ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。

カテゴリ:祭( 70 )

今月の17日は、遠州横須賀のちいねりを見ましたので、その事について書きます。


a0265223_17191649.jpg
a0265223_17193905.jpg
お馴染みの、三熊野神社です。
何だかお店の数がやけに少なくて驚いたのですが、他にも祭りをやっている所があり、天気も台風の影響でどうなるか分からなかったので、仕方なかったでしょう。



a0265223_17233845.jpg
祢里を見かけた時、14台全てが三熊野神社を通った後でした。
風も強かったですが、パラパラと雨が降ってきたのでビニールシートを被せる作業をしていました。



a0265223_18133077.jpg
祢里にビニールシートを被せる作業の影響か、行列なのに結構間が空いてました。
幼少時代からお世話になっている新屋町も勿論いましたが、ちょうど私が撮っている時に親戚の子が友達(おそらく)と一緒に、「イエーイ!」とピースサインをしてきました。
写真を撮ろうとしましたが、中々良い感じで撮れなかったので、子供達が少々諦めた状態で撮ってしまいました。
この時は、あの子達をがっかりさせてしまったのかもしれません。



a0265223_18323923.jpg
西本町が西田町の祢里小屋で、ビニールシートを少し上に上げていました。
雨が降る心配がなく、空も晴れてきたからでしょう。


a0265223_18404759.jpg
途中でお手洗いや休憩をしたかったので、三熊野神社に行きましたが、その後は新屋町と行動を共にして、帰宅しました。


ちなみにちいねりの始まりは明治時代初頭らしく(という事は1868年ぐらい?)、昭和30年代(1955年~1964年)になると年1回9月の当たり日のみに祢里を曳く事が決まりました。
昭和40年代(1965年~1974年)にはばらばらだった祭礼日を統一し、昭和47年(1972年)からは毎年4月にやっている、遠州横須賀三熊野神社大祭と同じ形式でやるようになりました。
昭和60年代(1985年~1989年)になり、西大渕(古楠神社)、南番町(愛宕神社)が小祢里に参加して、14台で行うようになり、現在に至っています。
しかし近年は少子化や町の空洞化が進み、ちいねりの曳きまわしが危ぶまれる町もあるので、深刻な問題となっているんだとか・・・。


詳しくはこちら↓
静岡県掛川市 ちいねり(小祢里).html
ちいねりTOP.html
ちいねり(小祢里)[掛川市]|アットエス.html

[PR]
by asabatyou | 2017-09-19 17:29 | | Comments(0)
a0265223_17355742.jpg
今月の16日ですが、事任八幡宮例大祭を見に行ってきましたので、その事について書きます。



a0265223_17384329.jpg
これが事任八幡宮です。
天気が悪かったので人も数も少なかったですが、緑に囲まれた良い神社でした。
カタツムリもいましたが、種類は分かりませんでした(気になって、調べてみましたが)。



a0265223_17481319.jpg
太鼓の音がする方へ歩いて行ったら、5台ぐらいいましたが、すぐに休憩しました。



a0265223_17510638.jpg
15分ぐらいの休憩が終わった後動き出しましたが、坂道がありましたので、正直大変そうでした。



a0265223_18081932.jpg
屋台行列を見終った後、お手洗いを済ませたかった事、バスに乗っている時に見かけた3台の屋台を見たくて、そちらへ行こうかと思いました。
ですけど結構距離があって必ず会えるとは限らなかったので、そのままこの屋台達の後を追って見る事にしました。



a0265223_18461786.jpg
最初の屋台達が再び休憩した後、山がある方へ行ってみましたが、また別の屋台がいました。
休憩をしましたがすぐに動き出して、他の人の家に入ったり神社の前でくるくる回転していました。



