ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

雪の女王(2012年版)

今日は借りたDVDの1枚、「雪の女王」(2012年版)を見ましたので、その事について書きます。
やはり偶然見かけて、興味を持ったからです。
a0265223_17384570.jpg
a0265223_17473212.jpg

スタッフ
監督:ヴラドレン・バルベ、マクシム・スヴェシニコフ
音楽:マーク・ウィロット


キャスト(英語吹き替え版)
ゲルダ:ジェシカ・ストラウス


ストーリー
雪の女王に弟のカイをさらわれてしまった少女ゲルダは、彼を助ける為に女王がいる城を目指した。
だがその途中で、様々な困難が待ち受けていた・・・。


レビュー
ロシアで作られた、CGアニメ映画。
敵にさらわれた大切な人を助ける為に主人公が冒険をする正統派なストーリーですが、こちらでは少年が囚われの身となってしまい、女の子がそれを助ける逆パターンなのが珍しいです(ちなみに本作では姉弟という事になっているが、原作では仲の良い少年少女というだけで血の繋がりはないようだ)。
それは別に良いのですがイマイチ面白みに欠けるのは、盛り上がりがないからでしょうか?
ゲルダが冒険している時、雪の女王によって家族の仲が悪くなってしまった王家や、海を自由に動けなくなってしまった海賊などの被害者が出てくるのですが、彼らが登場するシーンのみ1つの箱に収まっているような作りになっているので、どうも統一性がありません。
しかも冒険というより寄り道しているだけで、次に繋がって行く感じがなかったのもマイナスです。
せっかくこれらのドラマシーンは、結構良い感じなのに勿体ないです。
またオルムの立場が、「ラビリンス/魔王の迷宮」のホグルに似ていたのですが、もしかして意識したのでしょうか?


予告編です↓

どうしても「アナと雪の女王」と比べられてしまいますが、確かにそれと比較しますと、劣る部分があります。
でもやろうとしている事は悪くないですし、アナ雪のような「こうすりゃ売れるだろ?」とでも言いたげな狙っている感じや、下心が見えないだけでもマシです。そう思うと、色々と残念なアニメです。
ちなみに「Snezhnaya koroleva 2. Snezhnyy korol」という続編もあるのですが、こちらは本邦未公開らしいです。


1枚目:映画 アニメ 雪の女王 - allcinema.html(参考にも使った)
2枚目:KRÓLOWA ŚNIEGU (Snezhnaya koroleva) KinoActive.pl - Twoje centrum informacji o filmach i serialach.html
参考:雪の女王 - Wikipedia.htmlSnezhnaya koroleva (2012) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2015-01-04 17:55 | アニメ | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2015-05-09 15:15
少し文章を変えました。
「映画 MOVIE-FAN」に本作のページがある事を知って(http://movie-fan.jp/2012/00098611.html)、原語版の声優の名前を書こうかと思ったのですが、日本語表記がなかっただけでなく、エキサイト翻訳使っても、ちゃんと出てきませんでした。
なので、英語吹替え版の方の名前を書きました。