ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

2017年 03月 12日 ( 1 )

今日は図書館で借りたDVDの1枚「フランケンシュタイン」(1931年版)を見ましたので、その事について書きます。
前にも見た事があるのですが、久々に見たくなりました。


a0265223_18511526.jpg
a0265223_18543254.jpg

スタッフ
監督 : ジェームズ・ホエール
製作 : カール・レムリ・ジュニア
原作 : メアリー・シェリー
メイキャップ : ジャック・P・ピアース(ノンクレジット)


キャスト
フランケンシュタインの怪物 : ボリス・カーロフ
ヘンリー・フランケンシュタイン : コリン・クライヴ
エリザベス : メイ・クラーク
ウォルドマン教授 : エドワード・ヴァン・スローン
フリッツ : ドワイト・フライ
リトル・マリア : マリリン・ハリス


ストーリー
新しく生命を創造する事を試みる科学者のヘンリー・フランケンシュタインと、その助手であるせむし男(今では差別用語らしいが・・・)のフリッツ。
実験用の死体を求めて墓を暴き、大学から脳標本を盗み、雷光の高圧電流を利用して生命の復活光線実験を試みた。
しかしその体には犯罪者の脳が埋め込まれてしまった為、凶暴な怪物が誕生してしまった。
怪物は研究所から脱走した後、村で次々と人々を殺害するが、怒りに燃える村人達に風車小屋に追い詰められて・・・。


レビュー
メアリー・シェリー氏原作の小説「フランケンシュタイン」を、映画化したもの。

フランケンシュタインの映像化といいますと、以前1910年に「エジソン・スタジオ」で作られましたが、こちらはボサボサの髪にボロボロの服を着ているという、まったく異なる姿でした。
本作は決して最初の映像化ではありませんが、これに登場した怪物が「フランケンシュタイン」と聞いて誰もが知っている、あの有名なデザインが誕生した記念すべき第1号なのです(デザインは、メイクアップ師のジャック・P・ピアース氏が担当)。

ストーリーは怪物を作ったけど逃げてしまったので、騒ぎを起こすというシンプルなものですが、無駄なくテンポ良く進んでいきますので、文句なしに楽しめます。
「魔人ドラキュラ」やジョニー・ワイズミュラー氏の「類猿人ターザン」(1932年版)といった、他のトーキー創成期の映画と同じくOPとED以外音楽が一切ありませんが、その事が全然気になりません。

怪物自体も人間のようで人間とは違う独特の雰囲気や奇妙さ、異物さがあり、ただ単に吠えて暴れるだけの怪物ではない不気味さがあります。
少しゾンビ的な感じもしますが、演じたボリス・カーロフ氏の熱演もあって、実に魅力的なキャラクターとなりました。
後にベラ・ルゴシ氏やグレン・ストレンジ氏といった様々な役者が演じますが、私が思うにカーロフ氏が演じた怪物こそ最も優れていて、あれほど絵になるキャラクターは他にいません。流石というべきか。

このように歴史に名を残したのも納得出来る完成度の高さで、モンスター好き以外でも、映画やキャラクター物が好きな方なら是非1回は見てほしい必須作品です。



予告編です↓

ちなみにこのデザインは、生みの親であるユニバーサルが著作権を持っている為、まったく同じ物を使用出来ないようです(フランケンシュタインを題材にした作品は数多く存在しているが、お馴染みの姿で登場している作品が意外と少ないのは、それが理由)。

この映画では怪物と少女が湖で遊ぶシーンがあるのですが、自然界を舞台に少女と人外の交流というのは、後の「となりのトトロ」にあるメイちゃんとトトロのファーストコンタクトを思わせ、物を使ってやりとりするのが、「千と千尋の神隠し」の千尋とカオナシにも見えました( 宮崎駿監督作品の原点、ここにありとも言えるかも)。
てっきり仲良くなったと思われる2人ですが、この後怪物が少女を湖に投げ込んで死なせてしまう、非常に後味の悪い結末が待っていますが、私が初めてビデオで見た時、このシーンは確かカットされていました。
怪物が何故こんな事をしたかについては、さっきまで一緒にやっていた花を投げて浮かべる遊びと同じように、女の子も花みたいに浮かぶだろうと思ってやっただけなので、悪気はありません。
怪物が人を襲ったり殺害するのは基本正当防衛ですが、この時だけは本人が良かれと思ってやった事が裏目に出てしまった為、「自分はとんでもない事をしてしまった」と焦って狼狽えるところが印象に残ります。

最後で炎に包まれてもがき苦しむのは、「恐竜グワンジ」と同じですが、どちらも身勝手な人間に振り回された哀れな被害者という点では共通しています。



出典
画像1:Frankenstein Movie Poster (#1 of 4) - IMP Awards.html
画像2:1,000 件以上の 「Halloween pictures」のおしゃれアイデアまとめ|Pinterest の画像 _ ナイトメアー・ビフォア・クリスマス、ハロウィンの飾り付けアイデア、黒猫.html


参考サイト
フランケンシュタイン (1931年の映画) - Wikipedia.html
映画 フランケンシュタイン - allcinema.html
Frankenstein(1931) _ Digitalvampire.net.html
ユニヴァーサル篇1.html
フランケンシュタイン (ふらんけんしゅたいん)とは【ピクシブ百科事典】.html
〈ネタバレ注意〉『フランケンシュタイン』(1931年)をご覧になった... - Yahoo!知恵袋.html
淀川名画撰集 - フランケンシュタイン.html
Furankenshutain (1931) - IMDb.html


参考文献
モンスターパニック―超空想生物大百科
モンスター大図鑑
図説 モンスター―映画の空想生物たち
[PR]
by asabatyou | 2017-03-12 17:54 | 特撮、モンスター | Comments(0)