ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

ポパイ テレビの人気者

昨日は今月の16日に買ったDVD、「ポパイ テレビの人気者」を見ましたので、その事について書きます。


a0265223_202795.jpg
a0265223_20434814.jpg

スタッフ
監督:イサドール・スパーバー、シーモア・ナイテル


キャスト(全てノンクレジット)
ポパイ:ジャック・マーサー
オリーブ・オイル:メエ・ケステル
ブルート(ブルータス):ジャクソン・ベック


ストーリー
オリーブはポパイと映画を見る約束をしていたが、ラジオに出演している美声の男性に夢中になっていた。
それをたまたま見ていたブルートは、そのキザな男のフリをして、完全にオリーブを虜にしてしまう。
嫉妬したポパイは、オリーブをめぐってブルートと大喧嘩するが・・・。


レビュー
ほうれん草を食べてパワーアップする事で有名な超人、ポパイの大活躍を8話収録したDVD。
どのストーリーも、ブルートからオリーブを守る為にポパイが奮闘する様を描いた、勧善懲悪ものです。
基本大喧嘩の末、ポパイが勝利するパターンが殆どですが、「商売敵(Spree lunch)」ではポパイとブルートが喧嘩するところは同じでも、お客さん(名前はウィンピーといって、ハンバーガー好き)がポパイとブルートが投げ合っている食べ物を良い感じに手に取って、自分なりに料理して食事するところで終わっているので、珍しくウィンピーが一番得する形で終わっていたのが新鮮でした。
「テレビの人気者(Parlez Vous Woo)」では、オリーブがブルートがいい男に変身した途端にそっちに惹かれてポパイを相手にしようとせず、正体が分かった途端再びポパイに惹かれるなど、身勝手なところがあったので、イマイチ好感が持てませんでした。
「ピクニック騒動(Cookin' with Gags)」でも、ブルートのイタズラにまんまと引っかかったポパイを、ブルートに一緒に笑っていましたし、何だかオリーブが一番悪い人のように見えてしまいます。
実際ウィキにも、ポパイの恋人でありながら、ポパイがだらしない態度をとるとブルートへ浮気に走ることもあるそうですし・・・。
全体的にキャラクターの動きは良いのですが、背景がお化け騒動の時と比べますと、殆どなくて薄っぺらかったので、若干クオリティが下がったなと言わざるを得ませんでした。


収録されているエピソードの1つです↓

このようなドタバタの短編コメディ物は、何となく「チャップリンの拳闘」や「キートンのハイ・サイン」といった、サイレント映画時代に作られたものを思わせます。
ひょっとしたら、その延長なのかもしれません。



出典↓
画像1:ポパイ テレビの人気者 AAS-305 [DVD]
画像2:Frederator Studios Blogs _ ReFrederator Blog _ Strong to the Finich.html

参考文献↓
ポパイ - Wikipedia.html
Parlez Vous Woo (1956) - IMDb.html
I Don't Scare (1956) - IMDb.html
A Haul in One (1956) - IMDb.html
Nearlyweds (1957) - IMDb.html
The Crystal Brawl (1957) - IMDb.html
Patriotic Popeye (1957) - IMDb.html
Spree Lunch (1957) - IMDb.html
Spooky Swabs (1957) - IMDb.html
[PR]
by asabatyou | 2015-10-23 20:12 | アニメ | Comments(0)