ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

鉛の兵隊

今月の6日ですが、「雪の女王」(新訳版)に収録されていた「鉛の兵隊」を見ましたので、その事について書きます。


a0265223_1845115.jpg
a0265223_18501686.jpg

スタッフ
原作:ハンス・クリスチャン・アンデルセン
監督:レフ・ミリチン
音楽:Y. フランケリ


キャスト
M. ヴィノグラードワ
A. コンソフスキー
S. ツェイツ


ストーリー
とある街のアパートメントの一室の、部屋の棚の上に、25体の鉛の兵隊の人形が置かれていた。25体は同じ鉛の塊から生まれた兄弟だったが、最後の一体は鉛が足りなくなって、生まれた時から片足しかないというハンデを背負っていた。そのため、他の兄弟のように勇ましく行進もできず、いつも一人ぼっち。
そんな彼はある日、同じ部屋に住む真っ白なバレリーナに出会う。彼女の美しい踊りに、彼の心は幸せで満たされていた。ふたりは互いに見つめ合って、いつしか惹かれあっていた。そんな二人の様子を快く思わない煙草入れに住む魔法使いが、鉛の兵隊にいじわるをし・・・。


レビュー
アンデルセンの原作を、ロシアでアニメ化したもの。
内容は完全な三角関係で、1人の女性をめぐって2人の男性キャラの奪い合いが描かれています。
主人公の兵隊は好青年タイプでヒロインと両想いですが、恋敵の魔法使いはいかにも悪役然としており、ヒロインには相手にされていないので、実に王道な作りです。
このようにストーリーこそよくあるパターンで新鮮味はありませんが、最後は意外な展開だったので、ちょっと驚きました。
またセリフがそんなに多くなかったのですが、サイレント映画や「トムとジェリー」を意識したように思えます。


本編です↓

主役ですが、見た目は青年なのに声が少年か女性のようで、違和感があります。



1枚目:выставка «Стойкий оловянный солдатик» - все новости с тегом _ О чём говорит Смоленск каждый день.html
2枚目:雪うさぎのさえらな日々 _ アニメ・コミック.html

参考↓
【ロシアのアニメ】鉛の兵隊 _ mixiコミュニティ.html
映画『雪の女王』新訳版公式サイト - 同時上映鉛の兵隊爆笑問題 太田光&光代夫妻.html
Stoikiy olovyannyy soldatik (1976) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2015-05-08 18:13 | アニメ | Comments(0)