ブログトップ

asabatyouのなんでもブログ2

asabatyou.exblog.jp

タイトルの通りasabatyouのなんでもブログ(http://d.hatena.ne.jp/asabatyou/)の続編です。ツイッターは、こちらです(https://twitter.com/asabatyou)。

カテゴリ:色んな物が混ざっている( 20 )

今日は前からやりたかった、怪物と動物の戦いが見られるアニメや映画、ゲームなどを集めてみました。
私の知っている範囲で、古い順です。


キング・コング(1933年版)

怪獣映画の、古典です。
恐竜と戦うシーンは後の「キングコングの逆襲」や、2005年のリメイク版にもありますが、あれは架空の種類なので、ここではカウントしません。



コングの復讐
元祖「キング・コング」(1933年版)の続編で、コングの息子とされる白いゴリラ(キコ、もしくはキイコという名前があるらしい)と、ホラアナグマの戦いがあります(ただし通常の大きさではなく、巨大な個体が登場しているという表記もあり)。



フライシャーのスーパーマン



宮崎駿さんにも大きな影響を与えた、アニメ版のスーパーマンです。
ティラノサウルスや、ゴリラと戦うエピソードがあります。



猿人ジョー・ヤング

ライオンの群れと、戦うシーンがあります。
本当はそのシーンを紹介したかったのですが、ありませんでしたので予告編にしました。
1998年に「マイティ・ジョー」という、リメイク版が作られました。



地球へ2千万マイル


イーミアと象の対決シーンが、見物です。
「暗闇の悪魔・大頭人の襲来」と同じ1957年6月の映画で、どっちが最初か分かりませんが、ここではこちらを先にしました。



暗闇の悪魔・大頭人の襲来

牛と戦うシーンがありますが、今日本で発売されているDVDには、残念ながらカットされているので見る事が出来ません。



宇宙船の襲来

アンドロメダ星雲人と、犬の対決シーンです。
殆ど犬の圧勝なので、戦闘シーンと言えるかどうかはあれですが・・・。



マイティ・ゴルガ
「キング・コング」の亜流として作られた怪獣映画で、ゴルガという巨大ゴリラと恐竜と戦うシーンがあります。
しかしその出来は、雲泥の差です(笑)。



APE(エイプ)
アメリカと韓国の合作による怪獣映画で、巨大なゴリラとサメの格闘シーンがあります。
ある意味キング・コング対ジョーズという見方も出来ますが、The Angry Video Game Nerdも語っているように、死んだ本物のサメを使用してるんだとか・・・。



クィーン・コング

「キングコング」(1976年版)の影響で誕生した、怪獣映画。
76年版コングと違って、こちらは1933年に作られた本家と同じく、恐竜や翼竜が登場します。



テンタクルズ

イタリアとアメリカの合作である、パニック映画。
大ダコとシャチの対決シーンがあるそうですが、その動画がありませんでしたので、予告編にしました。



シンドバッド虎の目大冒険

レイ・ハリーハウゼンのシンドバッドシリーズ第3作目で、完結編です。
一角巨人トロッグとサーベルタイガー(スミロドンという表記もあり)の戦いがありますが、このトロッグはハリーハウゼンのモンスターの中では、数少ない味方キャラです。



超人ハルク



熊やゴリラと、戦うシーンがあります。
ハルクを演じているのはルー・フェリグノですが、声は「アダムズのお化け一家(アダムス・ファミリー)」などで有名な、テッド・キャシディだそうです。



恐竜の惑星

ティラノサウルスと、「原子怪獣現わる」のリドサウルスに似た恐竜の戦いが見られます。
しかし完全にティラノサウルスのかませ犬なので、あっさり決着がつきます。



サンゲリア

ジョージ・A・ロメロ監督の「ゾンビ」から派生した数多くの亜流ゾンビ映画の1つで、水中でゾンビとサメが戦うシーンがあります。
本物のサメを使っていますが、種類は見た目からしておそらくイタチザメではないかと思います。



ランブルローズXX

ユークス製作、コナミデジタルエンタテインメントが発売した、セクシー女子プロレスゲームです。
レディーX(レディーXサブシスタンス)というロボットのキャラが登場しているそうですが、2作目のXXからは音音というパンダが参戦しています。