帰る時ですが、事任八幡宮例大祭の事を小学生ぐらいから知っていて、ここいらへんのお祭りの管理人9番馬さんとも知り合いとされる方と会いました。

森町にお祭りの事なら、知らない人はいない程の有名な方がいる。

この時もお祭りをやっている所はあるけど、そこは4台ある。

森町辺りの人々は、遠州横須賀三熊野神社大祭のような高めの太鼓の音は好まない。

祭関連の組織があって、そのメンバーであるといった、興味深い話をしてくれました。

事任八幡宮例大祭は屋台が8台があって、夜になると激しくなるとおっしゃっていましたが、15日にYouTubeで見た時、そんな感じでした↓

さらに見るのであれば、日曜日の方が人も多く屋台もテンションが高いので、オススメらしいです。
ちなみにこの事任八幡宮、あの清少納言の「枕草子」に「言のままの明神いと頼もし」と、記されているほど歴史が古く由緒正しい神社で、名前も「願いのまま叶えることからコトノママ」と称されてきたそうです。



詳しくはこちら↓
静岡県掛川市 事任八幡宮例大祭.html
事任八幡宮例大祭bot(@m21864667)さん _ Twitter.html
事任八幡宮例大祭.html
事任八幡宮例大祭 (掛川市) _ しずふぁん.html

[PR]
by asabatyou | 2017-09-18 17:51 | | Comments(0)
昨日は遠州山梨祇園祭を見に行きましたので、それについて書きます。


a0265223_17161372.jpg
最初見た時は中々いなかったので、どうしたんだろうと思いましたが、しばらく進みましたら、行列となって移動していました。
先回りして前から見られるようにと、別の場所に移動しました。


a0265223_17195114.jpg
a0265223_17201798.jpg
先回りしてみたら、やはりすぐに全ての屋台が見られる状態になっていました。
休憩(?)していたのですが、この時ひょっとこやおかめがいたのが、何とも印象に残りました(遠州横須賀三熊野神社大祭や、それと同じ三社祭礼囃子を使用した祭典以外の祭で、ひょっとこやおかめなどを見た事がないので)。


a0265223_17263775.jpg
休憩(?)を終えた全6台の屋台は、再び動き出しました。
屋台の方ばかり注目してしまいがちですが、2日目の夜には打上げ花火をやっているようです。
動画もいくつか撮りましたので、全部投稿し終わったら、またツイッターで紹介するつもりでいます。



詳しくはこちら↓

[PR]
by asabatyou | 2017-07-17 17:28 | | Comments(0)
今月の3日ですが、浜松まつりを見に行きましたので、その事について書きます。


a0265223_11011679.jpg
a0265223_11015388.jpg
a0265223_11032933.jpg
a0265223_11045289.jpg
a0265223_11063352.jpg

着いたら既に屋台が何台かいて、浜松駅やザザシティ浜松中心に集まっていまして、すれ違いをしていました。
屋台だけでなく何人か集まって行列になり、ラッパや太鼓を鳴らしている人達もいました。


a0265223_11164485.jpg

ザザシティまで行った後は、反対側にも行きたかったので、そちらの方に移動しました。
ですがこちらは若干人が少なかったので、屋台や行列を見るのが楽でした。
すれ違いが終わった後の屋台の中には、近くで休憩しているものもいました。
帰る時そのまま浜松駅に行こうと思ったら、立ち入り禁止で進めなかったのでUターンし、再びザザシティのある所まで戻って帰りました。


浜松まつりは昼間は中田島の凧揚げ会場を舞台に凧が空を舞うのですが、夜になると御殿屋台が登場します。
屋台の外見は、完全に磐田の遠州中泉府八幡宮祭典とまったく同じですが、一体どこが元祖でしょうか?
ちょっと調べてみたら掛塚祭りが最初で、二俣祭り、福田六社神社祭礼、浜松まつりなどの屋台は、これをモデルにしてデザインされたらしいです。


