ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

吸血鬼ドラキュラ

昨日は録画した「吸血鬼ドラキュラ」を見ましたので、その事について書きます。
以前にも見た事はあるのですが、久々に見たくなりました。


a0265223_19515346.jpg
a0265223_1957574.jpg

スタッフ
監督 : テレンス・フィッシャー
原作 : ブラム・ストーカー
音楽 : ジェームズ・バーナード


キャスト
ドラキュラ伯爵 : クリストファー・リー
ヴァン・ヘルシング博士 : ピーター・カッシング
アーサー・ホルムウッド : マイケル・ガフ


ストーリー
1885年、ジョナサン・ハーカーは吸血鬼であるドラキュラ伯爵を倒す為に、司書としてドラキュラ城を訪れる。
手下である女吸血鬼を倒す事に成功したが、ドラキュラの敵ではなく返り討ちに遭ってしまう。
だが敵討ちをしてもドラキュラの怒りは収まらず、ジョナサンの婚約者ルーシーを狙っていた。
ジョナサンの友人であるヴァン・ヘルシング博士は、ルーシーの兄アーサー・ホルムウッドと妻のミナにルーシーを守る為に、窓を閉め、ニンニクを飾るように助言するが・・・。


レビュー
ブラム・ストーカーによる小説「吸血鬼ドラキュラ」を、イギリスのハマー・フィルム・プロダクションが映画化したもので、初のカラーによるドラキュラ映画でもあります。
タイトルこそドラキュラですが、実際はそのライバルであり天敵とも言えるヴァン・ヘルシング中心で話が進んでいるので、ドラキュラの出番は意外と少ないです(実際一番最初にクレジットされているのは、ヘルシングの方だったりする)。
しかしドラキュラ役のクリストファー・リーは193cm(196cmとも)という長身で威圧感があり、気品溢れる雰囲気や(リー自身イタリア貴族の、カランディーニ家の血を引いているという)、女性の血を吸う時の性行為を思わせるエロティックな表情や仕草もあって、存在感を大いに発揮しています。
以前の映像化である「吸血鬼ノスフェラトゥ」(著作権の関係で、名前が変更された)みたいにいかにも化け物然としているわけでもなければ、ドラキュラのイメージを決定付けた記念すべき第1号「魔人ドラキュラ」みたいに、人間のようで人間ではないような妖しい雰囲気を漂わせている事もなく、至って人間的です。
ですがこの自然体のところが、却って本性を現した時とのギャップがあり、これで正解だったと思います。
ノスフェラトゥや魔人の方は、ごく普通の人間を利用して(または完全に洗脳して、支配下に置く)、都市へ向かいそこで猛威を振るいますが、ここではドラキュラの城からそんなに離れていないと思われる場所が舞台なのも特徴です。
本作は前作の「フランケンシュタインの逆襲」(1957年版)と同様世界的大ヒットして、主演のピーター・カッシングとクリストファー・リーは、ヴィンセント・プライスに並ぶ戦後の怪奇スターとなり、監督のテレンス・フィッシャーも国際的な知名度を得ました。
ただラストのヘルシングとドラキュラの死闘シーンで、弱点の光を浴びせようとしてカーテンの所に走り出すヘルシングを止める事なく、何をしようとしているのか分からないようにただ見ているだけのドラキュラが、あまりにもマヌケ過ぎです。
もっと危機感を持って、抵抗しても良かったはずです(転ばせたり、近くにある物を投げるなど)。


予告編です↓

原題は「Dracula」ですが、これはアメリカ公開版なのでタイトルが「Horror of Dracula」になっています。
実は日本公開版にしか見られないシーンがいくつかあるそうですが、そのフィルムは全9巻のうち、後半の6~9巻が現存しており、東京国立近代美術館フィルム・センターが所有しているようです。
イギリスでは2013年のブルーレイ・DVDコンボセットに、オリジナルに日本版のカットを再編集したバージョンと、現存する日本版を収録しているみたいです。
余談ではありますが、カッシングとリーは2人とも「スター・ウォーズ」に出演した事があります(前者はエピソード4で、後者はエピソード2と3である)。



出典
画像1:マクガフィンの集積 Slapdash McGuffin 吸血鬼ドラキュラ.html
画像2:File_Dracula 1958 a.jpg - Wikimedia Commons.html

参考サイト
吸血鬼ドラキュラ (1958年の映画) - Wikipedia.html
Horror of Dracula(1958) _ Digitalvampire.net.html
●吸血鬼ドラキュラ|パイルD-3の『時速8キロの映画感』=★.html
Kyuketsu ki Dracula (1958) - IMDb.html
名俳優クリストファー・リー卿の驚くべき豆知識22選 | コタク・ジャパン.html
hammer_gentlemen.htm
クリストファー・リー - ジェームズ・ボンド Wiki - Wikia.html

参考文献
モンスター大図鑑
図説 モンスター―映画の空想生物たち
映画秘宝EX 映画の必修科目05 突撃! モンスター映画100
[PR]
by asabatyou | 2016-02-05 18:14 | 特撮、モンスター | Comments(2)
Commented by カーメン at 2016-02-07 00:20 x
こんばんは、ピクシブのほう、エルザのイラスト見に来てくれてありがとうございます。
偶然にもこちらでも吸血鬼を取り上げられることになるとは、本当に偶然でしょうけどおもしろいですね。
このドラキュラは、ドラキュラとはこういうものだという基本の基ですね。最近の作品の吸血鬼といえばHellsingのアーカードのように美形が多いですから時代を感じます。
これまで絵を描くことにはあまり興味なかったのですが、ピクシブに投稿し始めてからおもしろくなってきたので、これからちょくちょく描いていこうと思います。
エルザのイラスト以外にもすでに何枚か描きましたので、気が向いたら見に来てください(我ながら変なものばっか描いてますが……)。
Commented by asabatyou at 2016-02-07 10:34
「最近の作品の吸血鬼といえばHellsingのアーカードのように美形が多いですから時代を感じます。」

今の吸血鬼は全部知っているわけではないので、あまり詳しくは言えませんが、確かにいかにもと言いますか、怖い感じのキャラはいないような気がします(http://dic.pixiv.net/a/%E5%90%B8%E8%A1%80%E9%AC%BC#h2_4)。
「東方Project」のレミリア・スカーレットも吸血鬼だそうですが、見た目は可愛い女の子ですからね。

「エルザのイラスト以外にもすでに何枚か描きましたので、気が向いたら見に来てください(我ながら変なものばっか描いてますが……)。」

実はちょびちょびですが、見た事があります。
「ドラゴンボール」のブロリーを、アレンジしたかのような絵がありましたね。