鉄拳6

バンダイナムコゲームスの、格闘ゲームです。
元々人間だけでなく動物やロボット、さらに悪魔のような姿に変身出来るデビル因子という物が登場するなど、良くも悪くも何でもありといった感じです。
今回は一番モンスターらしいキャラという事で、6のラスボスであるアザゼルにしました。



ストリートファイター X 鉄拳

「ストリートファイター」と「鉄拳」の、クロスオーバー作品です。
「鉄拳」のクマとオーガ(闘神)が、登場しています。



ジュラシック・ワールド

「ジュラシック・パーク」シリーズの、最新作です。
インドミナス・レックス(ティラノサウルスやヴェロキラプトル、コウイカやアマガエルなどといった、様々な恐竜や現生動物のDNAを組み合わせた遺伝子操作により、誕生した完全オリジナルの架空の恐竜)とレクシィ(初代「ジュラシック・パーク」に登場した、ティラノサウルスと同一個体)の戦いが見られます。
レクシィとヴェロキラプトルのブルーの、共闘が熱いです!!



参考サイト
宇宙船の襲来 1958.html
インドミナス・レックスとは【ピクシブ百科事典】.html
ランブルローズ - Wikipedia.html
ランブルローズとは - はてなキーワード.html
超人ハルク (テレビドラマ) - Wikipedia.html
Ted Cassidy - IMDb.html
The King of Iron Fist Tournament - 格ゲー.com 格ゲー用語事典.html
SF MOVIE DataBank:1950~1959.html
20 Million Miles to Earth (1957) - IMDb.html
暗闇の悪魔 大頭人の襲来 [DVD]
Invasion of the Saucer Men (1957) - IMDb.html
テッド・キャシディ - Wikipedia.html
テンタクルズ - Wikipedia.html
シンドバッド虎の目大冒険 - Wikipedia.html
映画 テンタクルズ - allcinema.html
映画 シンドバッド虎の目大冒険 - allcinema.html
List of The Incredible Hulk (1978 TV series) episodes - Wikipedia, the free encyclopedia.html
映画 恐竜の惑星 - allcinema.html
Planet of Dinosaurs (1977) - IMDb.html
Blog - 恐竜の惑星.html
Tentacoli (1977) - IMDb.html
Sinbad and the Eye of the Tiger (1977) - IMDb.html
ランブルローズ (らんぶるろーず)とは【ピクシブ百科事典】.html
ストリートファイター X 鉄拳 - Wikipedia.html
ストリートファイター X 鉄拳とは - ニコニコ大百科.html
鉄拳6 - Wikipedia.html
鉄拳6とは - ニコニコ大百科.html
クィーン・コング - Wikipedia.html
Queen Kong (1976) - IMDb.html
サンゲリア - Wikipedia.html
Sangeria (1979) - IMDb.html

[PR]
by asabatyou | 2016-02-18 18:18 | 色んな物が混ざっている | Comments(3)
明けまして、おめでとうございます。
今年も色々あるかと思いますが、よろしくお願いします。
今年は申年(さるどし)らしいので、それに関連するものを集めてみました。


猛虎ターザン



キング・コング(1933年版)



コングの復讐



フライシャーのスーパーマン



ニューカの危機



THE WHITE GORILLA(ホワイト・ゴリラ)



猿人ジョー・ヤング



ゴリラの復讐



巨大猿怪獣コンガ



猿の惑星



スペクトルマン



西遊記(1978年版)



ドンキーコング(1981年版)



西遊記(2006年版)



大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U




古い順に、並べてみました。
ゴリラが殆どですが、これは私の趣味です(笑)。
そういえばスマブラで思い出したのですが、セガのキャラであるベヨネッタが参戦するみたいです。
「ストリートファイター」のリュウ「ファイナルファンタジーVII」のクラウドといい、最近のスマブラはクロスオーバーに力を入れています↓

ベヨネッタは天使狩りをしていますから、「パルテナの鏡」シリーズのピットやパルテナとは仲良くなれそうにありません(笑)。
ピットは、思いっきり天使ですからね(笑)。
[PR]
by asabatyou | 2016-01-01 10:46 | 色んな物が混ざっている | Comments(2)
今年もこの日がやって来ましたので、クリスマス関連のものを集めてみました。