詳しくはこちら↓
浜松まつり - Wikipedia.html
公式_浜松まつり(勇壮な凧揚げ合戦と御殿屋台引き回し).html

[PR]
by asabatyou | 2017-05-05 11:17 | | Comments(0)
4月9日は、遠州横須賀三熊野神社大祭の最終日でしたので、行って来ました。


a0265223_17515042.jpg
a0265223_17522206.jpg
着いた時には、もう祢里行列が始まっていまして、もう最初の1台が神社のそばを通っていました。
最初は天気が悪かったですが、段々晴れてきました。
その影響なのか、お花見状態とまではなりませんでした。


a0265223_17565820.jpg
今回は今までと違ってまして、神社の隅っこの近くに竹で出来た柵があったので、あまり近付けませんでした。
理由は分かりませんが、ひょっとしたら事故防止かもしれません。


a0265223_18005798.jpg
a0265223_18011885.jpg
a0265223_18014869.jpg
a0265223_18022388.jpg
祢里行列です。
途中で神輿が神社に帰ってきましたから、その関係で休憩状態でしたが、終わるとまた動き出しました。
昼食の後、また祢里を見る為に外出しましたが、そこで同級生の女の子の母親と再会しました。

他にも母親の友人で、私が幼い頃から知っている方とも再会しました。
「ヨーロッパは未だに差別がある」、「日本で同性愛が禁止になったのは、明治時代に入ってから」、「名古屋、仙台、水戸(その時は思い出せなかった為、名前を言わなかった)は、ブスの産地と言われている」など、色々興味深い話をしてくれました。ありがとうございます。
私の事を幼少時代から知っている為、マトリョーシカに見えるとおっしゃっていました(今現在の私にしか見えないのではなく、小中高と過去の時代の私が見えるとの事)。
考えてみたら私も、今は大きくなっている親戚の子供達ですが、やはり見ると幼かった時の姿を思い出すので、気持ちは分かります。



それとテレビで放送した時の様子が、見られるようになっていました↓



2本目の動画にはお祭りを盛り上げる為のPR隊が出ていますが、これに私の知り合い(実は「遠州WebTV」にも、出演してました)と親戚の方が出演しています。

[PR]
by asabatyou | 2017-04-11 18:02 | | Comments(0)
4月8日と9日は遠州横須賀三熊野神社大祭に行って来ましたので、その事について書きます。
a0265223_16310152.jpg
a0265223_16320758.jpg
神社には既に多くの祢里が入っていまして、三社祭礼囃子の奉納の準備をしていました。
今年は中本町が担当していましたが、踊る人がよく変わったりひょっとこの動きがいつもと違っていたりしていましたが、おそらく今までと差別化を出す為かもしれません。


a0265223_16394050.jpg
a0265223_16401850.jpg
奉納が終わって、全ての祢里が神社を後にします。
この時テレビ局の人が来ていまして、祢里達が帰って行くところを撮影していました。


a0265223_16430684.jpg
a0265223_16434831.jpg
午後になって、撮ったものです。
見ての通り天気が良くなかったので、殆ど動けない状態でした。


a0265223_16465868.jpg
a0265223_16471978.jpg
a0265223_16480419.jpg
a0265223_16483312.jpg
祢里をある程度見た後、神社の方にも行ってみました。
いつもより人数が少ない気がしたのは、やはり雨だからでしょう。


a0265223_16514303.jpg
a0265223_16522822.jpg
a0265223_16530174.jpg
神社を後にした後は、ずっと新屋町の後をつけていました。
やはり幼い頃から、ずっとお世話になっていましたから。
お馴染みの河原町だけでなく、十六軒町との絡みもあり、馬鹿囃子をやっていましたから人も多く盛り上がっていました。


a0265223_17050074.jpg
a0265223_17054364.jpg
a0265223_17062292.jpg
a0265223_17081211.jpg
a0265223_17085327.jpg
a0265223_17092481.jpg
夜祭です。桜が綺麗だった事と、西本町の昔の出し人形が展示されていまして、そこが印象に残りました。
これがいつ作られたのかは知りませんが、かなり年季が入っていました。


