ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

プレイヤーズ!!

昨日は前からずっと見たかった「プレイヤーズ!!」を映画館で見ましたので、その事について書きます。
初めて知った時から興味関心がありましたので、やっとその願いが叶いました。
本当はこっちを先に見たかったのですが、相手や自分の都合もあって、続編の「ハローゼア」を先に見ました。


a0265223_10574724.jpg
a0265223_10595799.jpg

スタッフ
監督:鈴木研一郎
撮影監督:宮川鉄平
録音:松永準
助監督:岡田俊祐
音楽:鈴木研一郎、川口直久 ほか


キャスト
響介:川口直久
博之:山口弘史
恵:中西祥子
寅三:ゲンジョウ
千鶴:伊藤杏奈
凛:源馬里紗


ストーリー
浜松の小さな劇団に所属している恵は、東京で一流の芝居を学ぶ夢をもっている。
パッとしない父親を嫌悪し、浜松まつりが大好きな兄の寅三とも、いつからかうまくいかなくなった。
何となく孤独を感じながら、恵は日々上京への思いを暮らせる。
ある日、彼女は響介という青年と出会う。彼の音楽は魅力に溢れ、町中をミュージカルの世界に巻き込んでしまうほどの力を持っていた。それは浜松そのものを小バカにしていた恵に大きな衝撃を与え、彼女は響介に複雑な感情を抱き始める。
一方その頃、市内の女子高生千鶴は理不尽な理由でいじめを受け、周囲から孤立してしまう。
そんな中、千鶴は変な男の博之を目撃する。黒いマントにアイマスク、「スーパーヒーロー」を気取る博之は、悪党に「袖の下」を渡すという妙な方法で浜松の平和を守ろうとしていた。
かつては本物のヒーローの弟子だったという彼。情けなくも一生懸命な博之の姿が、千鶴に笑顔を取り戻させる。
その後、千鶴は鍵っ子の小学生凛と心を通わせ、凛が一冊の古い絵本に憧れを抱いている事を知る。
絵本の主人公は、空を飛び怪力を使うスーパーヒーロー。
ひょんな事から博之の存在を知った凛は、「本物のスーパーヒーローに会いたい!」と言い出して・・・。


レビュー
浜松市・市制100周年イベントの一環として製作されたミュージカル映画で、舞台だけでなくキャストやスタッフ、監督まで浜松という異色作。
様々な考えや悩みを持つ人々が登場し、彼らの意外な繋がりや交流を描いているのは良いのですが、恵やその家族は主役である博之と関わるシーンが一切ありません。
なので、どうも統一性や一体感に欠けていました。
恵も自分の夢を叶える為に東京へ行き、最初こそ順調に進んでいたのですが、途中から段々パッとしなくなり、家族の約束通り亡き母の命日に一旦実家に戻ったのは良いけど、再び東京へ行くのか?それともきっぱり諦めて地元に残るのか?それもはっきりしませんでしたし・・・。
中には出ている意味が感じられないキャラもいまして(出番がそんなに多いわけでもなく、主人公とも繋がりがあるわけでもない)、もしまったく出てこなかったとしても話は成立するし、問題ないだろうと思いました。
続編の「ハローゼア」の方がエンディングに不満がありましたが、ストーリーは主人公達は音楽活動を楽しんでやっているけど周囲がそれを良く思わず、対立したり落ち込んだりしつつも音楽をやろうとする様を描いているので、ちゃんと話の筋が通っていて余計な物がなく、スッと入っていけました。
エンディングではこちらの方が良いですが、それ以外は「ハローゼア」の方が良かったです。
と同時に、ちゃんと進歩しているのがよく分かりました。


オリジナル・サウンドトラックPVです↓

出演者の1人である川口直久さんという方ですが、どうやら音楽も担当しているみたいです。
元々川口さんはシンガーソングライダーで、2012年にK-mix(静岡エフエム放送)「神谷幸恵の独立宣言 ザ★オーディションvol.4」にて、ソロ部門グランプリ&オーディエンス賞を受賞した事があるそうなので、だからやれたのではないかと思っています。
他にも本作には、私がいつも「路上演劇祭Japan in 浜松」でお世話になっている浜松キッドの皆さんも出演しているそうですが、おそらく恵がかつて所属していた劇団のメンバーの誰かを演じているんじゃないかと思っています(その劇団のリーダーと思われる人物を演じていたのは、劇団絡繰機械’sのリーダー格の方でした)。
「ハローゼア」でもそうでしたが、映画の出演者の方々が映画館に普通にいた事に驚きました。
出入り口で挨拶したりCDを売っている方や、一般のお客さんに混じって映画を見ていたりと、不思議な気分で新鮮味がありました。


1枚目:映画 プレイヤーズ!! オリジナル・サウンドトラック
2枚目:浜松映画『プレイヤーズ!!』みをつくし文化センターにて再上映決定!│鈴木研一郎オフィシャルブログ(浜松).html

参考↓
映画『プレイヤーズ!!』|浜松発のミュージカル総合エンターテイメント映画オフィシャルサイト.html
この映画のチラシ
[PR]
by asabatyou | 2015-08-13 11:01 | 映画 | Comments(1)
Commented by asabatyou at 2015-08-16 21:35
本作のミュージカルシーンですが、続編の「ハローゼア」がちゃんとステージで歌っていたのに対し、こちらでは歌う場所じゃない所でやっていましたので、ディズニーの映画やジュディ・ガーランドの「オズの魔法使」に近かったです。
また外人との会話シーンでは、お互い全然違う言葉で喋っているのに何故か会話が成立しているので、格闘ゲームの「鉄拳」みたいです。