ルーニー・テューンズ



ドリフのクリスマスプレゼント



ジングル・オール・ザ・ウェイ





ドンパチマスター



総統閣下がアニマスを視聴するようです。


2013年度からクリスマスネタを紹介するようになったのですが、今となってはすっかりお約束になりました。
それとドリフのクリスマスコントですが、てっきり「ドリフ大爆笑」かと思ったら、「ドリフのクリスマスプレゼント」という番組なんだそうです。
まさかそういう番組があるとは、全然知りませんでした。
[PR]
by asabatyou | 2015-12-25 20:54 | 色んな物が混ざっている | Comments(1)
前回と同じく、今回もクリスマス関連の物を色々集めてみました。
私はいつもと同じように家族と過ごしたのですが、ツリーは出しませんでした。だって、めんどいし。



















一応古い順に並べてみました。
「大魔神逆襲」ですが、今の季節にぴったりだなと思って入れただけなので、はっきり言ってクリスマス関係ないです(笑)。
いさじさんの動画も、あまり関係ないかな(笑)?


テロリスト星人についてですが、これ今じゃ出すのは難しいでしょうね・・・。
名前からしてヤバいですし、見た目もアラブ人みたいですし・・・。
実際「ウルトラマンメビウス」にも出る予定があったのですが、ボツになったそうですから(その代わりに、バルキー星人が登場する事になったようだ)。


茅原実里さんの隣にいる酒井香奈子さんは、「REC」で恩田赤を演じた人ですね。
声優のイメージがありますが女優としても活躍しているらしく、「キサラギ」という映画で小栗旬さんやユースケ・サンタマリアさんと共演しているそうです。
それにしても秘密の夜が何なのかが、物凄く気になるなぁ(笑)。出来れば、俺も参加したい!!←おい。


そうそう、実は今日注文していた「イレイザー」の「吹替の力」版が来ました。
まさにクリスマスプレゼントですね。
「イレイザー」の吹き替え版といいましたら、今までは屋良有作さんがシュワちゃんを演じたソフト版しか見られなかったのですが、こちらは玄田哲章さんが演じたテレビ放送版も見られるのが嬉しいです。
a0265223_1924304.jpg

「「イレイザー」の吹替の力版が死ぬほど欲しかったんだよ!もう半年もまともなブルーレイ買ってねぇ、やってられっか!」


画像:イレイザー 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ
「吹替の力」公式サイト:吹替の力.html
[PR]
by asabatyou | 2014-12-25 17:56 | 色んな物が混ざっている | Comments(0)
a0265223_10432046.jpg
a0265223_10434295.jpg
a0265223_1044696.jpg

またしてもニコニコに、色んな絵を投稿してみました。
「コマンドー」でお馴染みのベネットを描いた時は、今までの状態では絵が小さめだったこともあって、どうも迫力に欠けるといいますか、少し地味に見えてしまったので、それを何とかする為に大きく描きました。
しかし「ニキータ」を描いた時は、今まで描いた事がないポーズを描いたこともあって、小さくなってしまったのですが…。


詳しいことはこちらをどうぞ↓
「アサシン 暗・殺・者」を描いてみた
ベネットを描いてみた
「ニキータ」を描いてみた



それと自分の歌を投稿してみました。
いさじさんやVIP店長さんなどに憧れていたこともあって、前からやってみたいと思っていたのですが、中々第一歩を踏み出せず、やるのに随分時間がかかってしまいました。
YouTubeにしなかった理由は、YouTubeは出来ればお祭りメインに投稿したいという気持ちがあるからです。
ただYouTubeやニコニコ動画以外の動画サイトは使い勝手が悪いのが多いので(観るだけなら問題はなくても、投稿しようとなると中々出来ないことがある)、「歌ってみた」をやることは殆どないかもしれません。


ということで、本編をどうぞ↓
「高校三年生」を歌ってみた
「サラリーマンのうた」を歌ってみた
「にんげんっていいな」を歌ってみた
「北埼玉ブルース」を歌ってみた
「三十路岬」を歌ってみた

本当は後もう1曲歌ったのですが、それはいくらやっても投稿出来なかったので、仕方なくやめました。
[PR]
by asabatyou | 2013-12-30 11:08 | 色んな物が混ざっている | Comments(1)