母の話によりますと、歌手の松原健之さんと吉岡亜衣加さんが来ていたそうです。
松原さんは袋井市出身で吉岡さんはここが地元ですから、その縁でしょう。
そういえばお2人は、今年の1月15日に袋井市の月見の里学遊館でやったコンサートでも共演しました。



詳しくはこちら↓
松原健之 - Wikipedia.html
吉岡亜衣加 - Wikipedia.html
Artlier FUji 袋井高校同窓生 ふくろい夢のジョイント・スペシャルコンサート | しずおかの文化芸術案内 アトリエふじのくに 2016年度.html
袋井高校同窓生アーティスト ふくろい夢のジョイント・スペシャルコンサート in 月見の里│静岡県立袋井高等学校 同窓会ブログ since2009.html

[PR]
by asabatyou | 2017-04-10 16:57 | | Comments(0)
今日は芝八幡神社祭典 2016 の、千秋楽について書きます。
これが最後です。


a0265223_10482628.jpg

浅栄社とあ組1号と2号、と組、み組が通り終るまで、他の祢里が待機しているところです。


a0265223_10504847.jpg
a0265223_1051566.jpg
a0265223_10512791.jpg
a0265223_10515094.jpg

あ組1号と2号、と組、み組が、千秋楽をする為に祭典本部に行くところです。


a0265223_10535045.jpg
a0265223_1056567.jpg
a0265223_1058476.jpg

み組が通り終ると、残りの山栄車や東栄車、天王車、馬場車、時和車、新栄車が動き出します。


a0265223_1059017.jpg
a0265223_10592070.jpg
a0265223_10594144.jpg
a0265223_110750.jpg

全ての祢里が祭典本部に集まり、千秋楽をしました。


a0265223_1111189.jpg

千秋楽が終わり、全ての祢里が祭典本部を離れました。
それと新栄車に、ミニチュアの祢里のような物がいました。
名前は川端組といいまして、1960年代から80年代まで活躍していたようです。
詳しくは、こちら↓
ここいらへんのお祭り 平成28年(2016年)の10月8日(土) 袋井市浅羽 芝八幡神社祭典 浅羽地区会所廻り
ここいらへんのお祭り 平成28年(2016年)の10月8日(土) 袋井市浅羽 芝八幡神社祭典 祭典本部にて


川端組ですが後に成長して、このような姿になったら面白いかもしれません。


そういえば90年代の初め頃か中頃ぐらいだったと思うのですが、子供専用の屋台らしきもので、富里王子神社祭典の上組車に似た、四輪の屋台がいたのを思い出しました。
[PR]
by asabatyou | 2016-10-15 11:24 | | Comments(0)
今日は芝八幡神社祭典の、最終日について書きます。
本当は全部書こうと思ったのですが、写真の数が多すぎるので、千秋楽はまた次の機会に書きます。


a0265223_1557276.jpg

a0265223_15592389.jpg
a0265223_15572745.jpg
a0265223_1603153.jpg

全ての祢里が、神社に向かっているところです。


a0265223_1623761.jpg
a0265223_163493.jpg
a0265223_1633699.jpg

神社に、全ての祢里が入ったところです。
この時、また幼馴染(同級生というべきか)の2人に会いました。
その内の1人は7日に会った人とは別人でしたが、おそらく自分の子供と思われる女の子と一緒でした。
もう片方についてですが、7日に会った時私は撮影の方に夢中だった事もあり、あまり相手にしていなかったので、「悪く思われたのでは?」と気にしていました。
しかし実際は、ちゃんと笑顔で挨拶してくれたので、安心しました。
実は東栄車、神社に入る時ですがひょっとこが真っ黒でした。
青面というそうですが、東栄車は東新町のお古の流用で、そこにも青面がありますから、それを意識したのかもしれません(東新町の物の流用なのか、同じ型を基にして作った別物なのかは不明)。
風が強くてそこも気になりましたが、9番馬さんとも再会し、お祭りの事を色々と教えられました。


