ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

今月の18日ですが、録画した「巨神兵東京に現わる」を見ましたので、その事について書きます。
これは「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」に行った時に一度見たのですが、途中からだったので、ちゃんと見るのは今回が初めてです。


a0265223_18093615.png
a0265223_18383938.png
スタッフ
製作 : 庵野秀明、鈴木敏夫
巨神兵 : 宮崎駿
監督、画コンテ : 樋口真嗣
製作 : スタジオジブリ


キャスト
ナレーター : 林原めぐみ


ストーリー
東京に1人暮らししている「私」のところに、突然弟がやってきて「明日、この街は滅ぶ」と予言めいた事を言い出す。
いつもそんな事を言わない弟を訝しく思いながらも取り合わない「私」だったが、翌日に突然異形の巨人「巨神兵」達が東京に現れ、街を焼き尽くすのだった・・・。


レビュー
「風の谷のナウシカ」に登場した巨神兵を主役にした、短編特撮映画。
所謂スピンオフ作品ですが、ナウシカとは何も繋がりはなく、完全に独立した話になっています(でもナウシカを知っていた方が、色々と分かりやすいかな)。

CGが普及した世の中で、あえてそれを一切使用せず、ミニチュアと合成にこだわった今時珍しい作品なのも特徴です。

ストーリー自体は巨神兵が東京に来て暴れるだけなので、別にないも同然ですが、ミニチュア模型の完成度が高く、巨神兵も「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」のC-3POみたいに、人間と同じ大きさの人形を後ろにいる人が棒を使って動かす(日本の人形浄瑠璃を、ヒントにしたらしい)という、あまり例のない特撮が使用されています。
さらに効果音も、1950年代から70年代までの東宝や円谷プロの特撮で使われた物なので(一部新しく作ったと思われる物や、「スーパーロボット レッドバロン」の物も流用されていた)、懐かしさだけでなく新鮮味もある作品となっています。

昔の音を使うだけでなく、巨神兵の制御不能な暴れっぷりは間違いなく「シン・ゴジラ」へと受け継がれたと言えますが(実際両者を共演させた動画も、存在する)、ゴジラは1匹で行動し作品によっては人類の味方にもなったりするけど(これは「ジュラシック・パーク」シリーズに登場する、ティラノサウルスのレクシィも同じである)、巨神兵は複数登場しずっと脅威のままなので、絶望感ではこちらの方が上です。

スタジオジブリ作品ではありますが、完全に怪獣映画なので、ある意味異色作と言えるでしょう。



特報と予告編です↓


宮崎駿さんの名前がクレジットされていますが、あくまで巨神兵の作者だからであって、実際は何もかかわっていません(庵野秀明さんの思いつきで始まった映画だが、宮崎さんの許諾を得る為に話してみたら、「いいけど、ナウシカを出すのは駄目だよ」という条件付きだった)。

元々「館長 庵野秀明特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」で公開されましたが、展示会終了後2012年のアニメ映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」と同時上映されました(ただしまったく同じではなく、エンドロールの追加や音声の調整に加え、3DCGを使用している)。



出典


参考サイト

[PR]
# by asabatyou | 2017-07-20 17:26 | 特撮、モンスター | Comments(0)
今月の17日ですが、録画した「ハンナ」を見ましたので、それについて書きます。
前から興味がありましたが、やっと見る事が出来ました。


a0265223_18070534.jpg
a0265223_18430620.jpg
スタッフ
監督 : ジョー・ライト
原案 : セス・ロックヘッド
製作総指揮 : バーバラ・A・ホール
音楽 : ケミカル・ブラザーズ


キャスト
ハンナ : シアーシャ・ローナン
エリック・ヘラー : エリック・バナ
マリッサ・ウィーグラー : ケイト・ブランシェット


ストーリー
フィンランドの山奥で、元CIA工作員の父親に格闘に関するテクニックを教え込まれたハンナは、人の痛みを知らず感情を持たないまま16歳になってしまった。
すでに父親の戦闘力を超えていた彼女は、ある任務の為にヨーロッパへ向かうが、父親の同僚だったCIA捜査官のマリッサがしつこく追ってきて・・・。


レビュー
「つぐない」のジョー・ライト監督が、シアーシャ・ローナン嬢と再びタッグを組んだ、アクションスリラー映画。

一見梅津泰臣監督の「A KITE」や「MEZZO FORTE」のように、かわいい女の子が銃をぶっ放して暴れるような映画だと思ってしまいがちですが、実際は敵から逃げてその追っ手達を倒していく逃走劇です。

主人公のハンナは冷たさと影のある美少女といった感じで絵にはなりますが、正直それだけです。
ハンナ自身は改造人間として遺伝子操作されていた事や、マリッサが母の仇である事を知り、ラストで宿命の戦いが描かれますが、全体的にテンポが悪く平板なので、内容空疎な作品となっています(こういう事実を知っても「ふ~ん。あ、そう」としか思わないし、見終った後何も残らない)。

おとぎ話の要素も取り入れているらしいけど、単に劇中でグリム童話や「ヘンゼルとグレーテル」のお菓子の家そっくりの家が登場するだけで、その素材を活かしているとは言えません。

結局ローナン嬢がアクションやったら面白いんじゃねぇ?という、彼女を見せる為に作られたアイドル的映画とも言えますが、それでも本作はオススメ出来ません。



予告編です↓


こちらにも書いてありますが、ハンナの現在と目的が分かるまでの時間が長いです。
この現在の部分では、ハンナがある4人家族と出会い仲良くなるのが描かれているのですが、ここをもう少し短くしてやるべきでした。
アクションもあれば友人との出会いもあるのは「A KITE」と同じですが、 それにある爽快感や迫力はないので見習ってほしいレベルです。