クリスマスということもあって、それに相応しいものを色々と集めてみました。
それと前から思っていたのですが、ウルトラマンエースがスノーギランと戦っている時、ウルトラの父は静かにそれを見ているのですが、後にメビウスがジャシュラインと戦った時も、そんな感じでしたね。やはり過去作品を意識しているのでしょうか?ウルトラの父降臨祭も、クリスマスを思わせるイベントですし↓

[PR]
by asabatyou | 2013-12-24 18:27 | 色んな物が混ざっている | Comments(3)
8月30日の事ですが、帰る時に空を見たら結構綺麗だったので写真に撮り、それをブログ用の写真として使う事にしました(勿論デザインも変えました)↓
a0265223_18293327.jpg




そうそう、最近袋井の祭のポスターを見かけ、太鼓の練習もやっていました。
もうそんな季節になったのですね、早いものです。
それと今年のちいねりについてですが、今月の14日と15日にやるそうなので、興味のある方は是非どうぞ↓











詳しくはこちら→ちいねりTOP袋井祭りメニュー
[PR]
by asabatyou | 2013-09-04 18:29 | 色んな物が混ざっている | Comments(1)
昨日知った事なのですが、どうやらまた〇〇系男子の1つ「ゴリラ男子」というのが作られたみたいですね…。
相変わらず頭の悪そうなネーミングセンスだ。本当に頭が悪いんだろうけど。
男女平等とかほざいているくせに、男性を下に見るような言葉が多いのは何故でしょうか?これって矛盾していませんか?女性にやったら騒がられるくせに、男性なら何をしても良いのでしょうか?昆虫系男子だなんて、あれは完全ににルックスが悪い男性に対する差別としか思えません。
第一人に「ゴリラ男子」と呼ばれて、普通嬉しいですか?どう考えても「なんだ?こいつは」と相手の気分を害してしまうのは明らかで、信頼関係を失ってもおかしくありません。人間として生きていく以上信頼関係は非常に大事ですし、それが失うと元に戻す事は出来ませんから。
それに人を馬鹿にして、一体何が面白いのでしょうか?こんな馬鹿丸出しの言葉を使ったって、男性はますます女性に対して嫌気が差して失望し、女性を相手にしなくなるだけなのに…(最近三次元を嫌い、二次元好きの人が増えたのも本当に納得出来る)。いい加減男性を「〇〇系男子」と言う奴らは、自分で自分の首を絞めている事に気付くべきです。
a0265223_1951978.jpg



しかしゴリラですか…。僕はキング・コングなどのモンスター映画の影響もあって、実在する動物でありながら怪獣のイメージがあったりします。いや、そのイメージが強いと言った方が良いかもしれません。
人間に似てるけど人間とは違う、そしてあのデカさと力強さ溢れるルックス、まさに怪獣と呼ぶに相応しいです。
それに20世紀に入ってからその存在が明らかになった意外と歴史が浅い動物で、それより前では本当に怪獣だったので、彼らをモンスターとして扱った、またはそれをモデルにしたモンスターが多いのも納得出来ます。
キング・コングもそんな時代に生まれたからこそ、歴史に残る名キャラクターになれたのではないでしょうか?
地球には本当に多種多様な生物が数多く生息していますが、僕が思うにゴリラはこういう歴史があるので、別格の動物です。怪獣ブログでもこの事を熱く語っていますので、もし良ければどうぞ→キングコング・その2 怪獣ブログ












「キング・コング」(本家)、「ボリス・カーロフのゴリラ」、「復讐のゴリラ男」、「猿人ジョー・ヤング」、「月光仮面」(1958年版)、「「超人ハルク」という順番です。
こういう映画はアメリカのみというイメージがありますが、日本でもゴリラが出てくる作品って、意外と多かったりします。
「ぼくらが大好きだった 特撮ヒーローBESTマガジン」によりますと、あの水戸黄門がゴリラと戦うという作品があったらしく、「行け!グリーンマン」や「 緊急指令10-4・10-10」にも登場するなど、もはや常連と言っても過言ではありません。
ちなみに大橋史典さんも、ゴリラの造形が得意な人だったんだとか。
今ではゴリラが登場する作品は殆どないですが、「ギララの逆襲」のようなマニア向けで、また作ってほしいです。まぁもし出来たとしても、見たがるのは僕のような物好きな人間だけだと思いますが(笑)。