a0265223_1695158.jpg

浦安の舞です。
そういえば、かつて私の同級生の女子もこれをやった事がありました。


a0265223_16223430.jpg

三社祭礼囃子を、披露するところです。
ひょっとこメインに、おかめや般若が踊ります。


a0265223_16264540.jpg

神輿が神社を離れるので、多くの祢里が神社を後にします。


a0265223_16285385.jpg

神輿が、神社に帰ってくるところです。
この時神社に残っているのは、馬場車と天王車、新栄車、東栄車の4台だけです。


a0265223_16385245.jpg

4台の祢里は、神社の出入り口の所へ移動し、そこで待機します。


a0265223_164118.jpg

去年からやるようになった、「童子還し」です(正確には馬場車でやっているのは「王様還し」で、以前からやっていたらしい)。
前回は馬場車と天王車に流鏑馬童子を乗せましたが、今回は馬場車と東栄車です。
このまま4台は、天王車の会所に行きます。


a0265223_1725234.jpg

天王車の会所に集まった後、専用の台がありましてそこに童子を1人だけ下します(確か東栄車に乗っていた童子だった)。
そこで何か話して終わった後、再び童子を乗せて全員馬鹿囃子で出ていきました。


a0265223_1775858.jpg

童子を乗せた東栄車は、自分の会所に帰り、用意してあった専用の台に童子を乗せました。
その後は、記念写真を撮ったりしていました。

次が、いよいよ千秋楽です。
もう芝八幡神社祭典も、終わりになってきました。


参考サイト
ここいらへんのお祭り.html
[PR]
by asabatyou | 2016-10-14 16:41 | | Comments(3)
10月8日の夜ですが、西浅羽地区祭典と袋井のお祭りを見に行って来ました。
ずっと同じお祭りばかり見ても飽きてくるというのもありますが、他がどうしているのかが気になったからです。


a0265223_1144122.jpg

左から浅岡(八幡)八幡神社祭典の浅圓車、中八面神社祭典の中起祢組(八面社という表記もあるようだが、一体どちらが正しいのだろう?)、一色津島神社祭典のい組です。
い組は今まで出し人形がなかったみたいですが、今回は七福神になっていました。
流石にないのは中途半端で、あんまりだと思ったのかもしれません。


a0265223_11535221.jpg

右から富里王子神社祭典の龍富車、長溝桑原神社祭典の長栄車(一番左は長栄車の子供屋台だろうか?)です。
ここには写っていませんが、同じく富里王子神社祭典の上組車や富榮車もいます。


a0265223_1244451.jpg

子供屋台らしき物も入れますと、全部で8台はいました。
以前YouTubeで、長栄車が他の屋台や祢里と一緒にいるのを見た事があるのですが、きっとこれだったのかもしれません。
浅羽のお祭りで祢里や屋台が複数ある所といったら、芝八幡神社祭典のみで他は1~3台までしかないのですが、こちらはそういう所がみんなで集まって、非常に楽しそうにやっていました。
長栄車が、三社祭礼囃子を披露していました。


a0265223_1221522.jpg

千秋楽みたいなのをやった後解散になり、全員それぞれの場所に帰って行きました。


a0265223_12271228.jpg

その後は、袋井のお祭りを見に行きました。
行く途中で何か動いているのがいるなと思ったら、何とカニがいました。
暗くて分かりにくかったですが、おそらく種類はクロベンケイガニだと思います。
袋井駅の近くにお店がズラリとあって夜でも明るく、より一層雰囲気が出ていました。


a0265223_1240826.jpg

ちょうど近くに月桂車がいましたので、迷わずそちらの方に行きました。
やはりお囃子が、三社祭礼囃子なので(笑)。


a0265223_12461723.jpg
a0265223_12464620.jpg

3台で集まって、大変賑やかにやっていました。
月桂車もいましたが、出来ればこんな感じでひょっとこもやってほしかったです。
時間の関係で、最後はそれぞれ別行動をしました。


