッパが火炎放射器みたいな銃を使うのも、原作でクッパが火をはくのを意識したように思えます。
アラン・シルヴェストリ(「バック・トゥ・ザ・フューチャー」や、「プレデター」の音楽を担当した人)の音楽も良いですし、見所は沢山あるかと思います。
そう考えると、色々と勿体ない映画です。
ただマリオのフルネームが、マリオ・マリオというのは流石に「そりゃ、ねぇだろ」と思いましたが(笑)。


Nostalgia Criticのレビュー動画です↓

Nostalgia CriticはAngry Video Game Nerdと批評のスタンスが似ているなどの理由で喧嘩になったようですが、今は和解して良き親友となったそうです(その縁か、日本のアニメに本人役で出演した事もある)。
話は変わりますが、私は吹き替えで見たのですが、幼い頃よく見ていたテレビ放送版と声優が違っていたので、何だか違う映画を見ているような気分でした。
唯一同じなのはマリオ役の富田耕生さんですが、一部のセリフが違っていたり、同じセリフでもテレビ放送版と言い方が違っていたので意外でした。
それとYouTubeで本作の一部を原語版で見たのですが、ホスキンスの声が吹き替えと似ており(特に笑い声)、富田さんにしたのは正解でぴったりなキャスティングだと、改めて感じました。
ちなみにこの映画でルイージとデイジーは恋仲になるのですが、この影響なのか後に原作でも2人がカップリングされる事が多くなったそうです。きっと好評だったのでしょう。


1枚目:スーパーマリオ 魔界帝国の女神 [DVD](DVDに入っている解説書も参考にした)
2枚目:【黒歴史】マリオ実写映画 『スーパーマリオ 魔界帝国の女神』 初DVD化 ゲーハー黙示録.html
参考:スーパーマリオ 魔界帝国の女神 - Wikipedia.htmlスーパーマリオ 魔界帝国の女神とは - ニコニコ大百科.html祝20周年! ルイージを演じたジョン・レグイザモが映画版『スーパーマリオ』を語る | コタク・ジャパン.htmlSuper Mario Bros. (1993) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-23 17:56 | 特撮、モンスター | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2014-12-26 22:52
文章の一部を、変えておきました。
何かおかしいなというところがありましたので・・・。