ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

テルマエ・ロマエII

今日は借りたDVDの「テルマエ・ロマエII」を見ましたので、その事について書きます。
前から興味があったのですが、やっと見る事が出来ました。
a0265223_1914374.jpg
a0265223_1944626.jpg

スタッフ
監督:武内英樹
原作:ヤマザキマリ
音楽:住友紀人


キャスト
ルシウス:阿部寛
山越真実:上戸彩
ハドリアヌス:市村正親


ストーリー
ルシウスはグラディエーターのための癒しの風呂や、子供のための風呂作りを任されたりなどで、相変わらず忙しい生活を送っていた。
だがまたしても現代の日本へ飛ばされて、前にも会った漫画家の真実と再会する事になる。


レビュー
実写映画版「テルマエ・ロマエ」の続編。
とは言っても、前作を知らない人でも問題なく見られるようになっていますので、安心出来ます。
古代ローマの方は古き良き時代のスペクタル映画や、かつてイタリアで作られていたソード&サンダル映画を思わせる、ちょっぴり懐かしい雰囲気を味わえますが、今回は現代日本の描写にも力を入れているせいか、まさに日本の美と言える綺麗な所が沢山出てきます。なので、これを見るだけでも価値があります。
また今回でルシウスの最期も語られたのですが、もしかしてこれで最後という事なのかもしれません。
ちなみに猛獣も登場するのですが、混浴シーンの熊のみ着ぐるみで撮影されていました。
ただその出来は「志村けんのバカ殿様」に出てきたような、いかにも作り物然としたものですが(笑)。


予告編です↓

ポスターを見れば分かる通り、完全にネタに走っています(笑)。特に2枚目はまんま「ターミネーター」で、もうあの曲が聞こえてきそうです(笑)。
曙太郎さんや琴欧洲勝紀さんも出演していますが、役名が自分の名前のアレンジなので、何だかアニメ版「アイドルマスター」の劇中劇を思わせます。
ですが私が一番気になったのは、ルシウスを良く思っていない2人組の片方と、山賊のリーダーらしき人の声が、今は亡き郷里大輔さんを思わせた事です。
一体誰なのか不明ですが、もし良ければ「鉄拳」の三島平八や、「ドラゴンボール」のミスター・サタンも、その人が演じてほしいなぁ・・・。
最後になりますが、どうやら「Gears of War(ギアーズ・オブ・ウォー)」の日本語吹き替え版で、マーカス・フェニックスを演じた廣田行生さんが、ローマ人の声をやっているそうです。


1枚目:テルマエ・ロマエII 作品情報 - 映画.com.html
2枚目:「テルマエ・ロマエ II」特報 4月26日(土)<よい風呂の日>ロードショー!!
参考:テルマエ・ロマエ - Wikipedia.html公式サイトKOKESHIS' テルマエ・ロマエⅡ.html
[PR]
by asabatyou | 2015-01-18 18:14 | 映画 | Comments(2)
Commented by asabatyou at 2015-01-19 21:55
実はあれから、この映画について色々考えてみたのですが、やはりこの映画はイタリアと日本の合作でやるべきだったと思います。
いくら日本人特有の濃い顔の人が演じているとはいえ、やっぱりどう見ても日本人にしか見えませんし、無理があります。
ちゃんとローマ人は外人が演じた方がそれらしく見えますし、世界観がはっきり分かれて差別化が出来たでしょうから。
おもちゃを使っているのが、丸分かりなシーンにも言えるのですが、どうせギャグなんだから、そこまでこだわらなくて良いじゃんと勘違いしているんじゃないかな?
あんなの見せられても、痛々しくて寒いだけだし・・・。
ストーリーも前作とまったく同じパターンなので、進歩が全然ありません。
Commented by asabatyou at 2015-01-19 22:12
ギャグについてですが、現代社会を知らない孤独なローマ人が、日本人に馬鹿にされまくるだけで、基本上から目線なので、あまり良い気分はしません(実際ローマ人が日本人から学ぶシーンがあっても、日本人がローマ人から学ぶシーンはなし)。
せっかくセットや衣装は凄く良いのに、それ以外が駄目で全部ぶち壊して台無しにしちゃっているといった感じでしょうか。