ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

スタジオジブリ・レイアウト展

a0265223_17575382.jpg
a0265223_17581175.jpg

昨日は静岡市美術館でやった、「スタジオジブリレイアウト展」に行って来ました。

レイアウトとは、絵コンテを基に「作画」と「背景」の元絵になるものを描いたものです。
アニメは実写の作品とは違っていて、人物や背景、雨や風などの自然現象まで、何もかも全部いちから描いて用意しなくてはいけません。
アニメを作る場合、キャラクターは作画担当で背景は美術担当というように、その仕事内容は分業化されています。
その為共通の認識を持った状態で作業しないと、背景とキャラが噛み合わない画面になってしまいますので、それを防ぐ大変重要な役割を担っています。

そのレイアウトを展示したのが、今回見たものです。

宮崎駿監督や高畑勲監督の作品が、どうやって作られたのかが分かるようになっており、「千と千尋の神隠し」や「平成狸合戦ぽんぽこ」といった劇場作品は勿論、「アルプスの少女ハイジ」や「未来少年コナン」などのテレビ作品も取り扱っていました。

とにかく人が多くて入るのに時間がかかった事、1点1点ゆっくり見ると2時間以上かかる事、ツイッターでも書いたようにシアーミュージックのボイストレーニングがあった事から、ゆっくり見ている暇がないのでは?と思ったりしました。
ですが最初のナウシカやラピュタ辺りは大勢でしたが、それ以外は比較的空いているので、思ったよりじっくり見られました。
中には現存しているレイアウトが少なくて、1枚か2枚ぐらいしかないのもありました。

私が特に嬉しかったのは、「千と千尋の神隠し」の世界観を一部再現したセットがあったり、そのレイアウトだけで1つの部屋を使っていた事です。
やはり好きな作品ですから。

音声ガイドですが、何と千尋役の柊瑠美さんが担当していたそうです!!
私は上に書いた理由やお金の関係でやらなかったのですが、千尋の声でガイドしてくれるのであれば、やりたかったなぁ・・・。
個人的に柊さんは、ジブリ専属の声優や女優になってほしいと思っているのは、私だけでしょうか?



a0265223_22284283.jpg

出口の所ですが、自分でまっくろくろすけ(ススワタリ)を描いて専用の壁に貼ろうというのがありましたので、やってみました。
あえて見ないで描いたのですが、周りの毛(?)が本物と違っていて驚きました。
見た方が良かったのか見なかったのが良かったのか、今となっては分かりません。



参考サイト
http://dic.nicovideo.jp/a/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88


詳しくはこちら↓
スタジオジブリ・レイアウト展 - TOPICS.html
http://shizubi.jp/exhibition/future_161119.php
[PR]
by asabatyou | 2017-01-23 18:19 | アニメ | Comments(0)