ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

あの闇の中へ進め

今日はウル魔の最新エピソードを読みましたので、その事について書きます。


a0265223_12353149.jpg



ストーリー
ラグドリアン湖の底に進んで行く、東方号。
だがアークボガールによって目を覚ましたディプラスが、東方号を襲ってきた!!

ちょうど同じ頃東方号の帰りを待つ仲間達にも危機が迫っていて、アークボガールが襲撃してきた!!
そのピンチをウルトラマンヒカリと、ウルトラマンジャスティスが駆けつけるが、2人には体力やエネルギーが完全に回復していなかった。
カラータイマーが赤く点滅し続けている状態で、アークボガールと戦う羽目になってしまった。

トリスタニアにも危機が迫っていて、ヴィットーリオが巨大な白い天使を呼び、トリステインを吹き飛ばし火の海にしていた!!
烈風カリンがその危機を救うが、ヴィットーリオはまだまだ余裕を崩してはいなかった・・・。


レビュー
今回は3つも大惨事が描かれていて、もう色んな意味でハルケギニアが終わろうとしています。
ディプラスが東方号を襲うところは、「海底二万哩」を思わせますが、巻きつけて締め上げるところは「海底軍艦」を思わせます。
苦戦している事を考えますと、両者のいいとこ取りのような印象も受けます。
エンジンのエネルギーを、電気ショックにして奴にぶつけるという作戦を思い付くのですが、それは残ってるぶんのエネルギーは底を尽くようですが・・・。

アークボガールと戦う事になった2人のウルトラマンですが、ミクラスやウインダムをもう一度呼んで4対1という手もあるかもしれません。
あまり変わらない気もしますが・・・。

ゾグはウルトラマンですら小動物か小人に見えるほどのデカさなのに、それをどう人類が立ち向かうのかが気になります。



ゾグ(幻影)
a0265223_12433746.jpg

ヴィットーリオが送り込んだ、白い巨大な天使。
ロマリアでは神格化されていて、波動球を撃ちはなってトリスタニアを火の海にしてしまった。
だがその後、烈風カリンのエア・カッターを食らったが・・・。



ちょうどこのエピソードに合った曲がありましたので、その紹介をしたいと思います。


「新世紀エヴァンゲリオン」にある、使徒襲来の曲です。
ディプラスの襲撃部分に使うのが、合っていると思います。
文章でいいますと、「なんだいったい?」から「だが、怪獣、深海竜ディプラスはなおも敵意を揺るまさせずに、沈んでいく東方号をめがけ牙をむいて襲い掛かっていった。」までです。




「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」で使用された、「The final decision We all must take」です。
歌詞を見てみたのですが、ボロボロになりながらもアークボガールに立ち向かっていく事、負ければもう次はないという感じが雰囲気が出ています。
文章ですと、「湖の上で、東方号の帰りを待つ仲間たち。その彼らの前で、信じられない光景が空に浮かんできたのである。」から、「だがそれは、なぶり殺しにも似た一方的な殺戮劇になるであろうことは、もはや誰の目にも明らかであった。」までです。



出典
画像1:ゼロの使い魔 ~双月の騎士~第2話 感想 - 分岐路~始まりと終わり~ - Yahoo!ブログ.html
画像2:新ウルトラマン列伝42話を見たの事 ( その他テレビ ) - ~脳髄垂れ流し~できれば寝てすごしたい - Yahoo!ブログ.html

