ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

虚無を超えて(前編、後編)

今月の16日はウル魔の最新話を読みましたので、その事について書きます。


a0265223_18033878.jpg
a0265223_18193742.jpg

ストーリー
怪獣達の猛威から生き残ったブリミルとサーシャだったが、仲間も何もかも全てなくしてしまった。
責任を感じたブリミルは、ハルケギニアを元に戻すと言うと、サーシャの前から姿を消したが、嫌な予感がした彼女は彼を捜す事にした。
途中でリドリアスが仲間に加わり、ブリミルと再会出来たのは良かったが、カオスヘッダーが襲撃しリドアリアスがやられて、カオスリドアリアスになってしまった。
だがその時青い流星がやって来て、ブリミルとサーシャを救った。
その勇者の名前は、ウルトラマンコスモス!!


レビュー
前回の続きです。
登場する怪獣はリドリアス(カオス化も含む)のみとなっていますが、実際はパゴスやガボラ、吸血植物、グモンガに似た巨大蜘蛛(青黒い色してるという事は、コバルトブルータランチュラみたいな感じだろうか?)、巨大フナムシ(おそらく「ゴジラ」(1984年版)に登場した、ショッキラスだと思われる)も登場しています。何故リドリアスしか書かれてないのかは、不明です。

それにしてもリドリアスはハルケギニアでは普通に見られた存在だったにもかかわらず、マギ族の騒乱で数を急激に減らし、今では今回登場した個体が最後の1匹みたいです。
まさに絶滅危惧種の渡り鳥なので、ブリミルとの絡みは、宿命と言えます。



出典


本編

[PR]
by asabatyou | 2017-05-18 17:29 | ウルトラ5番目の使い魔 | Comments(6)
Commented by エースロボット改 at 2017-05-19 00:06 x
うわっと、今回ずいぶん刺激的なのをトップ絵に持ってきましたね。
それはともかく今回もパロが随所に仕込まれてて、もうこういうのを探すのがお約束ですね。ショッキラスはそのとおりでしょうし、このほかには水槽の底にいたカニみたいな生き物ってデストロイアのことじゃないでしょうか。
あとブリミルのはっちゃけぶりが目立ってましたね。あるところなんかジャグラスジャグラーそのものでしたw
Commented by asabatyou at 2017-05-20 11:18
「うわっと、今回ずいぶん刺激的なのをトップ絵に持ってきましたね。」

言われてみれば、確かにそうですね。
私は特に意識してなかったのですが。

「このほかには水槽の底にいたカニみたいな生き物ってデストロイアのことじゃないでしょうか。」

今言われて分かったのですが、その可能性があります。
カニの怪獣といいましたら、他に「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ決戦!南海の大怪獣」のガニメがいますが、あれでは大きさが違い過ぎて無理がありますからね。

ジャグラスジャグラーは、「ウルトラマンオーブ」に登場したオーブの宿敵らしいですが、クールな外見と、それに似合わぬ狂気的な性格や言動、それを見事に熱演した青柳尊哉氏の演技力の高さなどから、敵キャラクターであるにもかかわらず、ガイ=オーブに匹敵するほどの人気を誇っているようです。
Commented by エースロボット改 at 2017-05-20 20:44 x
オーブは近年のウルトラマンの中でも評判のいいほうですから一度ご覧になられてみてはどうでしょう。
特にジャグラーがどういうキャラかは見ないとわからないものですし。騙されたと思って3話くらいまでいかがですか?
Commented by asabatyou at 2017-05-20 22:22
「ウルトラマンオーブ」は「ウルトラマンライブPeace of the Earth 2017」で見ただけですが(http://asabatyou.exblog.jp/23711285/)、3話ぐらいまでなら空いている時間を使って、鑑賞しようかと思います。
Commented by NickName at 2017-06-12 22:02 x
ウル魔はハーメルンの方で早めに更新されているのでそちらを見た方がいいかと、そして最新話には新たな乱入者が!ぜひ見た方がいいですよ
Commented by asabatyou at 2017-06-12 23:37
ありがとうございます。
ところでそのハーメルンとは、もしかしてこれですか?↓
https://novel.syosetu.org/29707/

私が知らない内に、もう2話も追加されているので驚きました。
確かに今後はウル魔を読むとしたら、そちらの方が良いかもしれません。
空いてる時間を使って、読んでいこうと思います。