ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

療育手帳を作るについて

昨日は療育手帳を作る為の、面接に行ってきました。

こちらでも書きましたが、私は発達障害に近い人である事が分かり、今後仕事や生活しやすくする為に療育手帳があった方が良いと言われたからです(昨日しか、相手の都合の良い日がなかった為)。

最初は少し話し合った後、面接をやりましたが(前回やった物と似た感じだが、やらなかったテスト(?)もあった)、やはり結果は療育手帳があった方が良いレベルだそうです。

幼い頃どんな感じだったか?については両親の助けが必要ですが、学校ではどうだったか?も当時の担任の先生の協力が必要らしいです(主に小学生から、中学生まで)。
なので今後はアルバムや成績表などを集めて、また健康福祉センターに持ってきてほしいようです。
そうすれば、センターの人達が先生達とお話して、療育手帳がより作りやすい状況になるのですが、もうすぐ学校が夏休みになるので、完成するのに9月ぐらいになるみたいです。

今日そのアルバムや成績表などの資料集めをしている時、当時私が描いた絵(「クレヨンしんちゃん」や「ウルトラマン」、「ジョーズ」など)、少年時代の私の写真などが出てきて、ほんの少しですが過去に戻る事が出来ました。

そもそも私が、何故これをやる事になったのか?
全ては、仕事に原因がありました。
ここでも書きましたが、私が今まで働いた所は職場環境が酷かったので、嫌気が差してやめました。
その後ここでも書いたように、去年の12月から今年の2月の初めまで派遣社員として、工業薬品やその他の化学薬品の原料投入または補充する仕事の会社で働きましたが、素早さが求められるなど向いていなく長続きしませんでした(しかしそれでも派遣会社側の方が、「今あなたがいる会社の人が、「あの人は素早い動きが苦手であたふたしてるなどがあるけど、彼は彼なりに頑張っているよ」と言ってましたよ」と言ってくれた時は嬉しかった)。
そこでいつもお世話になっているサポステ(地域若者サポートステーション)に相談してみたら、4月に何が苦手かを知れる検査をやる事を教えられてやってみました。
そして5月にその結果が来たら、このようになり6月で療育手帳を作る決意をしたのです。

[PR]
by asabatyou | 2017-07-15 18:30 | 日記 | Comments(2)
Commented by asabatyou at 2017-07-17 21:45
発達障害については話によりますと、交通事故などの関係でなる場合と、生まれつきの2種類があるそうです。

私の場合は後者のパターンで、最近なって私がまだ小学2年生ぐらいの時、「この子は、それ専門の学校に入れた方が良いのでは?」と担任の先生が、母に行っていた事を知りました。
初めて知った時は、正直驚きました。
Commented by asabatyou at 2017-07-19 23:07
実は今日、療育手帳を作る為の資料(卒業アルバムや成績表など)を健康福祉センターに持って行きました。
小中学校時代の物がメインで、他はそんなにスポットが当てられませんでした。
他の人の場合は残っていない事が多いので、珍しいようです。
ここからこれらの資料を基にして(コピーしたから、本物は私の所に帰ってきた)、センターの方々が当時の担任だった先生方と話し合っていくのですが、それプラス発達障害専門の先生とも話し、本当に療育手帳が必要かどうかを調べるそうです。
しかしそれでも、早くて9月に分かるみたいです。