ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

2017年 04月 27日 ( 1 )

昨日はYouTube(プレイステーション4があると、テレビの大画面で楽しめるので、それで見た)で「恐怖城(「ホワイト・ゾンビ」や「ベラ・ルゴシのホワイト・ゾンビ」という表記もあるが、原題が「white zombie 」だから、後者のタイトルの方がしっくりくる)」を見ましたので、それについて書きます。
前から興味があった映画の1本ですが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_18150599.jpeg
a0265223_18235634.jpg

スタッフ

監督 ヴィクター・ハルペリン

脚本、原作 ガーネット・ウェストン

原案 ウィリアム・シーブルック(ノンクレジット)

製作 エドワード・ハルペリン ほか

メイクアップ・アーティスト ジャック・P・ピアース(クレジットでは、ジャック・ピアース)ほか



キャスト

ルジャンドル ベラ・ルゴシ

マデリーン・パーカー マッジ・ベラミー

ニール・パーカー ジョン・ハロン

チャールズ・ボーマン ロバート・フレイザー

ブルーナー博士 ジョセフ・カーソン

ゾンビ :フレデリック・ピーターズ、クロード・モーガン ほか



ストーリー
ニールとマデリーンはボーマン氏の紹介で、結婚式を挙げる為にハイチを訪れる。
しかしそこにはゾンビと呼ばれる不気味な集団がいて、ボーマンの屋敷の先客だった宣教師のブルーナー博士は、2人にここには長居はしない方が良いと忠告する。
その不安は的中し、ボーマンはマデリーンに惚れていて、彼女を奪う為にゾンビを操る魔術師ルシャンドルと手を組んでいた。
ボーマンはルシャンドルから貰った薬で、マデリーンをゾンビに変えてしまったが・・・。


レビュー
ゾンビ映画の、記念すべき第1号。


当時ハリウッドでは「魔人ドラキュラ」や「フランケンシュタイン」(1931年版)などのホラー映画がブームになっていて、古典モンスターに代わる新しい素材を渇望していました。

そんな時インディペンデント系映画を製作するハルペリン兄弟は、ウィリアム・シーブルックの著作「the magic island(彼がハイチに渡り、ブードゥー教の信者に取材した時の事を本にした)」にあるゾンビに着目したほか、ブロードウェイで上演されていた「zombie」を基にして、本作を企画し製作しました。


主役を「魔人ドラキュラ」で有名になったベラ・ルゴシにして、さらに取り壊す直前だった同作のセットを流用させてもらった上、ジャック・P・ピアースまで雇ったので、5万ドル(5千ドルという説も)という低予算とは思えない仕上がりとなりました。


さて「恐怖城」のゾンビは、後の作品と異なり生ける屍ではなく、自我をなくして仮死状態にされた人間です。

基本は命令通りに動くだけの奴隷に過ぎず、人を襲ったり人肉を食らったりしないので、本作における恐怖はゾンビではなく、ゾンビにされる事やゾンビ―マスターに対するものです。

その為今現在見てしまうと地味な印象を受けてしまいがちですが、この映画のゾンビは一切声を出す事もなければ、無表情無感情で目を見開いたままで、異様さがあるのは事実です。

終わり頃では主人公を抹殺する為に襲いかかりますが、集団でフラフラとした動きは、後のゾンビ映画を彷彿させます。


若干テンポが悪く、ストーリーも同じヒロインを巡って男達が争う三角関係物ですが(ヒロインの見た目が、ベティ・ブープに似てる)、ゾンビの不気味さやルゴシ演じるゾンビマスターの悪魔的な雰囲気(ゾンビを操る時、両手を握り合わせるところが印象に残るが、これはティム・バートンの「エド・ウッド」で、ルゴシを演じたマーティン・ランドーが再現していた)、その彼がいる城の幻想的で壮大さのある作りもあって(まさにダーク・ファンタジー)、見所はあります。


ちなみにヘヴィメタルバンドにも、ホワイト・ゾンビがいますが、この映画が元ネタです。




上が予告編で、下が本編です(右下に日本語字幕を出すところがありますので、そこをクリックすると出てきます)↓




本作は「魔人ドラキュラ」の亜流という事もあって、それと似たところがあります。

ベラ・ルゴシが恐怖の存在として描かれていて、彼に関わった者はいかれてしまうのは、まんまドラキュラと同じです。

前者の場合は狂人で、後者はゾンビというだけで。


一応「恐怖城」の後も「死霊が漂う弧島」などのゾンビ映画は作られましたが、他のホラー映画キャラのような支持は得られませんでした。

「ブードゥリアン(「生と死の間」、「私はゾンビと歩いた!」という表記もあり)」で作品的に頂点に達すると、ブードゥー教を基にしたゾンビ映画は失速したので、ゾンビが市民権を得て人気者になるには、ジョージ・A・ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」まで待たねばなりませんでした。




出典

画像1:White Zombie de Victor Halperin (1932) - Analyse et critique du film - DVDClassik.html

画像2:White Zombie (1932) Review _BasementRejects.html



参考サイト

Kyôfu-jô (1932) - IMDb.html

恐怖城 - Wikipedia.html

最低映画館~恐怖城.html

アニヲタWiki(仮) - 恐怖城ホワイトゾンビ(映画).html

White Zombie(1932) _ Digitalvampire.net.html



参考文献

モンスター大図鑑

図説 モンスター―映画の空想生物たち (ふくろうの本)

映画秘宝EX 映画の必修科目05 突撃! モンスター映画100 (洋泉社MOOK)


[PR]
by asabatyou | 2017-04-27 16:28 | 特撮、モンスター | Comments(0)