a0265223_1385811.jpg

月桂車以外にも、三社祭礼囃子の屋台がいました。
名前は飛龍車と言いまして、太鼓の音も遠州横須賀三熊野神社大祭に近かったです。
映像もありました。


a0265223_18133867.jpg

屋台小屋に入ろうとしている、誠柳車です。
袋井のお祭りの屋台が、屋台小屋に入るところは見た事がなかったので新鮮でした。
これを最後に見て、帰宅しました。



参考サイト
袋井祭りの屋台とお囃子.html
ここいらへんのお祭り 浅羽の屋台.html
[PR]
by asabatyou | 2016-10-13 12:54 | | Comments(2)
今日は芝八幡神社祭典(大祭と表記されている事もあり)の、2日目について書きます。


a0265223_9384029.jpg
a0265223_939457.jpg
a0265223_9393118.jpg
a0265223_9395610.jpg

毎年恒例のパディを舞台に、浅岡(八幡)八幡神社祭典の浅圓車と共演したものです。
途中から雨が降ってきましたので雨宿りしましたが、段々酷くなっては困るなと思ったので、すぐに帰宅しました。
前から思っていましたが、長溝桑原神社祭典の長栄車が参加しなくなったのは、正直残念です。
スケジュールの都合もあるかもしれませんが、またいつか参加してほしいです。


a0265223_9481065.jpg

東栄車の会所に行こうとしたら、浅栄社と会いました。
この時確か着いたのは良いけど、もうお昼だったので、そこで昼食する事になりました。


a0265223_9572151.jpg

出発する前に、役太鼓する東栄車です。
ここから他の祢里と一緒に、会所廻りをします。


a0265223_1073991.jpg
a0265223_1075928.jpg
a0265223_1082121.jpg

神社に着きますと、すでに浅栄社と天王車、時和車、新栄車がいました(途中から、馬場車も加わった)。
この時東栄車は、再び役太鼓をしました。


a0265223_10173198.jpg

馬場車の会所です。
この時「ここいらへんのお祭り」の管理人さんと再会したと同時に、その娘さんを紹介されました。
その子は今年やった、池田千尋監督の袋井を舞台にしたドキュメンタリー映画「映画をつくろう」にも、確かに参加していました。
そういえば、その子とは初日の7月16日の時に一緒のグループになりました。
人ってもんは、案外色んな所で繋がっているものです。


a0265223_114433.jpg

天王車の会所です。
ここで休憩した後は、東栄車の会所に行きます。


a0265223_1154931.jpg

東栄車の会所です。
ここで浅栄社は役太鼓しましたが、雨が降ってきましたので、私は予め持っていた合羽を着ました。


a0265223_11103345.jpg

時和車の会所です。
この時天気が晴れたりしましたので、合羽を脱ぎました。


a0265223_1113787.jpg

新栄車の会所に行こうとしている、東栄車です。


a0265223_11161463.jpg

新栄車の会所です。
次の目的地が、祭典本部です。


a0265223_1118922.jpg

これが祭典本部に行こうとしている、祢里行列です。


a0265223_11204644.jpg
a0265223_1121302.jpg

祭典本部に集まった、祢里行列です。
見る人達も増えて、一気にテンションが上がります。
ここで三社祭礼囃子を、披露しました。


a0265223_11275559.jpg

三社祭礼囃子の披露が終わった後は、餅まきをしました。
この餅が雨霰のように飛んでくるのは、ちょっと怖い。


a0265223_1132196.jpg

夜の準備をしている、6台の祢里です。
夜祭ですが、私は西浅羽地区や袋井のお祭りを見に行きましたので、参加していません。
これについては、また次の機会に書きます。


参考サイト
ここいらへんのお祭り.html
[PR]
by asabatyou | 2016-10-12 09:48 | | Comments(0)