ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

2013年 10月 30日 ( 1 )

昨日はこれで観た「すて猫トラちゃん」の事について書きます。


ストーリー
とある猫の家族が、捨てられている子猫を発見した。
放っておけない母猫はその子猫を拾い、我が子のように大切に育てるが、相手にされない事に嫉妬した一番末っ子の子猫が家出してしまう。
これに気付いた拾われた子猫は責任を感じ、行方不明になった子猫を捜しに出かけたのだった。


レビュー
これはまた古いアニメを観てみたいと前から思っていたので(新しいものばかりじゃ、味気ないし)、何かないかな?と探していた時に、偶然見つけたものです。
絵がどこか「桃太郎 海の神兵」似てるなと思っていたら、実際それに参加していた政岡憲三さんという方が作ったということもあって、これは面白そうだし期待出来ると思って、迷わず観ることにしました。
実際観てみたら、やはり絵と動きが綺麗で流石だと言わざるを得ません。
一応音声はありますが、歌のシーンがメインになっている為、セリフはほんの一部しかありません。
おそらく「くもとちゅうりっぷ」や「桃太郎 海の神兵」との差別化だと思うのですが、出来ればもっとあってほしかったです。
それと本作の生みの親である正岡さんについてですが、「日本のアニメーションの父」と呼ばれている人で、日本初のトーキーアニメを作ったり、ゴジラやウルトラマンで有名な円谷英二さんと組んで、日本初の人形アニメを使用した「かぐや姫」を作るなどの偉業を成し遂げ、さらに映画業界で働いていた時でも助監督、美術スタッフ、カメラマン、さらには「瀬川瑠璃之助」の芸名で俳優までこなすという多才ぶりを見せたそうです。
実際それを活かしたせいか「べんけい対ウシワカ」という作品を作った時では、弁慶の声優として出演までやっているらしいです(主役の牛若丸を演じたのは、彼の奥さんだという)。凄い人だ…!!
a0265223_21222848.png
a0265223_2122083.png

スタッフ
演出:政岡憲三
製作:井関輝雄
脚本:佐々木富美男
撮影:西倉喜代治
作詞:佐伯孝夫
作曲:服部正
音響効果:園田芳竜
演奏:東宝交響楽団
指揮:服部正


本編はこちら↓





この家族に父親がいないのは、戦争が影響しているのではないかと言われているそうですが、そう思うと何だか悲しくなってしまいます。この家族が非常に明るい事と、母猫が母性愛溢れるキャラクターなので余計に…。
この母猫に惹かれた子供が多かったらしいですが、非常に納得出来ます。
あの優しい性格は観ていて、懐かしささえ感じます。


画像:Nishikata Film Review Tora-chan, The Abandoned Kitten (すて猫トラちゃん, 1947)
参考:映画 アニメ すて猫トラちゃん - allcinemaすて猫トラちゃんすて猫トラちゃん(アニメ映画)【あにこれβ】政岡憲三 - Wikipedia政岡憲三とは【ピクシブ百科事典】【つれづれ雑記】
[PR]
by asabatyou | 2013-10-30 19:07 | アニメ | Comments(1)