画像:新たな男子出現。草食系男子でもロールキャベツ男子でもなくゴリラ男子です。 - 夕刊アメーバニュース
[PR]
by asabatyou | 2013-06-27 19:13 | 色んな物が混ざっている | Comments(15)
3月31日の事ですが、誕生日を迎えてしまい、また1つ年取ってしまいました。
と言っても、ちっとも嬉しくありませんが(笑)。
何だかここまで来ますと、もう後は劣化して衰えるだけですし、先が短く感じてしまいます。
ジョン・ランディスも自分の本で同じような事をおっしゃっていましたが、何だかその気持ちが分かったような気がしました。
新「スター・ウォーズ」シリーズのオビ=ワン・ケノービで有名なユアン・マクレガーや、「アマガミ」の桜井梨穂子で有名な新谷良子さんは勿論、「ウルトラマン」シリーズのアラシやフルハシで有名な毒蝮三太夫さんも同じ誕生日らしいので(これ書いている時に知った)、おめでとうございます!!











改めて観て思ったのですが、「スター・ウォーズ エピソード1」にあるダース・モールとオビ=ワンの1対1のバトルシーンは凄いですね。滅茶苦茶スピード感があって、1つ1つの動きが洗練されています。
昔から新シリーズにあるバトルシーンの中では、これが一番のお気に入りなのですが、やはりダース・モール役のレイ・パークがプロのスタントマンだからでしょう。まさに生の迫力です。
ウルトラマンのAタイプですが、今観ると顔が気味悪いです。何だかヒーローというより異質な物って感じがしますが、見方を変えると未知の惑星から来た宇宙人らしさがある気がします。
「アマガミ」についてですが、何かキャラではなく声優の名前ばっかり言っているような気が(笑)。殆どオタクの会話ですよ(笑)。



それと「涼宮ハルヒ」シリーズの長門有希で有名な茅原実里さんが個人事務所を設立したそうですが、う~んどうなんでしょう?まだ若いですし早すぎる気が…。
正直どうなるか心配ですが、今はただ黙って見るしかありません。



詳しくはこちら→「ハルヒ」声優・茅原実里、個人事務所設立! ニコニコニュース
[PR]
by asabatyou | 2013-04-03 18:38 | 色んな物が混ざっている | Comments(9)
今日は前から書きたかったネタがありますので、それを書こうと思います。
受けるかどうかは分かりませんが、ウルトラ怪獣を動物然として描いたドキュメンタリー風の作品を作るというのはどうでしょうか?アニマルプラネットやディスカバリーチャンネルみたいな感じです。
ウルトラ戦士はまったく登場せず、ナレーターが話を進めていく感じですが、「ウルトラファイト」と一緒になっちゃうか(笑)。
怪獣の恐ろしさは消えてしまうかもしれませんが、色々とネタに走る円谷プロなら、絶対に違和感なく作れると思います。短くても良いから、やってほしいなぁ。











アデリーペンギンの動画は、確かテレビでやっていてそれで知りました。なのでニコニコにある事を知った時は嬉しかったです。アデリーがあまりにも可愛くて、すっかり虜になってしまいました。何であんなに可愛んだ…。ペンギンほどルックスに恵まれた動物もいないでしょう。
コアリクイの動画については「何だかポケモン図鑑みたいだ」とコメントした事があったのですが、実際にポケモン図鑑を基にした動物図鑑があったら面白いだろうなと、ずっと前から思っていました。
気になった動物に向けてボタンを押すと、その動物のイラスト(もしくは写真)とプロフィールが表示され、分かりやすい音声解説が出て、動物に詳しくない初心者でも安心して使える作りになっていたら、きっと楽しいでしょう。
ゾウアザラシの動画も、「世界まる見え!」(だったかな?)でやっていて、それで知りました。怪獣映画でよく見る光景をリアルでやったら、きっとこうなるでしょう。でもゾウアザラシの鳴き声って、もっと低くて太かったような気が…。
[PR]
by asabatyou | 2013-02-22 19:24 | 色んな物が混ざっている | Comments(1)