ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

2017年 09月 19日 ( 1 )

今月の17日は、遠州横須賀のちいねりを見ましたので、その事について書きます。


a0265223_17191649.jpg
a0265223_17193905.jpg
お馴染みの、三熊野神社です。
何だかお店の数がやけに少なくて驚いたのですが、他にも祭りをやっている所があり、天気も台風の影響でどうなるか分からなかったので、仕方なかったでしょう。



a0265223_17233845.jpg
祢里を見かけた時、14台全てが三熊野神社を通った後でした。
風も強かったですが、パラパラと雨が降ってきたのでビニールシートを被せる作業をしていました。



a0265223_18133077.jpg
祢里にビニールシートを被せる作業の影響か、行列なのに結構間が空いてました。
幼少時代からお世話になっている新屋町も勿論いましたが、ちょうど私が撮っている時に親戚の子が友達(おそらく)と一緒に、「イエーイ!」とピースサインをしてきました。
写真を撮ろうとしましたが、中々良い感じで撮れなかったので、子供達が少々諦めた状態で撮ってしまいました。
この時は、あの子達をがっかりさせてしまったのかもしれません。



a0265223_18323923.jpg
西本町が西田町の祢里小屋で、ビニールシートを少し上に上げていました。
雨が降る心配がなく、空も晴れてきたからでしょう。


a0265223_18404759.jpg
途中でお手洗いや休憩をしたかったので、三熊野神社に行きましたが、その後は新屋町と行動を共にして、帰宅しました。


ちなみにちいねりの始まりは明治時代初頭らしく(という事は1868年ぐらい?)、昭和30年代(1955年~1964年)になると年1回9月の当たり日のみに祢里を曳く事が決まりました。
昭和40年代(1965年~1974年)にはばらばらだった祭礼日を統一し、昭和47年(1972年)からは毎年4月にやっている、遠州横須賀三熊野神社大祭と同じ形式でやるようになりました。
昭和60年代(1985年~1989年)になり、西大渕(古楠神社)、南番町(愛宕神社)が小祢里に参加して、14台で行うようになり、現在に至っています。
しかし近年は少子化や町の空洞化が進み、ちいねりの曳きまわしが危ぶまれる町もあるので、深刻な問題となっているんだとか・・・。


詳しくはこちら↓
静岡県掛川市 ちいねり(小祢里).html
ちいねりTOP.html
ちいねり(小祢里)[掛川市]|アットエス.html

[PR]
by asabatyou | 2017-09-19 17:29 | | Comments(0)