ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

マックイーンの絶対の危機(ピンチ)

今日は録画した「マックイーンの絶対の危機(ピンチ)」を見ましたので(日本でのテレビ放送時のタイトルは「SF人喰いアメーバの恐怖」、ビデオ発売時のタイトルは「スティーブ・マックィーンの人喰いアメーバの恐怖」)、それについて書きます。
存在自体は前から知っていましたが、実際見たのはこれが初めてです。

a0265223_1953649.jpg
a0265223_1985619.png

スタッフ
監督 : アービン・S・イヤワース・ジュニア
製作 : ジャック・H・ハリス
音楽 : ラルフ・カーマイケル


キャスト
スティーヴ・アンドリュース : スティーブ・マックイーン
ジェーン・マーティン : アニタ・コルシオ
デイヴ警部補 : アール・ロウ


ストーリー
アメリカの田舎町に落ちた隕石から、スライムのような宇宙生物が誕生した。
宇宙生物は次々と人間を飲み込んで、次第に成長していった。
これを知ったスティーヴは町に危機が迫っている事を周囲に話しかけるが、日頃の行いが悪いせいで誰にも信じてもらえなかった。
スティーヴは親友の力を借りて諦めずに警告するが、やはり結果は同じであった。
だがそんな時、映画館が近くにある所から大勢の人々が逃げているのを目撃する。
そこへ行ってみると、巨大化した宇宙生物の姿があった・・・。


レビュー
「荒野の七人」や「大脱走」で有名な、スティーブ・マックイーン主演のモンスター映画。
これが作られた1958年はマックイーンはまだ無名時代なのですが、日本で公開された1965年では既に大スターだった事もあって、この邦題になりました。
ストーリーは実にシンプルで、怪物が地球にやって来て猛威を振るっている事を知ってしまった主人公が、この事を話しても信じてもらえないのですが、最後は真実だと証明されるというものです。
ほぼ同じ時期に作られた「暗闇の悪魔 大頭人の襲来」と似たストーリーですが、「暗闇の悪魔~」はコメディ・タッチで宇宙人自体も別に強いわけでもなく、イマイチ緊張感がありませんでした(デザインや造形は、「金星人地球を征服」の金星ガ二で有名なポール・ブレイズデルなので、魅力はありますが)。
ですがこちらはシリアスですし、怪物のブロブ(ブロッブ)もスライムみたいな姿をしている為、どんな所にも簡単に侵入出来たり、あらゆる攻撃が一切通用しないので、こちらの方が面白いです。
不死身のモンスターといいましたら、真っ先に思い浮かぶのがゴジラですが、ゴジラは架空の存在ではあるもののオキシジェン・デストロイヤーで死亡したのに対し、ブロブは凍らされて動きを封じられただけで死亡していません。
凍ったブロブは空軍によって北極まで運ばれるのですが、北極が寒い限りはの話なのでまた活動する可能性も十分ありえます。
エンディングではTHE ENDの後に?マークが出てきましたが、実際「悪魔のエイリアン(「人喰いアメーバの恐怖NO.2」というタイトルもあるようだ)という続編や、「ブロブ/宇宙からの不明物体」というリメイク版も作られました。
若者vs怪物である事からドライブ・イン・シアター向けモンスター映画だと思うのですが、中々良く出来ていて楽しめました。


予告編です↓

私が一番驚いたのは、「禁断の惑星」のポスターが登場している事です(何故かタイトルが、「吸血鬼とロボット」になっている)。
製作のジャック・H・ハリスは「4Dマン」や「最後の海底巨獣」などを制作しており、「ブロブ/宇宙からの不明物体」にも参加しています。



出典
画像1:The Blob (1958) _ 3B Theater Poster Archive.html
画像2:The Blob (1958) Blu-ray Review _ High Def Digest.html


参考サイト
Blog - マックィーンの絶対の危機.html
マックイーンの絶対の危機 - Wikipedia.html
BEWARE! THE BLOB.html
The Blob (1958) - IMDb.html
映画 マックィーンの絶対の危機(ピンチ) - allcinema.html


参考文献
図説 モンスターランド―知られざるモンスターの生態
よくわかる「世界の幻獣(モンスター)」事典―ドラゴン、ゴブリンからスフィンクス、天狗まで
映画秘宝EX 映画の必修科目05 突撃! モンスター映画100
モンスターパニックReturns!―怪獣無法地帯 (Million mook―新映画宝庫)
モンスターパニック―超空想生物大百科 (Million mook―新映画宝庫)
あなたの知らない怪獣マル秘大百科 (映画秘宝COLLECTION)
図説 モンスター―映画の空想生物たち (ふくろうの本)
モンスター大図鑑 (ネコ・パブリッシングのビジュアルガイドブック)
[PR]
by asabatyou | 2016-09-16 17:52 | 特撮、モンスター | Comments(2)
Commented by カーメン at 2016-09-20 21:01 x
スライム状の生命体で凍らせるしかないという特徴で自分はメトロイドを思い浮かべました
けどまったく形を持たない怪物というのは恐怖感が強いですね
Commented by asabatyou at 2016-09-20 22:09
私としては、ブロブはゴジラよりも恐ろしかったです。
倒せる方法がありませんから、余計脅威です。

「スライム状の生命体で凍らせるしかないという特徴で自分はメトロイドを思い浮かべました」

私は「メトロイド」といいましたら、スマブラに主役のサムスが出ている、弟が「メトロイドプライム」をプレイしているのを少し見ただけなので詳しい事は言えませんが、まさかそういう共通点があるとは思いませんでした。
元々「メトロイド」自体、SF映画のような雰囲気がありますが。

一応劇中では殺せる方法がないとされていましたが、ある方法を使えば倒せるかもしれません。
「ターミネーター2」のT-1000みたいに、溶鉱炉かマグマの中に落とす事です。
T-1000も液体金属で出来ているから、色んな形に変形出来て散々主人公を苦しめましたが、最期は溶鉱炉に転落して消滅してしまいました↓
https://www.youtube.com/watch?v=mTUGXB4i2wI

機械のT-1000ですら耐えられなかったのですから、生物のブロブに耐えられるとは思えません。
しかしブロブが炎の類に弱いか強いかは、分かりませんが・・・。