本編
あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ - ウルトラ5番目の使い魔、第三部-48.html
[PR]
by asabatyou | 2016-10-28 11:44 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(6)
Commented by カーメン at 2016-10-30 15:49 x
ラスボスに裏ボスとすごい敵が並んできましたね、まさに絶望
けどここから逆転していくのが燃えるんですよね
Commented by asabatyou at 2016-10-30 17:27
確かに、そうですね。
上でも書きましたが、ディプラスと東方号の絡みは「海底軍艦」と「海底二万哩」を思わせますが、後者みたいな展開になっていますからね。
http://www.dailymotion.com/video/x7lvs4_%E6%9D%B1%E5%AE%9D%E6%98%A0%E7%94%BB-%E6%B5%B7%E5%BA%95%E8%BB%8D%E8%89%A6-%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%80-shortcut-clip_shortfilmsみたいに、敵をあっさり倒せるぐらいの力があれば、苦労しないのですが・・・。
Commented by エースロボット改 at 2016-10-30 23:35 x
海底軍艦といえば、太平洋戦争中にあんなものどうやって設計できたんでしょうねえ。そのへんの説明を後年のリメイク作である新・海底軍艦ではやっていますが、もしかしたら日本軍はムウ帝国とも違う超科学文明の遺産をどこかで見つけたりしたのかもしれません。
もっともマンダ相手には勝てた海底軍艦もゴジラ相手には幸運に助けられて封印に持ち込むのがやっとだったというあたり、上には上がいるものです。
Commented by asabatyou at 2016-10-31 11:52
「新海底軍艦」って、確かアニメですよね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%B5%B7%E5%BA%95%E8%BB%8D%E8%89%A6によりますと、「旧日本海軍の設計したドリル付きの巨大万能艦が活躍する」という設定以外、小説、映画版いずれの『海底軍艦』と全く関連がないらしいです。
しかも完結せず、中途半端な所で終わっているみたいですが…。

「マンダ相手には勝てた海底軍艦もゴジラ相手には幸運に助けられて封印に持ち込む」
それ確か、「ゴジラ FINAL WARS」でしたっけ?
他にゴジラと海底軍艦の共演作は、ありませんからね。
Commented by エースロボット改 at 2016-10-31 19:58 x
ああ、話が足りずにすみません。新海底軍艦にはコミック版もあって、そちらはきれいに完結してるんです。
内容はアニメ版とはやや違い、地上占領を企む地空人が地上人にオーバーテクノロジーを与えて海底軍艦を作らせて、それを奪って使おうとしますが主役艦のラ號だけが人類の手に残って敵の海底軍艦と戦うというものです。
だから轟天号も海底軍艦を悪用しようと企む何者かが日本軍に技術援助して作らせようとしたけれども日本の敗戦と神宮寺大佐の逃亡でご破算になった、という裏設定を考えてみた次第です。ムウ帝国が最高機密の海底軍艦を知っていたのも、シートピア海底王国とM宇宙ハンター星雲人のつながりがあったように、海底軍艦のデータを渡されていたからだと考えるとつじつまが合いますし。

でもアニメ版も未完とはいえ2巻で完結と思えばそう悪くないので、ご覧になられて損はないと思います。氷山から出撃するラ號はかっこいいです。というか、ウル魔に出てくる東方号のイメージそのままです。

あと、お察しのとおり対ゴジラはFWです。
Commented by asabatyou at 2016-11-01 19:05
「新海底軍艦」は、そうなっているのですね。
ウル魔に登場する東方号が、「新海底軍艦」のイメージそのままなのは意外でしたが。

「あと、お察しのとおり対ゴジラはFWです。」

やはりそうでしたか。
ちなみに海底軍艦(轟天号と言った方が良いでしょうか)は、「Godzilla: Unleashed」にも出ているようです↓
https://www.youtube.com/watch?v=4RhKoLdLWtI

後書き忘れた事があるのですが、「日本のとある湖は地底で海につながっていて、そこから大ダコが出てきたことがあるというが、」とありますが、完全に「フランケンシュタイン対地底怪獣」を意識してますね。
ですが大ダコの登場は、テレビ放送版らしいですが↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AF%BE%E5%9C%B0%E5%BA%95%E6%80%AA%E7%8D%A3#.E7.B5.90.E6.9C.AB.E3.81.AE.E3.83.90.E3.83.AA.E3.82.A8.E3.83.BC.E3.82.B7.E3.83.A7.E3.83.B3、
http://dic.pixiv.net/a/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E5%AF%BE%E5%9C%B0%E5%BA%95%E6%80%AA%E7%8D%A3、
https://www49.atwiki.jp/aniwotawiki/pages/8241.html