出典
画像1:ハンナ - 作品 - Yahoo!映画.html(参考にも使った)


参考サイト

[PR]
# by asabatyou | 2017-07-19 18:02 | 映画 | Comments(0)
昨日は遠州山梨祇園祭を見に行きましたので、それについて書きます。


a0265223_17161372.jpg
最初見た時は中々いなかったので、どうしたんだろうと思いましたが、しばらく進みましたら、行列となって移動していました。
先回りして前から見られるようにと、別の場所に移動しました。


a0265223_17195114.jpg
a0265223_17201798.jpg
先回りしてみたら、やはりすぐに全ての屋台が見られる状態になっていました。
休憩(?)していたのですが、この時ひょっとこやおかめがいたのが、何とも印象に残りました(遠州横須賀三熊野神社大祭や、それと同じ三社祭礼囃子を使用した祭典以外の祭で、ひょっとこやおかめなどを見た事がないので)。


a0265223_17263775.jpg
休憩(?)を終えた全6台の屋台は、再び動き出しました。
屋台の方ばかり注目してしまいがちですが、2日目の夜には打上げ花火をやっているようです。
動画もいくつか撮りましたので、全部投稿し終わったら、またツイッターで紹介するつもりでいます。



詳しくはこちら↓

[PR]
# by asabatyou | 2017-07-17 17:28 | | Comments(0)
昨日は療育手帳を作る為の、面接に行ってきました。

こちらでも書きましたが、私は発達障害に近い人である事が分かり、今後仕事や生活しやすくする為に療育手帳があった方が良いと言われたからです(昨日しか、相手の都合の良い日がなかった為)。

最初は少し話し合った後、面接をやりましたが(前回やった物と似た感じだが、やらなかったテスト(?)もあった)、やはり結果は療育手帳があった方が良いレベルだそうです。

幼い頃どんな感じだったか?については両親の助けが必要ですが、学校ではどうだったか?も当時の担任の先生の協力が必要らしいです(主に小学生から、中学生まで)。
なので今後はアルバムや成績表などを集めて、また健康福祉センターに持ってきてほしいようです。
そうすれば、センターの人達が先生達とお話して、療育手帳がより作りやすい状況になるのですが、もうすぐ学校が夏休みになるので、完成するのに9月ぐらいになるみたいです。

今日そのアルバムや成績表などの資料集めをしている時、当時私が描いた絵(「クレヨンしんちゃん」や「ウルトラマン」、「ジョーズ」など)、少年時代の私の写真などが出てきて、ほんの少しですが過去に戻る事が出来ました。

そもそも私が、何故これをやる事になったのか?
全ては、仕事に原因がありました。
ここでも書きましたが、私が今まで働いた所は職場環境が酷かったので、嫌気が差してやめました。
その後ここでも書いたように、去年の12月から今年の2月の初めまで派遣社員として、工業薬品やその他の化学薬品の原料投入または補充する仕事の会社で働きましたが、素早さが求められるなど向いていなく長続きしませんでした(しかしそれでも派遣会社側の方が、「今あなたがいる会社の人が、「あの人は素早い動きが苦手であたふたしてるなどがあるけど、彼は彼なりに頑張っているよ」と言ってましたよ」と言ってくれた時は嬉しかった)。
そこでいつもお世話になっているサポステ(地域若者サポートステーション)に相談してみたら、4月に何が苦手かを知れる検査をやる事を教えられてやってみました。
そして5月にその結果が来たら、このようになり6月で療育手帳を作る決意をしたのです。

[PR]
# by asabatyou | 2017-07-15 18:30 | 日記 | Comments(3)
今月の9日ですが、法多山の万灯祭に行ってきました。
前から興味があったのですが、やっと行く事が出来ました。


a0265223_17205071.jpg
a0265223_17212531.jpg
a0265223_17214922.jpg
a0265223_17280044.jpg
a0265223_17292168.jpg
既に大勢の人達がいまして、お店もいくつか出ていましたから、ちょっとした夏祭り気分です。
最初は万灯に火が付いてなかったのですが、気が付いた時には付いていて、ちょっと驚きました。


a0265223_17314367.jpg
これは少し暗くなった時に、撮りました。
この状態で撮影するのも、完全に夜になった時とは違った良さがありました。


a0265223_17503656.jpg
夜になって万灯の明かりが、法多山を幻想的で神秘的な世界へと変えて、独特の日本の夏や夏の風物詩の美しさが出ていました。


a0265223_18034539.jpg
これは帰る時に、撮りました。
ケータイでも撮ったのですが、不自然に光ってまともに撮れませんでしたから、ビデオカメラでやりました。


a0265223_18511805.jpg
出入り口にある、様々なお店です。
もう夜遅かったのですが、普通にやっていまして食事をしている人達も大勢いましたから、とにかく賑やかでした。


実は次の7月10日にもやっていたのですが、どうやら法多山では7月10日は一年でもっともご利益のある日と伝えられていて、その日一日お参りすれば、4万6千日分のご利益があると言われてるそうです。
この日に本尊厄除観世音に灯りを献ずれば、そのご利益は倍増するとも言われてるんだとか。



詳しくはこちら↓
7月 法多山万灯祭 _ 袋井市観光協会.html
万灯祭 _ 法多山 尊永寺.html
法多山|祭事案内 季節の催し物.html
7月 法多山万灯祭・厄除けほおずき市/袋井市ホームページ.html

[PR]
# by asabatyou | 2017-07-13 18:05 | 観光、イベント | Comments(0)